Monday, 18 September 2017

まきもの不要なれど

Ambitus を編み終はつた。

Scarf

三日前くらゐから指定の最終段に入つてゐて、そこで終はりにするかそれとももうちよつと編むかで悩んでしまひ編み終へることができずにゐた。
三目二目のゴム編みであることもあり、伸縮性に富んだ伏せ止めを採用したかつたので、毛糸はだいぶあまつてゐたけれども指定段で編み終へることにした。
それで正解だつた。
伸縮性のある伏せ止めは普通の伏せ止めより糸を使ふからだ。

お昼ちよつと前からちまちまと伏せ止めをはじめ、なかなか終はらなかつた。
慣れない伏せ止めだからだらう。
伏せ止めが終はつたのが夕方だつたので、水通しはまた今度。
エステルヨートランドのキャラメルは手触りのちよつとごわごわとした糸だ。
でも水通しをするとやはらかくなるので、首にぴつたりとあたる cowl でも問題はない。

この毛糸は三年前のスウェーデンはウメオでのヴェヴメッサで購入したものだ。
ちやうど三年前のいまごろウメオにゐたのらしい。
ウメオで買つてきた毛糸はまだ手付かずのものがある。
おなじエステルヨートランドのレース糸だ。
これを編んでしまへばウメオで買つた糸は一通り使つたことになる。
編んであまつた糸もあるので完全に使ひきつたとはいへないけどね。

できればそのレース糸を使ひたいところなのだが、この秋冬はうつかりあみものの新刊を買つてしまつて、なあ。
買つてしまつたのは、風工房の「まきもの いろいろ」である。

五月の前の秋冬に使つた手編みのあれこれを洗濯してかたづけてゐて、「もうまきものは編まないことにしやう」と思つたはずなんだがなあ。
数からいつたらくつ下の方が多いかもしれないが、まきものも数多く編んでゐる。
一時メビウス編みにはまつてひたすらメビウス編みのまきものばかり編んでゐた時期もあるし、1シーズンにつき最低一枚はマフラーやショールを編んでゐると思ふ。
なぜつて、「編みたい」と思つてしまふからだな。

「まきもの いろいろ」にしてもその題名からして買つてはいけない本だ。
編んだはいいけれど全然使はないマフラーやショールが何枚もあるからだ。
でも編みたい。
このジレンマよ。

でも編みたいんだからさ。
編んでもいいんぢやあるまいか。
さう思つて編み始めたのがリーフ模様のショールである。

リーフ模様のショール

本ではリッチモアのパーセントを使ふことになつてゐるが、手持ちのZaraで編み始めた。
リーフ模様が気に入つてしまつたのだつた。
この本を見る限り、今年は大きくて長いまきものが流行りなのかな。
大きくて長いまきものはいつも編んでみたいと思ひつつ、なかなか編めずにゐる。
単純に毛糸をたくさん消費するし、編むのにも時間がかかる。しかも収納スペースが必要になる。
そんなわけであまり編まずに来たけれど、今年はひとつ編んでみるかな。

その前に去年編みはじめて途中になつてゐる袖なし羽織も編まねば、なあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, 11 September 2017

緯度が違ふと見え方も違ふ?

Ambitus を編み始めた。
先週の水曜のことだ。

糸はエステルヨートランドのカラメルだ。

Karamell Östergötlands Ullspinneri

三年前のヴェヴ・メッサで購入した。
そのときのエントリはこちら
日本でも買へると思つたし、この色合ひはよく見かけるものではあつたけれど、買つた。

買つたはいいものの、なにを編んだらよいものやらずつと悩んでゐた。
ネックウォーマかな、と思つたのは水曜日のことだ。
MacBook に保存してある編み図・編み方を見返して、ambitus に決めた。
長いこと編みたいと思ひつつそのままになつてゐたネックウォーマである。

指定の糸は並太(DKかworsted)となつてゐるので、カラメルよりはもうちよつと太い糸で編むのだらう。
カラメルは合太(sports)だよね。
編み方によると、四目一模様で適当に作り目を増減するやうに、と書いてあつた。
指定では116目といふことだつたが、120目にしてみた。
手がゆるいのでそれくらゐでよからうと判断した。
針は編みはじめは四号、増やし目に入つてからの段は六号で編んでゐる。

