Saturday, 11 June 2011

7notes mini を使ふ

7notes miniを入れてみた。
iPadでは7notesを使つてゐる。ただしやつがれはATOK信者ではない。ATOKについてはどちらかといふと懐疑的である。たとへば、MacをはじめiPhoneやiPadでは、「おうぎし」を「王羲之」、「しょかつこうめい」を「諸葛孔明」と変換してくれるが、LifetouchNOTEでは、「おうぎし」はおろか「しょかつこうめい」でさヘ漢字一字単位に分割しなければ変換できないからである。ゆゑに、ATOKをもちあげる向きは、単にATOKに慣れてゐるだけのことなのではないかと思つてゐる。

それはさておき。

そんなわけで、7notes miniを購入したわけは、7notesが氣に入つてゐるから。多少、起動に時間がかかるとか、書式を決めるところからはじまるとか、ひつかかるところもないではないが、とにかく手書文字の変換効率がすばらしい。
かな入力で、しかもかういふかな遺ひをしてゐると、iPadでの入力はかなりstressfulである。基本、iPadで文字入力する場合はローマ字入力の上、ー々現代かな遺ひで打つては、打ちなほすからだ。
それが7notesだと、ほぼ書いたまま入力できる。
誤変換のせゐで苛々することもないとはいはないが、ローマ字入力かつ打ちなほしとどちらがましかと問はれたら……うーん、時と場合による、かな。
いづれにしても、7notesでの文字入力は楽しい。だつたら7notes miniも、いいのではないか。
さう思つた。

使つてみた印象は、といふと、7notesよりも変換効率はいい感じがする。iPadのときはスタイラスで入力してゐるが、iPhoneでは指先を使ふ。それでこの変換率といふのがすばらしい。

iPhoneにはiPadとちがつてフリック入力といふすぐれた入力方法がある。正直、iPhoneを使ふことにしたのは、フリック入力があつたからといつても過言ではない。
そのフリック入力と7notes miniと、どちらを選ぶか、ときかれると……少々迷ふが、やはりこれもケースバイケースといふところか。

7notes miniには、TwitterやFacebookへ入力した内容を送る機能もあるし、e-mail送信もできるやうだ。
まづはいろいろやつてみたい。

といふわけで、これは全部7notes miniで入力してみた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, 27 July 2008

遅ればせながらiPhone

iPhoneがはじめて発表されたとき、「こいつぁほしい」と思つた。
もちろん本邦で使へるはずもないのだが、だからよけいに物欲がつのる。実際、電話として使へないにもかかはらず、本邦でも入手する人が少なからずゐた。皆WiFi利用だけだが、とてもとても楽しんでゐるやうに見受けられた。
SO902i以降、これといつてほしい携帯電話がない。SO902iだつて、「ちいさいから」「折りたたみぢやないから」くらゐの理由しかなく、そんなに積極的にほしいわけぢやなかつた。

心の中では、PalmOSのTreoがいつでも一番。
これにデータ定額でreasonableな料金がつけばそれで十分。
問題は、たつたそれだけのことだといふのに本邦ではかなへる方法がないといふことだ。

そこへiPhoneである。

キーボードがつかないのはどうよ、といふ気持ちはあつたが、そこはそれ。それを差し引いても非常に魅力的な端末だ。
なにしろ本邦の携帯電話にはこんなの、ないんだよ。
それだけでかなほしい気がする。
しかもアップル。

電話として使へなくても買ふか……
さんざん悩んでゐたところ、今年、本邦でも発売されるといふではないか。キャリアはソフトバンク。

iPhoneゲットだぜ、といふ気分になるかと思ひきや、なぜか気持ちが萎えてゆくのを感じた。
そのときは、キャリアがソフトバンクだからだらうといふ気がしてゐた。DoCoMoなら機種変更ですむ。それにソフトバンクつて…………。
だが、よくよく考へてみたら、DoCoMoだとしても同じことのやうな気がしてきた。

たとへキャリアがDoCoMoだつたとしても、ほしいといふ強い気持ちは急速にしぼんでしまつてゐただらう。
夢が現実になるときには、往々にしてさういふことがある。
夢の中では、「あれもできる」「これもできる」と万能のマシンも、現実ののもとなればあれやこれやの制約の方が目につくやうになるからだ。

