Friday, 03 July 2020

映画の中の音楽とその使はれ方

先日、T・ジョイ横浜で「ベイビー・ドライバー」を見た。
T・ジョイ横浜は、横浜駅直結のビルにできた映画館だ。NEWoManの中にある。
ここでゲキ×シネの「けむりの軍団」の先行上映をすると聞いて、予告篇のひとつも見られないかと行つてみたのだつた。
「ベイビー・ドライバー」は以前見たことがある。
ほんとはなにか新しい映画または見たことのない映画を見たいところだつたけれども、これといつてなかつたので「ベイビー・ドライバー」になつた。

そんなに好きな映画なのか、と問はれると、「うん」とは云ひ難い。
でも、もう一度、できれば応援上映のときに見てみたいなあと思つてゐた。
「Brighton Rock」とか、一緒に歌つてみたいぢやん。
あるいは「Baby Driver」とかさ。

公開当時この映画の噂はTwitterのTLで見てゐて、「え、そんな映画なのに「Baby Driver」なの? サイモン&ガーファンクルなの?」と思つた。
それで見に行つたら、やつぱりS&Gだつたわけだ。
S&Gには好きな曲はいくつもあるけれど、「Baby Driver」は一番脳内ループしやすい曲だ。
気がつくと歌つてゐる。
しかも、劇中「Brighton Rock」がすばらしい使はれかたをしてゐる。
今回見て、「ああ、これはいい使ひかただな」とあらためて思つた。

自分が好きな曲がドラマや映画に使はれるのつて、なにかとむつかしい。
おなじクイーンでいふと、去年上演された野田秀樹の「Q」だ。
劇中で「オペラ座の夜」に収録されてゐる曲をすべて使ふといふことだつた。
当時Twitterで検索をかけたところ、この件でだいぶおかんむりのクイーン・ファンがゐた。
曲の使ひ方がひどすぎる、といふのだ。
曲がぶつ切りすぎる、とか。
これはまあ、仕方のないことかと思ふ。
全部かけてゐたらそれだけで45分ほどかかつてしまふし。
映画「ボヘミアン・ラプソディ」だつて編集せずに流した曲はほとんどないはずだ。編集がうまかつたといふことはあるけれども。
或は、歌詞の意味などなにも考へずに雰囲気だけで使つてゐる、とか。

実際に観に行つて思つたのは、別段「オペラ座の夜」の全曲を使ふ必要はなかつのたにな、といふことだ。
「Love of My Life」だけでよかつたのではあるまいか。
あとはせいぜい「Bohemian Rhapsody」くらゐで。
さう云ひながら「Lazing on a Sunday Afternoon」の使ひ方にはちよつと背筋がゾッとしたことも確かだけれども。「There he goes again」の部分ね。

一方、「ベイビー・ドライバー」の「Brighton Rock」の使ひ方はどうだらう。
以下は映画の核心に触れる部分があるので、ネタバレを厭ふ向きにはお気をつけ願ひたい。

まづはかんたんに映画の内容を説明しやう。
主人公は耳に障害を負つた孤児の青年、通称ベイビーだ。
こどものころ、両親と車に乗つてゐるときに交通事故にあつて、それ以来耳鳴りがやまない。
両親はこの事故で命を落とした。
耳鳴りを消すためにiPod等で四六時中音楽を聞いてゐる。
運転の腕はピカイチで、強盗を指揮する男の元で働いてゐる。
といふのも、大量の麻薬を乗せた男の高級車を盗み、車を麻薬ごとダメにしてしまつたことがあるからだ。
その負債を返すために男の悪事に加担してゐる。
強盗はベイビー以外は毎回メンバーを入れ替へて行ふ。

あるとき、メンバーのひとりバディがベイビーに何を聞いてゐるのかと問ふ。
「Brighton Rock」だと知ると、バディは「あのすごいギターソロのある曲だろ?」などと云ひ、自分にも聞かせてほしいとベイビーのヘッドホンの片方を借りる。
「何度も聞いたよ、「Sheer Heart Attack」」だとか「兄貴が練習してゐた」などと語る口調もどこか熱い。
さうさう、好きな曲を語る時つてさうなるよね。
それも、おそらくは普段は聞いてゐないけれども、若い頃幼い頃好きで何度も聞いたやうな曲について語る時はさ。
多分、バディは「Sheer Heart Attack」リリース時にはまだ幼かつただらう。
だから「兄貴が」といふセリフが出てくる。
年の離れた兄貴だつたに違ひない。
セリフからさうしたこともわかる。

