Monday, 21 May 2018

理屈はどうでもよくて

先週は林ことみの「エストニアで習ったレース」に掲載されてゐるかぎ針編みの三角スカーフをちよこつと編んだくらゐだ。
そろそろ終はりが見えてきてゐて、さうなると段々と編む手がにぶる。
ちやつちやと編む場合もあるけれど、仕上げのことを考へ出すとどうしたらいいか考へてしまつて、なかなか先に進めないのだつた。

この三角スカーフはそんなにきつちり整形しなくてもそのまま使へるので、あんまし仕上げのことは考へなくてもいいんだけどね。

そんなわけで、先週危惧したやうなリカちやんサイズのものばかりがんがん編んでしまふのでは、といふことはなかつた。
エミー・グランデや金票40番の在庫があまりないから、といふことはあるかもしれない。

ところであみものをしてゐると、「買つた方がやすい」だとか「売られてゐるものの方が堅牢だ」だとか「編んだものは洗ふのがめんどくさくて」だとかいふ考へが脳裡をかけめぐることがある。

くつ下を編んでゐると「Walmartでは一足一ドルで売られてるわよ」と云はれる、といふ話は Socknitters から折に触れ聞く話だ。ほんたうにそんなことがあるのかどうかは知らないけれど。

そこら中で安価に売られてゐるやうなものをなぜ編むのか。

編みたいから。

それに尽きる。

時折「手編みのセーターは機械で編んだものよりずつとやはらかくあたたか(くて着やす)いし、さらには糸も手で紡いだもので編んだらさらにさう」みたやうな話を耳にする。
手で作つたものが機械で大量生産されるものよりも尊い。
さういふことは確かにあるとは思ふ。

編んだものはほどくのが容易だからリサイクルにも向いてゐる。
それも確かにさう。

でも、だから手編みをするのだ、といふ人がどれくらゐゐるのか不明だ。

もちろん、手編みをする理由のひとつとして、さういふことをあげることもあらうとは思ふ。
でも、さういふのは、なんかこー、副産物といふかさ、二次的な理由なんぢやないのかなあ。

楽しいから編む。
好きだから編む。

さうなんぢやないの?
それに一々ほかの理由をつけなければいけないやうな世の中なのかもしれないけどさ。

ちなみに、最近はめつきりしなくなつてしまつたが、自分で紡いだ糸で編んだこともあるけれど、手入れが大変なのがちよつとなー、と思ふ。
市販の糸の方が洗濯に耐へる気がする。
毛の状態でスーパーウォッシュのものもあると聞くけど、さういふ毛で紡いだらいいのかなあ。

くつ下に関して云ふと、くつ下用毛糸で編んだものはかなり堅牢で、洗濯機でがんがん洗つても数年は使へる。
以前ここにも書いたやうに、手で編んだものは履き口をゆるめに編んだりそれでゐて脱げないやうにしたりが可能なので、さういふ点では市販のくつ下にまさつてゐると思つてゐる。
だから編むわけぢやないけどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, 14 May 2018

人形サイズのものを編む

先週の月曜から通勤先が変はつた。
これまでより時間もかかるし混んでゐる。そのうへ先週は一日たりともまともに電車の動いた日がなかつた。

そんなんでもうへとへとで、自宅に帰り着いてもぼーつとしてしまひ、なにもできない状況である。
そんな状態なので、あみものも全然進んでゐない。
あまりにも進まないので、こんなものを編んでしまつた次第である。

Dress for Dolls

ものは「週末で完成! かわいいかぎ針編み リカちゃんのオールシーズンクローゼット」に出てゐるワンピースである。
色は違ふが指定糸のエミー・グランデをおなじく指定針の0号で編んだ。
スナップが手元にないので完成してはゐない。
あ、あと肩のストラップを編み忘れてゐるな。
日曜日に編みはじめて、とりあへずここまでは編めた。

もともと、あみものを再開したのは人形のものを編みたかつたからだ。
人形サイズだと毛糸も少なくて済むし、即できあがる。
それになにしろモデルがいいものだから、多少アレな出来でも着せるとそれなり出来に見える。

人形サイズのものを編むといいことに、とりあへず全行程を短期間でこなすことができる、といふことがある。
それまで人間サイズのセーターは完成させたものより挫折したものの方が多かつた。
さうすると脇を綴ぢるとか襟ぐりの目を拾ふとか、経験が足りない技術が増える。
作り目ばかりうまくなつたりね。

人形サイズのセーターだつたら、糸と針とは細いものの、前身頃も後ろ身頃もあつといふ間に編みあがるし、短いながらも脇の綴ぢもあり、肩のはぎもあり、襟ぐりを拾つて襟を編むこともできる。
まあ、正直云ふと、人形サイズだつたらセーターは最初から輪にして編んで綴ぢはぎのごろごろとした目のできないやうにしたいところだが、練習としては最適なのではないかと思つてゐる。