Ambitus in Progress

水曜日はあまり天気のよい日ではなかつた。
日のささない日であつたやうに覚えてゐる。
そのせゐか、編みすすめてもあまりいい色だなと思ふことはなかつた。
悪くはないけど、普通。

人間の目の見え方といふのは、緯度によつて違ふのだといふ。
おなじ人がおなじものを見ても緯度が違ふと色が異なつて見えるといふのだ。

三年前のヴェヴ・メッサはウメオで開催された。
ウメオはスウェーデンの北部の街だ。
緯度は六十五度。
こちらは三十五度くらゐのところに住んでゐる。
そらー色の見え方も違はうといふものだ。

沖縄の型染めなども、現地で見るのと東京で見るのとではおなじものでも全然違つて見えるといふ話も聞いたことがある。

さういふことなんだなー、と、ちよつとあきらめてゐたところ。
翌朝見てみたらこはいかに。

な、なーんか、いい色ぢやない?
木曜の朝は晴れてゐた。
日もさしてゐて、明るかつた。
どうもこの色合ひは、日光の下で見た方がよく見えるやうだ。
すくなくともやつがれの目には。

そんなわけで、その後もちやくちやくと編み進んでゐる。
いま考へてゐるのはどの伏せどめを使ふか、だ。
一目ゴム編みで編み始めて分散増目をくり返し、最後は三目表目二目裏目のゴム編みになる。
毛糸があまるやうならもうちよつと長くしやうかなとも思つてゐる。
うーん、普通に伏せるか。
それともなにか伸縮性のある伏せどめにするか。
まだもうちよつと編むやうなので、しばし考へることにしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, 04 September 2017

編みたいものと編みたい毛糸

編んでゐない。
もうこのままあみものblogはやめてしまはうかといふ勢ひである。
人はかうして編まなくなるのかもしれない。
湿気の多い状態だと気温が低くてもあんまり編みたいと思はないのかもしれないなあ。

編みたいものがないわけぢやない。
編みたいものにはいろいろ種類がある。
たとへば、「これが編みたい」といふ編み図や編み方がある場合と「この毛糸を編みたい」といふ場合。
我が家にはマラカニアン宮殿の靴もかくやといふくらゐ毛糸があるので、できれば「この毛糸を編みたい」といふ具合にいきたいところだ。
しかし、実際には写真や編み図・編み方などを見て「これが編みたい」といふことの方が多いし、いままさにそんな状態だ。
手持ちの毛糸ではちよつと編めない。
そんな感じ。
これ以上毛糸を増やしてはいかん、と、あきらめるしかない状態だ。

「これが編みたい」と「この毛糸を編みたい」とがうまいこと一致するといいんだがねえ。

編みたい毛糸もある。
三年前のヴェヴ・メッサで買つてきたエステルヨートランドの段染め糸を編みたい。
編みたいけれど、なにを編んでよいのやらわからない。
かういふときの Ravelry 頼み、かな。

スウェーデンとフィンランドとには都合三回行つてゐて、毎回なにかしら毛糸を買つて帰つてきてゐる。
毎回、買つてきた毛糸のうちなにがしかは使つてゐる。
しかし、使へずに残つてゐる糸もある。

Stephanie Pearl-McPhee はかうした毛糸は使へないものであるといふ。
海外旅行に行つて買つてきたり、海外旅行みやげだつたりする毛糸は、なかなか使へず、stash の肥やしとなつていくのだ、と。
Yarn Harlot が云ふのだから、仕方がないか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, 28 August 2017

秋冬ものを考へる

猛暑の日があると、それ以降ちよつと温度が低いだけなのに涼しく感じることがある。
先週の陽気がまさにそんな感じで、夕べなどは風邪を引くかと思つたほどだ。

そんなわけで、そろそろ秋冬ものにとりかからうかと思つてゐる。
考へてゐるのは、くつ下毛糸で編むヴェストだ。
くつ下毛糸なので洗濯機で洗へるといふ利点がある一方、くつ下毛糸なので細い。
糸が細いのは難点ばかりでもないが、かなりたくさん編む必要がある。