このメンバーでの強盗は失敗に終はる。
それによつて恋人を失つたバディは、ベイビーを仇とつけねらふ。
ここで「Brighton Rock」が流れるんだなあ。
車の騒音や銃声でかき消される部分もあるし、編集によるカットもある。
だが、この場面の「Brighton Rock」の使ひ方はすばらしい。
ベイビーとバディとがともに聞いた曲であることもひとつ。
それまで比較的理屈の通用するタイプだつたバディが狂気を見せる、そのやうすと曲の狂気とが相乗効果を見せる。
さう、この場面で流れる「Brighton Rock」は狂気だ。
#「The Dark Side of the Moon」ぢやないよ(笑)。
狂気の「Brighton Rock」。
いいなあ。
歌詞も意味深といへばさう。
ずつと正体を隠してきた人間を歌つた歌だもの。

そんなわけで、見に行つてすつかり満足して帰つてきたのだつた。
さういや予告篇で「地獄の黙示録」を見た。
この映画も「ヴァルキューレの騎行」の使ひ方がすごいよね。
あの曲を聞くとヘリコプタが脳裡に浮かぶもの。

| | Comments (0)

Thursday, 02 July 2020

占はないタロット

米光一成の『思考ツールとしてのタロット』を読んだ。
多分、三回めくらゐだ。

はじめて読んだときに、「コレポン(correspondenceの略)」つておもしろいな、と思つた。
日本語にすると「連想」だといふ。

たとへば先日健康診断に行つたときのことだ。
腹部エコーを見てもらつてゐるときの自分といふのはまるで「吊るされた男」だな、と思つた。
身動きできないし(しやうと思へばできるけどそれでは診察できない)、自分の意思でなにかするといふことができない。
さういや腹部エコーのときに天井を見てゐて、蛍光灯といふのは隣同士にならんでゐてもお互ひに出会ふことはまづないし、会ふとしたら最初に設置されるときか最後にはづされるときかのどちらかなんだなあ、と思つたりもした。
おそらく、互ひに互ひの存在に気がついてはゐるけれど、決して相見えることのない間柄だ。
いはゆる腐女子の人ならそこからなにかすばらしい物語のひとつも生み出すのだらうけれど、残念ながらさういふ素養に欠けてゐるのでコレポン(連想)もここまでだ。
また、健康診断で訪れたクリニックには女の人が多く、みな黙してゐるので「女教皇」のやうだとも思つたな。
看護師さんが多いからだけれど、技師さんにも女の人が多くて、言葉数が少ないのにみなさんそれぞれ技量や知識に富んでゐるやうすが見受けられて、「女教皇」といふのはそんなに間違つたコレポンではないと思ふ。

これだけでも十分楽しいのだけれど、本ではタロットカードを占ひの道具としてではなく、題名通り思考の道具として使ふことを勧めてゐ。

人から相談を受けたときのことを思ひ出してみやう。
的確な忠告をしたと思つたところが、相手から「そうぢやない」とか「なんにもわかつてない」とかひどいことを云はれた経験はないだらうか。
これつて、相手は「大変だつたね」とか「苦労してきたんだね」とかねぎらひのことばを求めてゐるだけつていふ、よくあるアレといふこともあるけれど、相談するといふことはもう自分で答へがわかつてゐるつてこともあるんだよね。
さういふときにタロットカードを出してきて、過去・現在・未来とそれぞれ一枚づつカードを引いてもらふ。
でも、カードの解釈はしない。
ただカードの象徴することばだけを伝へる。
過去のカードが「吊るされた男」で現在が「女帝」、未来が「世界」だとする。
過去は忍耐の時だつたけど、いまはそれが実つてきてゐて、さらに未来は充実した状態になるだらう、とか。
#逆位置はこの際考へないことにする。
さうすると、相談してきた人は勝手に解釈して、自分の納得する答へを導き出す。
タロットカードは、かういふ風にも使へますよ、といふのだ。