そんなわけで、しばらくは人形ものばかり編んでしまふかも。
その前にスナップを買つてくる必要があるがな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, 07 May 2018

達成感なし

この連休中はなにも仕上がらなかつた。

風工房の小さなクロッシェレース」に載つてゐるスカーフも仕上がらなければ、林ことみの「エストニアで習ったレース」に出て来る三角形のスカーフも編み始めただけで終はつた。

なんとなく、なにか仕上がらないと休みを取つた気がしない。
実際は休みのあひだになにか仕上げることができることの方が少ないと思ふのだが、この気持ちは如何ともし難い。

この連休は、どうやら思つたやうには過ごせなかつたやうだ。
休みの日でないとできないことをしやうとして、それはできたと思ふのだが、その結果、時間に追はれるやうに過ごしてしまつた。
それが理由だらう。

以前も何度か書いてゐるやうに、出かけるには何時にどこに着かねばならないかを考へる。
そこから逆算して、何時の電車に乗ればいいかを考へ、それには何時に家を出ればいいか、そして何時までに支度を終へるか、何時に起きるか、それには前の晩に何時に寝るか、とどんどん遡つていく。
これが苦痛でならない。
タスク管理の話などを読んでいくと、かういふ逆算をするのはあたりまへのことなのださうである。

なんでもさうか。
夕飯を作るのにも、何時までに全部用意するには何時に支度をはじめる必要があり、それにはまづ材料が揃つてゐなければならず、なければないなりにどうにかするかどうにもならなければその前に買物に行かねばならない。それには何時までに行く必要がある云々。

この逆算が苦痛なので、普段あみものやタティングレースに関しては「いつまでに何を作る」と考へないやうにしてゐる。
「いつ作りはじめる」は考へることもあるけれど、終はりは考へない。
逆算しないといけないからだ。

タスク管理の話ではあたりまへとされてゐるこの逆算を、通常はやつがれもそれとなくこなしてはゐる。
ただ、時々逆算することに疲れてしまふ。overwhelmedといつた気分になつてしまふ。

ものごとを成し遂げるには絶対必要なことなんだがなあ。
だからなにも成し遂げられないのか、とも思ふ。

といふわけで、気分は上々とはいへない。
もうちよつと休みたかつたな、といふのが正直なところだ。

こんな気持ちで九月の連休までもつだらうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, 30 April 2018

予定外のものを編む

この連休は、これまでエミーグランデで編んでゐたかぎ針編みのスカーフを編み終へ、夏物のヴェストに手をつける予定であつたが。

なぜかこんなものを編み始めてしまつた。

Crochet Shawlette in Progress

林ことみの「エストニアで習ったレース」に出て来る三角形のスカーフである。
ハマナカのポーム無垢綿クロッシェを3/0号針で編んでゐる。
ポームは100g玉で、なにか糸を切らずに編めるものを編みたいと思つた結果、これになつた。
夏物としてはスカーフのやうな首元だけ覆ふやうなものがよかつたのだが、「これ!」といふものが見つからなかつた。

この三角形のスカーフはこれまでにも何度か編んでゐる。
本ではエステルヨートランドのオンブレで編んでゐて自然と色が変はるのがいい感じのスカーフである。
実際、これまでも段染めのくつ下毛糸で編んできた。
このスカーフの問題点は、編み始めるととにかく編み続けたい欲求にかられる模様だといふことと、大きくするにはかなりの量の糸が必要だといふことだ。

「編み続けたい欲求」に関しては、個人的なものだとは思ふ。
とにかくこの方眼編みの模様は adictive だ。
ノーストップで延々編めてしまふのだ。
今回使用してゐる針と糸との相性とがあまりよくないのか、ちよつと滑りが悪いのでそれがときにブレーキにはなるけれど、とにかく編めてしまふ。
いかん。
とてもいかん。

しかし、考へやうによつては、とにかくがんがん編んでしまへば、早く本来編むつもりでゐたエミーグランデのスカーフとヴェストとにとりかかれるのではないか、とも思つてゐる。

かういふやめられないとまらないものを編んでゐると、自分はあみものが好きなのだなあと思ふ。
だが、ほんたうに好きなのだらうか。
単に中毒になつてゐるだけなのではないか。
ほかにやるべきことがあるのでは?