え、袖無し羽織?
袖無し羽織はもうちよつと気温がさがつてきてからにするつもりだ。

袖無し羽織がひたすらガーター編みなので、なにか違ふ編み方にしたい。
かのこ編みなんか好きなんだけど、ゴム編みもいいやうな気がする。
それともやつぱりガーター編みにして、編み地はバイアスになるやうに編まうかなあ。

といふわけで、毛糸はきまつてゐるけれど編み方はきまつてゐない。
ゲージをとつて、自分で簡易な編み図を作るつもりだ。
そでぐりやえりぐりのカーヴが問題だが、いざとなつたカーヴにしなくてもいいかな、とも思つてゐる。

さういや module knitting の本にちよつと気に入つたヴェストが掲載されてゐたな。
使用糸は野呂のシルクガーデンだつたかなあ。
モチーフつなぎやドミノ編みといつた module knitting は普通に編むより時間がかかるが、おもしろいかもしれない。

でもほしいのはオーソドックスなヴェストなんだよね。
毛糸が段染めだから、柄はオーソドックスにはならないかもしれないが、形だけはあまり奇抜なところのないものにしたい。

この涼しさがいつまでつづくのかわからないが、「編める!」と思へる気温のうちに編み始めやうと思つてゐる。
まづはゲージをとるところからだな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, 21 August 2017

湿度の高いときに向いたものとは

先週はなにも編んでゐない。
気温の低い日もあつたが、湿気が多くてあまり編む気にならなかつた。

今年の夏はまだ一度も氷枕を使つてゐない。
寝苦しいとは思つても、氷枕を使ふやうな暑さではないからだ。
氷枕は湿気対策には向かない。
冷えすぎてかへつて眠れないものだ。

湿気の多いときに向いたあみものとはなんだらうか。

暑いときとおなじやうに、編んだものが躰につかないやうな、手袋だとかくつ下だとか帽子だとかがいいのではないかとは思ふ。
思ひながら、編む気にならなかつた。
このまま編まなくなるのかもしれない。
そんな気もしつつ、MacBook にためこんであるいづれ編みたいものの編み図や写真などを眺めてゐると「次はこれが編みたいなあ」などと思ひもする。
次に編みたいものは大抵ショールのやうな編んでる途中で大きくなつてきて躰にくつつくものだ。

Elizabeth Zimmermann は、円形ショールは夏のに編むのに向いてゐる、と書いてゐる。
輪針であるていどの大きさまで編むと、編み地が袋状になる。
そこに毛糸を入れて編み進むのださうな。
なるほど、確かに円形ショールなら夏に編むのもいいかもしれない。
袋状になつた部分は躰につかないやうにうまく工夫すればよい。
しかし、円形ショールは毛糸を消費する。
円形ショールに向いた毛糸なんか手持ちにあつたかなあ。
円形ショールを編むつもりで買つた毛糸もないわけぢやないが、いま編みたいのはそれぢやあないんだよなあ。
結局そこに帰結する。

それぢやあ先週はなにもしてゐなかつたのかといふとさにあらず。
ぼんやりとタティングレースで栞などを作つてゐた。
その話はまた明日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, 14 August 2017

パピーのピマデニムで Helix Scarf

パピーのピマデニムで編んでゐた Helix Scarf を編み終はつた。

Helix Scarf

ピマデニムの編み地は一見ごわごわして見えるが、触つてみるとやはらかい。
毛糸はチクチクして苦手だといふ人や羊毛アレルギーの人には綿の糸がいいんぢやあるまいか。
綿の糸で編んだものつて、結構一年中使へるし。真夏はものによつてはムリかと思ふが、この Helix Scarf は真夏でも冷房除けにはいいと思ふ。

ところで、次に編むものが決まらない。
編みたいものはある。
「毛糸だま」に掲載されてゐるやうなアラン模様のものを編んでみたいと思ふし、ショールも編んでみたい。
この秋冬に使ふつもりなら、いまはじめても早すぎるといふことはない。
問題は、編んでゐて暑いといふことだな。

半端にあまつた毛糸をあつめてきてネックウォーマでも編むかなあ。
それとも暑いあひだは家でもタティングレースをするか。
はたまたずーつとやりたいと思ひつつできてゐないマクラメをするか。