なるほどねえ、と、はじめて読んだときにも思つたのだが、それきりになつてしまつてゐた。
実はこの方法は易でも使へるなと思つたからといふこともある。
ただ、易は六十四卦もある。
なかなか覚えきれない。
大アルカナの22枚ならなんとかなりさうだけれども。

でも、タロットカードよりも卦の方が移り変はりゆくやうすをよくとらへてゐて、おもしろいと思ふんだけどね。

そんなわけで、何度か挫折して、もう易はちよつとわきにおいて、まづはタロットでやつてみやうと思つた、といふのが先月末のことだ。

とりあへず、コレポンは楽しい。
これだけは云へる。

| | Comments (0)

Wednesday, 01 July 2020

6月の読書メーター

6月の読書メーター
読んだ本の数:8
読んだページ数:1737
ナイス数:26

新実存主義 (岩波新書)新実存主義 (岩波新書)感想
自然主義や還元論がどういうことで現在どういう位置付けなのかということがまったくわからないため、書いてあることから類推しつつ読む。むつかしい。哲学科に進学したいという同級生に「哲学なんか勉強してなんになるつもりなの(「どこに就職するつもりなの」の意だと思う)?」と訊くもう一人の同級生というのを目撃している身としては、今だったらモデルがいるのにね、と思わないでもない。
読了日:06月02日 著者:マルクス・ガブリエル
愛とか正義とか―手とり足とり!哲学・倫理学教室愛とか正義とか―手とり足とり!哲学・倫理学教室感想
さらっと読んでしまったなーと思って再読。案の定、全然読めてなかった部分が多い。多分、今後も読み返すと思う。
読了日:06月07日 著者:平尾 昌宏
The Path: What Chinese Philosophers Can Teach Us About the Good Life (English Edition)The Path: What Chinese Philosophers Can Teach Us About the Good Life (English Edition)感想
マインドフルネスとか瞑想(meditation)に抱いていた違和感が解説されている。だいたいは考えていた通りだ。世の中をそして自分を変えていくのは日々の小さな積み重ね。そうなのだが、ここに書いてあることを実践しようとすると、心身ともに健康でないとむつかしいなと思う。まずはそこからか。
読了日:06月12日 著者:Michael Puett,Christine Gross-Loh
暇なんかないわ 大切なことを考えるのに忙しくて: ル=グウィンのエッセイ暇なんかないわ 大切なことを考えるのに忙しくて: ル=グウィンのエッセイ感想
文学賞を望んでいるのは宣伝広告に携わる人たちだし、経済ばかりがはてしなく成長できるわけがなく、植物だって生きているし、男の組織内では女は男の模造品にならざるを得ない(いまのところ)。最初は強烈だった罵倒表現も使われるうちに威力を失っていく。幾度うなづいたことだろう。空飛び猫がまた読みたくなってしまった。
読了日:06月17日 著者:アーシュラ・K・ル=グウィン
細胞の中の分子生物学 最新・生命科学入門 (ブルーバックス)細胞の中の分子生物学 最新・生命科学入門 (ブルーバックス)感想
小胞体ストレス応答を説明するために、遺伝子からタンパク質、細胞から細胞内小器官などを段階を追って解説した本。化学式などは最小限なので取りつきやすいが、途中で置いていかれてしまった。筆者自身の他の科学者との競争の話が興味深い。生物学に元々興味のなかった人向けにとノーベル賞の逸話が多く、なにを評価されて受賞に至ったのかわかるようになっているのもおもしろかった。
読了日:06月28日 著者:森和俊
History: Why It MattersHistory: Why It Matters感想
歴史を学ぶことがなぜ大切かということや、歴史学における偏向などについて語る本。1980年代半ばごろの米国の高校の教科書を見て驚いたものだった。米国史が南北戦争の終わるあたりからはじまるのだから。そういうものだったらしいとこの本を読んで知った。以前、「なぜ歴史家は大地震を無視するのか」という内容の本を読んだが、この本には大地震についてふれた部分がない。まだまだ歴史学にはさまざまなアプローチがありそうだ。
読了日:06月29日 著者:Lynn Hunt
思考ツールとしてのタロット (こどものもうそうブックス)思考ツールとしてのタロット (こどものもうそうブックス)感想
再読。コレポン(correspondence)っておもしろいと前回読んだとき思ったのにその後すっかり忘れてしまっていたので、今日はやってみた。「いまの自分は「吊るされた男」のようだなー」とか「この場所って「女教皇」のよう。女の人ばかりだしみんな黙しているし」とか考えだすとおもしろい。易での卦でやりたいと思っていたが、64は多過ぎるかな。ある状態から別の状態への過渡期というイメージは易の方が強いように思うのだが。
読了日:06月30日 著者:米光一成
空飛び猫 (講談社文庫)空飛び猫 (講談社文庫)感想
「暇なんかないわ 大切なことを考えるのに忙しくて」を読んでいて読みたくなって購入。最初の方にある人間の描写を読んでいてアニメの「ガンバの冒険」を思い出す。挿絵もすてき。
読了日:06月30日 著者:アーシュラ・K. ル・グウィン