さういふ不安に悩まされつつ、ひたすら編んでゐる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, 23 April 2018

葉つぱに飽いたら

この連休に編むつもりのヴェスト用の糸が届いた。
ハマナカのFlax K で編むつもりだ。
といふわけで、現在編んでゐるかぎ針編みのスカーフを早く仕上げてしまひたい。
だが、思ふやうには進んでゐない。

「風工房の小さなクロシェレース」に掲載されてゐるスカーフを編んでゐて、やつと本体部分を編み終はり、縁につける葉のモチーフを一枚つけたところだ。

かぎ針編みのスカーフ

この葉を、合計三十枚つける。
三十枚……
ちよつと気が遠くなつてゐる。

もともとはこのアイリッシュクロシェの葉のモチーフが編みたくて編みはじめたスカーフだ。
それを目標に本体部分の目から針をはづして下の段の目に針を通して休めてゐた目を引き抜くのくり返しに耐へられたのだと思ふ。
そういえば、引き抜きのピコットもだいぶうまく編めるやうになつた。
今回の収穫はまづそれかな。
引き抜きのピコットがほんたうに苦手で、これを遣つた作品は編みたくないくらゐだつたのだが。
今回は細編みに引き抜くピコットだつたのでまだましな方なのかもしれない。
鎖編みの途中で引き抜くピコットがこれまた苦手でなあ。

無事本体も編み終はり、やつと念願の葉のモチーフに入つたわけだが。
思ふやうに編めない。
暗い色の糸だからだらうなあ。
老眼恐るべし。

あと、糸端の始末がやはりめんどくさい。
編みはじめの糸は編みながら始末していくからいいけど、編み終はりの糸はどうにもならないからなあ。
果たして連休までに編み終はることができるのだらうか。
#まづ無理だと思つてゐる。

葉つぱに飽いたらヴェストのゲージでも取るかなな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, 16 April 2018

手がきつすぎる

レース編みのスカーフは本体を指定段数まで編んだのだが、長さが足りない。
10cmは足りないだらうか。
いませつせと編み足してゐる。

かぎ針編みのスカーフ

編んでゐるのは「風工房の小さなクロッシェレース」に掲載されてゐる方眼編みのやうに見えるスカーフだ。
スカーフの短い方の両端にアイリッシュクロシェの葉を編みつけることになつてゐる。
この葉を編みたくて編んでゐるのだが、なかなかそこまでたどりつかない。
本体部分はここにも何度か書いたやうに、一旦編み目から針をはづして下の段の細編みの頭に針を差し入れ休ませてゐた目を引き抜くといふのを数目に一度する必要がある。
その間に引き抜きピコットもある。
途中で挫折するんぢやないかとも思つたが、編んでいくうちに次第に調子に乗つてきたやうだ。
あと数段、このまま編めるだらうと思つてゐる。

ところでかぎ針編みのときは手がきつい。
棒針編みのときはゆるいんだがなあ。
かぎ針編みも、レース糸を編むときにきつくなるやうに思ふ。
以前ホビーラ・ホビーレのレース糸のキットを買つて方眼編みがベースのショールに挑戦したことがある。
すこし編み進んだときに店頭に飾られてゐる完成品を確認しに行つたところ、なんだか自分の編み目と全然違ふ。
もつとゆつたりとしてゐるのだ。
さういふものなのかなあ。
ショールなので糸が続く限りは気にいつた大きさまで編み足せばいいわけだけれども、軽くショックだつた。

この連休は、春夏糸で棒針編みをするつもりでゐる。
でもなんとなくこのままかぎ針編みをつづけたい気もするんだよなあ。
オリムパスの金票40番を買つてあるので、それでアイリッシュクロシェのモチーフなんぞを編みたい。
連休がもつと長ければいいのだが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, 09 April 2018

編み気高まる

レース編みのスカーフは、遅々として順調に進んでゐる。
エミーグランデを2/0号針で編むといふ、自分比としては細い糸を編んでゐることもあり、また、苦手な引き抜きピコットがあることや逐一針を目からはづして編む必要があることなどを考へ合はせると、遅々とするのは当然のことで、ゆゑに順調に進んでゐるといへる。

「風工房の小さなクロッシェレース」に掲載されてゐるこのスカーフは、本体部分が方眼編みのやうな模様になつてゐて、両端に葉のモチーフを編みつけることになつてゐる。
本体部分はあと30段も編めば終はる。ちよつと短いかなあとも思ふが、もともとそんなに長いスカーフにはならない。さういふデザインだ。
考へてみても、どういふ場面で使ふスカーフなのかよくわからない。
防寒にはならないと思ふ。
これからの季節、冷房除けのスカーフを使ふ機会も増えるが、このスカーフだと方眼編み部分の穴が大きすぎて、風をふせいではくれない気がする。
もう、アイリッシュ・クロシェによくある葉のモチーフを編みたいばかりに編んでゐるといつてもいい。

「風工房の小さなクロッシェレース」には、アイリッシュ・クロシェのモチーフをつないだネックレスやブレスレット、カフスなどが掲載されてゐて、「使ふ場面が思ひつかないよ」と思ひつつ、なんとなく編んでみたい気分にさせられる。
といふか、編んでみたいと思ふときは、かなり編み気が高まつてゐるときだらう。
金票40番で編む葡萄と葉のモチーフをつないだネックレスとか、いつ使ふよ。
替襟のやうな感じで使へばいいのだらうか。