と、悩んでゐるうちに涼しくなつたりしないだらうか。
しないよなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, 07 August 2017

編めない理由

パピーのピマデニムで編んでゐる Helix Scarf は先週編み終へるつもりでゐた。
遅くとも昨日には伏せ止めをするつもりだつた。
つまりできなかつたのである。

できなかつた理由は、次に編むものが決まつてゐなかつたから、だな。

残りの糸とあみものに割ける時間とから、先週中には編み終はるだらうと思つてゐた。
今週で終はりにしやうと思つたときには大抵終へることができる。
なのに終はらなかつた。

次に編むもの、決まらないよなあ。
いまの時期から夏ものを編むのはちよつとどうかと思ふ。
しかし、この暑さだ。
秋冬ものは編みたくない。
編むとしてもくつ下か手袋または帽子といつた、ちいさくて編んでゐて躰にくつつかないものだ。
でも編みたいのはヴェストとかなんだよなあ。
先の冬から持ち越してゐる袖なし羽織もあるし。
ヴェストも羽織もいま編んだら暑くてをかしくなりさうだ。

ヴェストの試し編みをするのはいいかもしれない。
編み地をどうするかまだ悩んでゐるからだ。
バイアスにしやうかな、とか。
かのこ編みがいいかな、とか。
ボタンはどうしやう、とか。

使ふ糸は決まつてゐて、デザインが決まらない。
それで次に編むものからはづれてゐたのだが、さうか、試し編みか。

あみもののblogを見てゐると、あれもいいな、これもいいなと思ふのだが。
この暑さではどうもなあ、とちよつとやる気が落ち込みがちだ。

Helix Scarf ができあがったらちよつとは気分が上向くかな。
この暑さでは使ふ場所もないけれど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, 31 July 2017

目標設定した方がいいかも

パピーのピマデニムで編んでゐる Helix Scarf はちよこちよこ進んでゐる。
なぜか編む気になる編み方だ。
両端を引き返し編みするので進み具合はよくないが、自分に向いた編み方なのだらう。

パピーのピマデニムのラベルには推奨針サイズが5号とか6号とか書いてあつたやうに思ふ。
今回はぱつと手にした針で編んでゐる。
7号だつた。
手加減のゆるさもあつて、ただでさへふりふりした編み地になるのに、さらにドレープ感が増してゐる感じがする。

先日、IHIステージアラウンド東京に行つてきた。
できたらそれにあはせて Helix Scarf を仕上げたいと思つてゐたが、それはかなはなかつた。

なぜIHIステージアラウンド東京に行くのに Helix Scarf がほしかつたのか、といふと、冷えるといふ話を聞いたからだ。
また、Helix Scarf を仕上げるのにはいい機会なのではないかとも思つた。

Helix Scarf はこれといつた目的もなく編んでゐる。
もちろん、できたら使ふつもりでゐるし、綿の糸なのでちよつと冷えてきたら即使へるだらうとも思つてゐる。
でも「これのために使ふ!」みたやうなのがないから、なんとなくだらだらと編んでしまつてゐるやうな気がしないでもない。
目標があつた方がいいんぢやあるまいか。
さう思つたのだ。

でもまあ、なんとなく毎日ちよこちよこ編んではゐるので、そのうちできあがるだらう。
円形のショールの外周を編むとき、あまりの長さに途方にくれることがある。
それでも毎日すこしでも編んでゐればいつかは終はる。
Helix Scarf はもつとちいさいものだけれども、おなじ伝でそのうち仕上がることだらう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, 24 July 2017

Helix Scarf を編む

パピーのピマデニムで編んでゐる Helix Scarf はぼちぼち進んでゐる。

Helix Scarf は編み進むにつれどんどんフリフリになつていく。
両端で引き返し編みをして編み地が増えるので、フリルのやうになるといふ寸法だ。

編みはじめたばかりのころは、そんなにフリフリしない。
編み進むにつれどんどんフリフリしてきて、「ほんたうにこれを使ふのだらうか」とちよつと途方にくれる。
デニム地のやうな編み地になるので、そんなに可愛くなりすぎはしないかな。