読書メーター

| | Comments (0)

Friday, 26 June 2020

HackはせずともHappy Hacking Keyboard

Happy Hacking Keyboard がやつてきて一週間、すつかり馴染んでゐる。
これもHappy Hacking Keyboard で打つてゐる。
買つたのは、Professional HYBRID で、しづかなタイプではない。
どうせ自宅でしか使はないし、しづかでなくてもいいかなと思つたのだ。
もともと自分はカチャカチャ音を立ててキーボードを打つタイプではないし。
職場では仕事のできる人ほどカチャカチャ音を立ててキーボードを叩くやうに思ふ。
とくにリターンキーといはうかエンターキーといはうかを押すときの激しさはなんといつたものか。
やつがれがあまり音を立てて打たないのは、その方が省力な気がするからだ。
さういふ考へ方をする人間は仕事ができるやうにはならないのだらうな。
「さういふ考へ方」といふのは、「力を省かう」とか考へること、かな。
なにごとにも全力を尽くす。
さういふ人の方が仕事ができるやうになるのだらう。

いまのところ、自宅のMacbookにつないで使ふばかりで、在宅勤務用に持ち帰つてゐるWindows PCにはつないでゐない。
DIPキーの設定がMac用だし、仕事用に使ふには職場に「これこれかういふ型番のものをPCにつなぎます」と申請しなければならない。
おそらくBluetoothでつなぐので問題ないとは思ふけれどもね。
最近、なにかとうるさいのだ。

使用してゐるエディタはMacOSについてゐるテキストエディットだ。
漢字Talkとか呼ばれてゐたころのMacintoshについてゐたエディタはあまり使ひものにならなかつた。
Windowsでいふとメモ帳みたやうなものだらうか。
だからいろいろとエディタを入れてゐた。
フリーウェアでもいいものがあつたんだよなあ。

いまは自宅のMacbookではあまりものを書かなくなつてしまつて、エディタを必要としなくなつてしまつた。
一応emacsを入れてはゐるけれど、以前のやうにはカスタマイズしなくなつてしまつて、あまり使ひやすい状態にはない。

今回 Happy Hacking Keyboard を買つて、とにかく打ちたくなつて、テキストエディットをひつぱりだしてきた。
さう、テキストエディットは「ひつぱりだす」といふ表現がぴつたりだ。
アプリケーションフォルダの直下にはない。
アプリケーションフォルダにあるユーティリティフォルダにあるのだ。
なんでそんなところに、と思ふでせう。
アプリケーションフォルダにあつてもいいのになあ。

使つてみて、とても使ひやすくなつてゐることに気がつく。
機能が増えてゐるんだよね。
縦書きにもできるのらしい。まだやつたことはないけれど。
フォントも変へられるやうだ。これもまだやつたことはないけれど。

なにがすばらしいといつて、emacsとおなじキーでカーソルの移動ができることだ。
Happy Hacking Keyboard は左側のCtrlキーがシフトキーのすぐ上にある。
とても押しやすい。
Ctrl+pで上、Ctrl+nで下、Ctrl+fで右、Ctrl+bで左、Ctrl+aで行頭でCtrl+eで行末などなど。
買ふまではfnキーを駆使してカーソル移動しなければならないのかと思つてゐたのがこは如何に。
便利だー。