曰く、使ひ邦題を謳ひながら、あまり利用するやうなら使用制限をかけられるといふデータ定額だ、とか。
並ばないと入手できない、あるいは並んでも入手できないだらう、とか。
アップルの初期ロットにはいつでも問題がつきまとふ、とか。

夢の長ては「使へるのだつたらどんな障碍にも耐へてみせる」と思つてゐるのに、それがいざ現実のこととならうとしてゐる今、些細なことが足かせのやうに感じられる。

さうして「もう自分はiPhoneユーザになることはないだらう」とまで思ひこんでゐたものだつた。

だが、ヴィデオを見て気がかはつた。
「画期的」だとか「革命的」だとか、如何にも翻訳調の惹句はともかく、さうして紹介されるiPhoneに、Newton MessagePadに似たものを感じたからだ。

Newton. My beloved.

さう思つた瞬間、やはりiPhoneは自分のための携帯電話であり、自分向きの電話であり、「ヲレが買はずしてたれが買ふ」といつた電話である、と、とつさにさう感じたのである。

まあ、未だに手に入れてはゐないがね。

いつ入手できるか定かではなけねども、ひよつとすると32Gとかが公開されてからになるかもしれないけれども、おそらく手に入れることだらう。
My One and Only iPhoneを。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, 08 August 2006

W-ZERO3を使ひこなせない云ひわけ

W-ZERO3[es]を触つてきた……つもりだつたがモックだつた。
しかし[es]にはあまり惹かれない。このことについては以前もちよこつと書いたが、別段W-ZERO3に電話の要素を求めてゐないからである。W-ZERO3はとても気に入つて使つてゐるけれど、「これで通話機能がなかつたらもつとバンバン使へるのになあ」と思ふことしきりなのだつた。
[es]はバッテリの持ちもよくなつてゐるらしくて、そこらへんはいいなあと思ふのだが、形としてはW-ZERO3の方が好きなのだつた。

しかし、そのW-ZERO3も実はあまり使ひこなせてゐない。
結局予定などはTungsten|Cで管理してしまふからだ。
Tungsten|CにはPalm IIIからの資産(?)も多いし、バッテリは持つし、なんといつても使ひやすい。
W-ZERO3は、どうも……今ひとつ使ひ勝手が悪いのである。
そんなやつがれの理想の携帯電話(PHSでも可)はやはりTreoなのだが……うーん、でももうPalmOSもかはつてしまつたといふ話だし、どんなもんだらう。
それにW-ZERO3のよさつてマシン自体のよさもあるけど、絶対通話料のよさが大きいと思ふのだ。

それにしても、こんな状態でTungsten|Cが使へなくなつてしまつたらどうしやう。替へもないしなあ。

すでに同じやうなことを書いたエントリがあるけれども、何度か書くとほんとになつたりしないかな、と思つて書く。
バカだな、やつがれ……

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Sunday, 12 March 2006

At a Glance

先日JRの遅延・運休情報が見づらいといふやうなことを書いた。

電光掲示板で「どこそこ線が遅れてゐます」と情報が出るのだが、表示幅が短く見るタイミングによつてはどの線がどうなつてゐるのかわからず、立ち止まつてもう一度くり返されるのを待たなければならないことがしばしばある。

別に「なぜ」は知らなくてもいい。何線のどの駅とどの駅の間がどうなつてゐるのか。それを一目で見られれば「なぜ」はアナウンスでもしてくれれば済む話だ。

そこでなぜやつがれがW-ZERO3でなくTungsten|Cを手に取つてしまふことが多いのかわかつた気がする。

画面が小さいため、一目で全貌がわかるから、だ。

以前どこかでたれかが書いてゐたのだが、画面は大きければいいといふものではない。必要な情報を一望できるサイズといふのがある。
おそらく、W-ZERO3の画面はさういふ意味では大き過ぎるのである。

しかし、大きい画面が悪いわけではない。
じつくり読む場合にはやはり大きい方がいい。

このあたりに使ひわけの道がありさうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, 05 March 2006

電池が足りない

やはりどうもW-ZERO3を使ひこなせてゐない。
日々持ち歩いてゐて大変満足はしてゐる。使つてゐて楽しいし。
しかし、どうにもAH-K3001Vを使つてゐた時とやつてることがかはらないのである。