Helix Scarf は、しかし、編んでゐて楽しい。
ここ、重要だ。
最初のうちは引き返し編みといはうか、wrap & turn に慣れなかつた。
主な成分が羊毛の糸でなら何度もやつてきたが、綿100%の糸でははじめてだ。
思つたよりも wrap した糸をすくひとつて編むのが大変だつた。
糸の伸びが悪いからだらう。
「……これはもう編み進めることはできないかもしれない」と一瞬思つた。
でも続いてゐる。
慣れたんだな。
wrap した糸をすくふときにちよつと手間取るのは変はられないけれど、それはさういふものと認識できるやうになつたのらしい。

大変であたりまへと思へる技とさうでない技とがある。
編み込み模様で糸を二本指にかけて編むといふのがどうにも苦手でな。
くつ下を二足、手袋を二つほど編んだけれど一向に慣れない。
編み込み模様で編みたいものはいくらもあるんだけどなあ。
いくつもいくつもつづけて編まないと慣れないのかもしれない。

Helix Scarf はガーター編みなので、端糸の始末も編み進めながらできるところがいいといふのもある。
ガーター編み、いいよね。
この前も Koigu の糸で Domino Knitting にしたものを見て、きつちりそろつた編み目にうつとりしたものだつた。
自分で編むとかうはならないんだよなあ。
ガーター編みにしても鹿の子編みにしても。
どちらも好きなんだけれども。
以前はメリヤス編みの編み地が好きだつたが、最近はガーター編みとか鹿の子編みとか、あるいはテクスチュアつぽい編み方にも心惹かれてゐる。

今年はヴェストを編みたいなあ。
その前に袖なし羽織を仕上げないと、か。
これもガーター編みなのだつた。
編み地はまだそろはない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, 17 July 2017

綿の糸でマフラーを編む

ネクタイはちよこちよこ進んではゐるが、reticule の方はさつぱりだ。
そんな中、パピーのピマデニムで Helix Scarf を編みはじめてしまつた。

Helix Scarf in Progress

パピーのピマデニムでは、去年の夏 Lacy Baktus を編んだ。
ピマデニムの Lacy Baktus はすこし冷えてきてからも使つてゐた。
綿の糸で編んだものは使用できる期間が長い。
ものによつては真冬だつて使へる。
Debbie Bliss がおなじやうなことを云つてゐた、とは以前も書いた。

Helix Scarf は紡ぎの雑誌に掲載されてゐたものだ。
写真ではタクリで紡いだレース糸で編んだものが掲載されてゐた。
その後、読者が紡いで編んだ Helix Scarves (rav) の写真が載つた号があつたやうに記憶する。

Helix Scarf は、あまり効率よく編めないタイプのマフラーだ。
左右で引き返し編みをしながら編み進むからだ。

昔は「引き返し編み」と聞くだけで敬遠してゐた。
はじめての引き返し編みはセーターの肩の部分だつたと思ふ。
これがよくわからなくてね。
あみものの本のうしろの方に編み方がまとめて掲載されてゐて、その中に肩の引き返し編みの編み方もあつた。
書いてあるとほりに編んで、確かに肩のななめの線ができるのだが、自分でうまくできてゐる気がしなかつた。
セーターの肩などといふものはさう何度も編むものではないし、普通にマフラーを編む場合は引き返し編みなど出てこない。

まがりなりにも「引き返し編みができる」といへるやうになつたのは、くつ下のおかげである。
Wendy さんのつま先から編む靴下 の編み方でくつ下を編んで、wrap & turn 方式の引き返し編みのあることを学んだ。
これでなんとなく引き返し編みとはどういふものかを理解できた。
以降はセーターの肩部分の引き返し編みも、編み方を見ながらではあるものの編めるやうになつた。

くつ下編みは偉大である。

ところで昨日編みはじめた Helix Scarf はなかなかいい感じで進んでゐる。
やつぱりマフラーとかネックウォーマとか、首回りのものを編むのが好きなんだなあ。
この五月に冬ものの片付けをして「もうマフラーとかショールとかネックウォーマは編まない」と心に誓つたけれど、結局編んでゐる。
先日編んだのもネックウォーマだつたしね。
好きなのだからもうあきらめて、今後もマフラーだのネックウォーマだのを編むことにしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