一応、職場用のPCにもemacsは入れてはゐるのだが、いろいろあつてあまり使ひやすくない環境にある。
使ひやすい環境にうつすかなあ。或はそちらにも入れるか。

アルバイト先の研究所では、DOS/V PC、PC-98、Macintosh、ワークステーション、ダム端末など、さまざまなコンビュータを使ふことができた。
これがよかつたのかなと思ふ。
中にはASCII配列のキーボードもあり、JIS配列のキーボードもあつた。
親指シフトがなかつたのが残念かな。
最初は戸惑つたけれども、そのうち慣れた。
いまでもどちらも使へると思ふ。
まあ、記号には手こずるとは思ふけれど。

そんなわけで、自宅のMacはここ最近はずつとASCII配列だつたし、職場ではずつとJIS配列を使つてゐる。
ボメラもJIS配列のうちに入るかな。
このHappy Hacking Keyboardも基本的にはASCII配列だと思ふ。
記号に困つたときは、Macbookのキーボードを見る。
完璧だ。

できれば職場のPCにもつなぎたいなあ。
DIPキーの設定はMacのままで大丈夫か知らん。
打ちやすいので打ちたくてたまらないのだ。
ときどき、Macbookを立ち上げてをらず、キーボードの電源も入つてゐないのにキーボードだけ叩いてゐることがある。
いまのうちだけだと思ふけれどね。
Happy Hacking Keyboardは買つて正解だつた。
すくなくともいまのところはさう云へる。

| | Comments (0)

Thursday, 25 June 2020

無気力プラスアルファ

あひかはらずやる気がない。
やる気がない上に職場で不快なことがあつた。
ますますやる気が失せる。
そして、このやる気が失せるのと無気力でゐるのとはちよつと違ふ気がする。
なにが違ふのか。
よくわからない。

職場で不快なことがあつてやる気が失せるのには理由がある。
職場で不快なことがあつた、といふことだ。
無気力なことには理由がない。
探せばあるのかもしれない。
たとへば食べてるものが悪いとか。
寝不足がつづいてゐるとか。
単にバイオリズムの関係だとか。
しかし、おそらく無気力になる理由は複合的なものなのだと思ふ。

職場で不快なことがあると、なにかしら見返りのやうなものを求めてしまふ。
躰には絶対悪いとわかつてゐるのにジャンクフードの類を食べてしまふ、とか。
以前であればとにかく毛糸を買ふ、とか。
家に一生かかつても編みきれないほどの毛糸を持つてゐるといふのに。
そして、買つたところで即編みはじめるわけでもないのに。

でもいまは毛糸を買ひに行くことができない。
緊急事態宣言の解除された今でも不要不急の外出は避けてゐるからだ。
ただ出かけたくないだけといふこともあるけれども。

また、職場で不快なことがあると、普段することにしてゐることができなくなる。
できなくなるといふか、「しなくてもいいかな、イヤなことがあつたんだし」と思つてしまひ、そしてやらなかつたりする。
いまだつたらふくらはぎの運動とか、『論語』の素読とか。
ふくらはぎの運動は動脈硬化をふせぐといふのでやつてゐる。
足に下りた血液をふくらはぎが上に戻すのだといふ。
さうやつて血流をよくすると、動脈硬化をふせげるといふのだ。
さういふこともあるだらうなと思つてやつてゐる。
わらにもすがる思ひとはかういふことをいふのかもしれない。
でも、好きでやつてゐるわけではない。仕方なくやつてゐる。
だから、イヤなことがあるとやりたくなくなるのだ。
それでやらないこともある。
だが、さうするとなんだか負けた気がする。
そして、なにごとも勝ち負けで考へてしまふ自分がさらにイヤになる。
そんなわけで、今日はやつた。

『論語』の素読は好きでやつてゐる。
好きでやつてゐるが、半ば義務のやうな感じになつてゐる。
やらないと忘れてしまふからだ。
はじめたが最後、日々やらないと忘れてしまふ。
はじめたのが失敗だつたのかもしれない。
ときをりさうも思ふ。
好きではじめたことではあるけれど、いはゆる勉強の一種なんだよな。
さうすると、どうしてもやりたくないときもあるのだつた。
好きでやるんだから、やりたくなければやらなくてもいい。
さういふ理屈もある。

いづれにしても、無気力に加へてのやる気のなさがつらいなあ。
まあ、無気力ぢやないときにきてもつらいけどもさ。

所詮自分は無気力だのやる気のなさだのに流されてしまふ、その程度の人間なんだな。
さう思ふのもつらいな。

| | Comments (0)