いや、それはそれでいいのかもしれないが。
以前は「あんまりソフトとか追加してないせゐかなあ」と思つてゐた。
Operaをダウンロードしてきたくらゐで、あとは素のままである。
ここはひとつソフトでも、と思つたのだが。

「でも電池がもたないしな」とあきらめ気分になつてゐることに気がついた。

さうか、W-ZERO3 を思つたほど使つてゐないのはこのせゐだつたのか。

しかし。
これつて実は如何ともし難い部分が大きいのではないか。

とは云ひつつも、これから少しあれこれ導入してみるつもりではゐる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, 12 February 2006

あらためてPalm

W-ZERO3を使ひはじめて二週間。
Treo650を手にとるたびに思ふ。
「なんでこれぢやなかつたのか」と。

W-ZERO3はとてもいい機械だし、気に入つてゐる。現在これ以上やつがれ向きな携帯電話/PHSは本邦に存在しない。

でもなあ。
Treo650だと縦に持つたまま片手でキーボード入力ができるんだよなあ。
スケジュールやメモなんかも、今まで使つてたものがそのまんま使へるんだよなあ。
画面の表示能力は格段に落ちるかもしれないけれど、モバイル使用ならこんなものでいいんぢやあるまいか。

Treo700も大変すばらしいと聞き及ぶ。
そのうちTreoを、と思はずにはゐられない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, 11 February 2006

PDAとしての使ひ方

W-ZERO3を使ふやうになつて早二週間。
やつてることといへばメイルの送受信とWeb閲覧。電話はこれまで二度使つた。
京ぽんことAH-K3001Vを使つてゐた時とやつてることがまつたくかはつてゐない。

そらまあさうだな。いはゆる「PDA」な仕事は全部Tungsten|Cがやつてくれてしまつてゐる。Tungsten|Cのバックアップ用に紙の手帳も使つてゐるし、W-ZERO3の出る幕は残念乍らない。

しかし。
うーん、せつかくWindows Mobileなのだし、それつぽい使ひ方をしたいよなあ。

とりあへず、ブンコビューアの有効活用からはじめるか。
今はTungsten|CやTreo650で読んでゐるけれど、W-ZERO3の方が読みやすからう。

その前にminiSDカードを仕入れなければ、だらうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

食べちやふぞ

W-ZERO3を買ふことにしたのはいいが、問題はどうやつて日々持ち運ぶか、であつた。
なにしろデカい。PDAとしてはそれほどではないかもしれないが、携帯電話/PHSと考へるとデカい。首から提げるのはチトどうよといつたところである。

編むしかないなあとも思つたが、そんな時にこちらで大変結構なものを拝見した。
こりや自分向きと、早速購入したのがこれである。

Eater-mobile 4S

さんざん悩んだが、四本足のサイズS(4S)にした。どの色にするかも悩みの種だつた。frog greenにlight gray といふのに惹かれたが、4Sは品切れだつたこと、仕事場で使ふには黒の方が向いてゐるやうに感じたこと、そして黒とダークグレーだけはCORDURAといふ丈夫なナイロンを使用してゐることが決め手になつた。
四本足にした理由は、両手足をつなげた状態でかばんの持ち手にぶらさげれば頭を上に向けたまま持ち運べるから。内部のベルトにストラップを通してW-ZERO3を落ちないやうにすることもできるのだが、それでもやはり頭が上の方が安心だ。

サイズだが、4Sは小さ過ぎた。尻尾の部分だけでぶらさげてゐる時はまつたく気にならないが、両手足をつなげた状態だとW-ZERO3の出し入れがしにくい。うーん、やつぱり4Lにしとくんだつたか。

しかしそれ以外は気にならず、とても重宝に使つてゐる。
かばんの外にぶらさげられるといふのが思ひのほかいい。小さいかばんを持ち歩く場面でも、外出しにしておけるのがいい。
目の裏側にあるベルトにストラップを通して使ふといふのもよく考へられてゐると思ふ。落下の不安が格段に減る。
その上、なんだかお茶目だ。

JAWS?