Wednesday, 24 June 2020

無気力との戦ひは続く

あひかはらずやる気はない。
そんな状態で、それでも今日は commonplace book の充実に取り組んでみた。
Commonplace book は、辞書などには「備忘録」と訳されてゐる。
やつがれは、「おことば帳」と呼んでゐる。
読んだり聞いたりして気になつたことばを書き留めておく、そんな手帳だ。
以前は気になつたら即書き写してゐたのだが、最近は本については読んでから一週間はおいてから書き写すやうにしてゐる。
さうした方がいいといふ意見を見かけたからだ。
だが、自分にはあまり向いてゐないやうにも思ふ。
気になつたら即書き写してゐたときの方が、しよつ中書き留めてゐたからだ。
一週間たつてからと考えへてゐると、いつの間にか一ヶ月くらゐあつといふ間にすぎてゐて、自分はなぜこのことばを書き留めやうとしたのだらうかと考へてゐるうちにまたいつの間にか季節が変はつてゐたりするからだ。

書き写す時間をちやんと取らないのもいけないのかもしれない。
本を読んだら一週間後に「おことば帳に書き留めること」といふ予定を入れないのがいけない。
さうも思ふ。
いづれにせよ、即書き写してゐたときと考へ方を変へる必要があることに疑ひはない。
変へられてはゐないけれどもね。

ちやうど一週間前、アーシュラ・K・ル=グウィンの『暇なんかないわ 大切なことを考えるのに忙しくて』を読み終へた。
手帳を見てそのことに気づいたので、だつたらせつかくだし、書き抜きをしてみるか、と思つたのである。

それでほんたうに無気力なの?
さう問ふ人もあらう。
無気力なのである。
その証拠に、本を読み返してゐても書き写してゐてもなぜかつらい。
本来は楽しいことなのだ。
さうでなかつたら「おことば帳」なんぞ作りはしないのである。
「おことば帳」は書いて楽しく読み返して楽しい、2度おいしい手帳だ。

普段あまり出番のない万年筆を出してきて、一文字一文字書き写す。
手帳もちよつといいものを使ふ。
いま使つてゐるのは美篶堂のハードカヴァノートで、紙は無地のバンク・ペーパーだ。
バンク・ペーパーは普段はないラインナップなのだが、たまたまその時はあつて頼んだ。
頼んだはいいものの、なんだかもつたいなくて使へない。
自分の文章を書きこまうとするからいけないのだ。
人のことばを書けばいい。
さう思つて、「おことば帳」にすることにしたのだつた。
これは大正解だつたと思つてゐる。
普段あまり出番のない万年筆といふのは、ちよつと太字のものが多い。
Bullet Journal だと5mm方眼にあはせて書かうとしてしまふので(そんなことをする必要はないのだが)、どうしても細字か極細を使ひがちなのだつた。
それで、無地なのをいいことに「おことば帳」には中字や太字のペンを使ふことが多い。
気に入つたことばを書き写すことも楽しいといふのに、さらにペンで書いた線にインキの濃淡が生まれたりして、どうしやうと思ふくらゐ楽しい。

また、読み返すうちに忘れてゐたことばを思ひ出すこともある。
「こんな本、読んでたなあ」と思ふこともある。
すつかり忘れてゐることもあつて、しみじみ思ひ返したりもする。

そんな楽しかるべき「おことば帳」を書いてゐてもなんだか心が晴れないとは。
むう。

そして、こんな時間が取れるのも、通勤に時間を割く必要がないからだ、といふことに思ひ至ると、いつまでこんなことをしてゐられるのだらう、と、また憂ひに沈んでしまふ。
どうにもならない。

「おことば帳」にあれこれ書き留めて、なにかの役に立つてゐるのか、といふと、なにも役に立つてゐないと思ふ。
まだ日々やつてゐる『論語』の素読の方が役に立つてゐるんぢやないかな。よくわからないけれど。
さう考へると、また無気力との戦ひがはじまつてしまふので、できるだけそこにはふれたくない。
「なんの役にも立たないことをするなんて」と無気力がかさにかかつてくるからだ。

いつになつたらこの無気力状態から脱出できるのかな。
脱出したところで、役に立つことなどなにもしないことに変はりはないけれどもね。
でも、なにかと戦はなくていいのはとても楽なことだ。
戦ひたくないんだよね。
疲れるだけだし。

ちなみに最近耳にしてはつとしたのは、

Happiness brings IT to humanity.
といふオードリー・タンのことばだ。
Rebuildといふポッドキャストを聞いてゐて出会つた。
ちよつとおもしろいと思つたので、よかつたら是非聞いてもらひたい。

| | Comments (0)

Friday, 19 June 2020

在宅勤務のいいところ

信じてもらへないかもしれないが、四月に一ヶ月間在宅勤務をしてゐたとき、体重は減少傾向にあつた。

外に出ないから、できるだけ動くやうにしてゐたといふことは確かにある。
普段はしない散歩もしてゐた。足腰が弱らぬやうにだ。

だが、それはあまり関係ないやうに思ふ。
一番影響が大きかつたのは、やはり食事だらう。

朝昼晩とほぼ決まつた時間に自分で作つたものを食べる。
朝食と昼食とをしつかり食べるからだらう、夕食は軽く済む。
夕食が軽いから、目が覚めるとおなかがすいてゐて、朝からしつかり食べる。

このくりかへしがよかつたのではないかと思ふのだなあ。

出勤しはじめると、かうは行かない。
朝はできるだけかんたんに済ませたい。
昼は、まあ、外食になるのは仕方のないこととは思ふ。
昼食を食べてから夕食までのあひだが長いので、夕食はつひ多めになる。
しかも、帰宅してから食べるので、時間が遅い。
結果、朝は時間のないせゐもあるけれど、やはりかんたんに済ませてしまふ。
まさに負の連鎖だ。

最近の研究で、食べる時間も大切といふ説があるといふ。
さうなんだらう。
夕食はあまり遅くない方がいい。
夕食を終へてから寝るまで三時間はおくやうにしろといふ話もあるしね。

三ヶ月くらゐ四月の食生活をつづけてられてゐたら、と思ふが、どうしやうもない。
働くといふことは、やはり躰に悪いのだなあ。

| | Comments (0)

Thursday, 18 June 2020

時今也キーボードの買ひ時

外付けキーボードを買ひたいと思つてゐる。

昨日、ノートPC用スタンドがやつてきた。
机の上に直においてゐるせゐか、PCからの熱で手などが不快になつてきたからだ。

夏になるとMacbookの発熱が気になつてはゐた。
しかし、さう長い時間使ふものでもないし、どうしても気になるやうならiPadやiPhoneで代用できるところはすればいい。

いまは在宅勤務をすることもある。
一日ノートPCに向かつてゐるわけで、熱は気になる。
そんなわけで、ZENLOのノートパソコンスタンドを購入した。
このスタンドにした理由はとくにない。
ぼんやりWebサイトを眺めてゐたら出てきたものだ。
類似品もWeb上で見比べてみたところ、大同小異だなと思つた。
それで最初に見たものにしたといつたところだ。

早速Macbookを載せてみる。
安定感はある。
なによりも、モニタが椅子に座つたときの目の高さに来るのがいい。
これまでは、のぞき込むやうにモニタを見てゐたんだな。
さういふ自覚はあつて、しかし放置してゐた。
これは見やすいなあ。

問題は、キーボードだつた。
さうなるだらうとわかつてはゐた。
スタンドにおいた状態ではキーボードを打ちづらい。
キー入力に力を入れないたちなので、云ふほどモニタがぶれたりはしないが、それでもスタンドの耐久性の方が心配だ。

買ふか。
キーボードを。

仕事用のノートPCにもつなげることを考へると、Windows PCにもMacOSにも対応してゐるものがいい。
最近のキーボードはほとんどさうしたものぢやないかといふ気がするけれど。

Macbookだけならこのポメラがつなげさうな気もするんだがなあ。
会社のPCにつなぐのはどうだらう。
なんかいろいろ問題がありさうな気がする。

そんなわけで、キーボードをいろいろ検索して見てゐる。
この機会にHappy Hacking Keyboardを、と思はないでもないが、どうかなあ。
職場で使つてゐる人に試し打ちさせてもらつたことはあるので、使ひ心地は知つてゐる。

時は今、か。

| | Comments (0)