黒いと別段生き物のやうには見えないしなあと思つてゐたが、こんな感じはちよつとジョーズである。
名前をつけたくなつてくるよな。

さういへば、友人が部屋の中で「ないない」と探し物をしてゐたら、妹さんに「ちやんと名前つけてたの?」と訊かれたのださうな。妹さんの説によるとものに名前をつけてゐればその名前を呼ぶことで失せものが出てくるといふのである。

ふむ。試してみるかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, 24 December 2005

手に入らない予感

W-ZERO3を買ふことにしたのはいいが。
どうやら手に入らないのではないかと不安である。

Macにつなげないと困るので、SIMなし版が出てからDDと合はせて買ふ、と、これは前回も書いた。
しかし、今の状態ではSIMなし版なんていつ出るのつてなところではないだらうか。
当初、SIMなし版は来年一月以降と書いてあつた。
ま、それはウソにはならないだらう。
いつ出るのか不明といふだけのことである。

むー、かうなると、店頭で触れて惚れただけに気がもめる。

触らなければよかつたかな。
と、弱気になつたりもするが。

いづれにしてもAH-K3001Vの充電池がへたりまくつてゐる現状では、早期にW-ZERO3のSIMなし版が出回ることを祈るばかりである。いのいの。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, 16 December 2005

ToDoは自分との約束

Tungsten|CではA5を愛用してゐる。

長所はこんな感じ。
まづ少し前からはじめた三色ボールペンの応用ができるのがいい。
どうしてもはづせないことは赤系・その次に大事なことや仕事関連のことは青系・個人的にはづしたくないことは緑系の色をそれぞれ設定して使つてゐる。
一見色気違ひにしか見えないこともあるが(つてーかさういふことばかりだが)、意外とよい。

三色ボールペン活用法だが、齋藤孝の本はまつたく読まずにはじめた。
時々くらつと立ち読みしさうになるが、以前買つた手帳の本で齋藤孝が語つてゐたことだけを手本に自分なりに活用してゐる。
A5では最初のうちは真つ赤になつてしまつて見落としが発生しさうになつて焦つた。priorityの付け方がなつてなかつたといふことだ。
最近は真つ赤な状態は解消されつつある。

といふわけで、次に来るのが「カスタマイズの楽しさ」である。
表示形式や表示色を自分好みに変更することができる。
はまると大変だし、ほんたうに自分の好きな状態にもつていくのに時間がかかつたりもする。
でもそれがまた楽しいのだから病膏肓に入るとでもいつたところか。

そして、最後だが実は一番重要な点として、「ToDoを完了した日に表示することができる」といふのがある。
Newton MessagePadでは予定表の表示形式としてToDoを一緒に表示するものがあつた。
Datebk3でも同様。

Palmwareとしては、KsDateBookの人気が高い。かく云ふやつがれも使つてゐる。
このKsDateBookのfeaturesの一つに、「繰越予定」といふのがある。
ある予定を「繰越予定」として設定すると、ちよつとToDoのやうに使へる。すなはち、「完了した」と入力するまで最初に指定した日付を過ぎてもずつと予定表上に表示されるやうになる。

そんなわけで、しばらくは「繰越予定」をToDo代はりに使つてゐた。
だがどうしても違和感が消へなかつた。

かつて「ToDo大好き」といふエントリを書いたことがある。それほどやつがれは「ToDo好き」。
基本的に予定表に記入する予定はたれか他人との約束である。社内社外にかかはらずミーティングは他者との時間調整の元決定される。あるいは何月何日は誰某さんと映画。これは誰某さんとの約束だ。はたまたこの時期になると年内の最後のゴミ捨て日なんてのがある。これは地域社会や役所との約束だ。

一方の「ToDo」は自分との約束である。来週の水曜日にお客さんとミーティングがある。だからこれこれかういふ書類を作らなくつちや。これはやつがれにとつては自分自身との約束である。あるいは誰某さんと映画に行くけど、誰某さんの誕生日が近いから贈り物買つておかうつと、と、これも自分との約束。ゴミ捨て最終日までにゴミを選別しておかう。これも自分との約束。

だから土日の予定はToDoとして起こすことが多い。特にたれと約束があるわけでもない、自分としてこれはやりたい・やらなければといふことは、やつがれにとつてはToDoなのである。

といふわけで、現在KsDateBookはBrowse専門で、A5を主に愛用してゐる。
たまつたToDoをチェックするとその日の欄に表示されるやうになる。
とても気持ちがいい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