Wednesday, 17 June 2020

王羲之を「王」と呼ぶか

王羲之に関するblogを見てゐたら、王羲之のしたことについて「王が」と書いてあつて、ちよつとびつくりした。
いままで見たことがなかつたからだ。
なんだか新鮮だつた。
これまで見てきたものにはなんと書いてあつたらう。
統計を取つたわけではないけれど、「王羲之が」が一番多いのではあるまいか。
或は「王右軍が」とか「右軍が」とか。

「王が」。
新しい。

なぜ新しいと感じるのか。
たとへば、李白のことを書いた文章で、李白のしたことを「李が」と書くだらうか。
或は杜甫でもいい。杜甫のしたことを「杜が」と書くだらうか。
もしかしたら書くのかもしれないが、いまだ見たことがない。

「三国志演義」や「水滸伝」、「西遊記」でもいい。
「ドラゴンボール」ならいざしらず、悟空のことを「孫」と書くことは、あまりないやうに思ふ。
それは猪八戒(猪悟能でもいい)を猪、沙悟浄を沙と書かないのも同様だ。

「三国志演義」や「水滸伝」でもおなじことだらう。
曹操のことを「曹」とは書かない。
書くとややこしいことになるからかもしれないけれど。
林冲のことを「林」と書くこともない。

「史記」だと、名字で人を名指しすることはないやうに思ふ。
淮南侯列伝などを読むと、最初に「韓信」と出てきたら、あとは「信」とか、その時々の役職名だとか、まだなつてないけど「淮南侯」とか、そのやうに名指しされてゐる。
ときどき、名前が「不」とかいふ人が出てくると、「え、これはどの行為を否定する「不」なの?」と首を傾げてしまふことがある。

なんか、さういふものなんぢゃないのかな。

昔の人はいざしらず、現代の人のことは名字でさすのかもしれない。
毛沢東を毛と呼ぶ、とか。
……うーん、寡聞にしてあんましさういふ記憶がない。
習近平のことも習とだけ書くことはそんなにないのぢやあるまいか。
単に自分が見かけないだけなのかな。

もしかすると、さういふきまりが中国にあるのかもしれない。
なんだかありさうな気がする。
名前を呼ぶとき、名指すときはかうする、みたやうな。
親と上司以外は名前で呼んぢやいけない、とか、いふぢやありませんか。字で呼ぶ、とか。
さういふ一環で、名字で名指すことはない、とかあるんぢやないかなあ。
わかんないけど。

「王が」については、蓋有之矣吾未之見也つてだけつてこともありうるんだけどね。

| | Comments (0)

Friday, 12 June 2020

動画が見られない

「ドクター・フー」が見たい。
なんとなくさう思つてゐたら、去年ロンドン旅行の際の機内で見ることができた。
当時の最新シーズンの第一話だ。
去年から(確か)ドクター役が変はつて女の人になつたのだつた。
日本語字幕はないし、おもしろいかと訊かれると微妙だつたが、なんだか気になる。
そんなわけで帰りの機内でも見た。
時間はたつぷりあつたしね。

その後もたまに思ひ出しては見たいと思ひつつ、どうしたものやら考へあぐねてゐたところ、先日「タイムトラベル」を読んでゐたら何箇所か「ドクター・フー」に言及した部分があつた。
なんか、とつてもおもしろさうなんですけど。

といふわけで、探してみたところ、Huluで見られるらしいことを知つた。
お試し期間が二週間あり、そのあひだ無料で見られるとのことだ。
そこで躊躇してゐる。
二週間、見てゐる時間があるだらうか。

四月のあひだはあれこれ見たけれど、それ以降あまり見てゐない。
劇団⭐︎新感線の舞台ですら見逃したものがある。
現在公開中の「五右衛門vs轟天」はなんとしても見たいと思つてゐるが、まだ購入してゐない。
購入したところから一週間見られるといふので、買ふタイミングをみはからつてゐるからだ。

そんな状態なのに、二週間でいつたい「ドクター・フー」を何話見られるものだらう。
無論、一話見て気に入つたらそのままHuluに加入してもいいけれど……
といふ感じで二の足を踏んでしまつてゐる。

はたしてやつがれは「ドクター・フー」を見ることができるのか。
はたまた「五右衛門vs轟天」は如何に。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