でもちよつと編んでみたいよな。
ネックレスくらゐならそんなにたくさんモチーフを編まなくてもいいし。
飽きたらそこでやめて、あとはチェインを長めに編んでごまかすこともできさうだし。

といふわけで、気がついたら編んでるかもしれないな、アイリッシュ・クロシェのネックレス。

その前に、ヴェスト的なものが編みたいのだが、この糸でこれを編みたいといふものがいまのところない。
編み図でも探してみるかなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, 02 April 2018

流れの途切れ

レース編みのスカーフをちまちまと編んでゐる。

ものは「風工房の小さなクロッシェレース」に掲載されてゐる、方眼編みの本体に葉つぱのモチーフをつなげたスカーフだ。
こんな洒落たものを使ふのか、といふ問ひはさておき、編みたいのだから仕方がない。

編みたいとはいつても、この編み方、ちよつと我慢を強いるところがある。
先週も書いたとほり、前の段につなぐときに一度目から針をはづして前段の目に針をとほし、しかるのちにいまの段の目に針を入れる必要があるからだ。
これが場所によつて九目または六目ごとにおとづれる。
針をはづすたびにそこで一旦流れが途切れる。
この途切れた流れにどう対処するか。
そこにこのスカーフを完成させられるかどうかの鍵がある気がする。

「流れなんか途切れて当たり前」といふ人もあるだらう。
モチーフ編みや編み込み模様を好む人はさうかもしれない。
モチーフ編みはモチーフをひとつ編むごとに流れが途切れるし、編み込み模様は段ごとに糸を変へるときに流れが途切れる。
やつがれのやうに、ただひたすら延々と編むのを好むものとは、おのづから「流れの途切れ」に対する意識が違ふのだと思ふ。

考へてみれば、くつ下を編むのが好きなのは、ほとんど流れが途切れることがないからだ。
編み込み模様やバスケット編みなど特殊な場合をのぞいて、くつ下を編んでゐて流れが途切れると思ふことはほとんどない。
一本の糸をただひたすら編んでいく。
かかとやつま先はもう「さういふもの」と思つてゐるので途切れのうちには入らない。
糸端の始末に至つて、やつと「途切れたな」と思ふ。
ベルント・ケストラーのミトンもさうだ。

いまのところ、レース編みのスカーフは順調に編めてゐる。
針をはづすことが当たり前になつてきたのかもしれない。
まだ本体部分さへ半分も編めてゐないけれど、この調子なら完成するのではないかな。
といふか、完成させたいものである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, 26 March 2018

TVを見ながら編む

レースものを編みはじめてしまつた。

ものは「風工房のクロッシェレース」に出てゐる黒いスカーフだ。
方眼模様の本体部分と両端にぶらさがつた葉のモチーフからなるスカーフである。
これをちよつと灰色がかつた紺色で編んでゐる。

かぎ針編みは、先週ちよこつと編んでみたのが久しぶりで、なかなか進まない。
もともとこのスカーフは何目か編んだら一度目から針をはづして下の段の細編みの頭を拾ひ、さつきはづした目を引き抜くといふ動作が至るところに出てくる。
細編み五目か六目おきに針を目からはづさねばならない。
途中に引き抜きピコもあるから、しよつ中目を確認しながら引き抜く必要がある。
そりや進まないよね。

土曜の夜はTVドラマ「パディントン発4時50分」を見ながら編んだ。
TV朝日系だと思ふが、そこはかとなく「火曜サスペンス劇場」を思はせるやうな作りだつた。
なにがさう思はせたのかといふと、ひとつには音楽だ。
BGMがなんとなく「火曜サスペンス劇場」風味だつたのだ。
あと、昔見た「土曜ワイド劇場」では大金持ちの邸宅でもどことなく使用感・生活感のある絵だつたやうな記憶があるのだが、今回のドラマに出てきた邸宅にはまつたく生活臭がなかつた。それが「火曜サスペンス劇場」つぽく感じられたのだと思ふ。

「パディントン発4時50分」は、ミス・マープルものだ。
つまり、探偵役が編むといふことだ。
今回ミス・マープルにあたる役を天海祐希が演じるといふので、見る前からとても楽しみにしてゐた。
ゆりちやん、編むか知らん。
ゆりちやんが編まなくても草笛光子が出るといふし、光子さんでもかまはない。
誰か編まないかなー。

期待して二時間見たが、結局だれも編まなかつた。
西田敏行が着用してゐたセーターはどれもおもしろかつたけれど、それくらゐだ。
だれも編まないなんて、ミス・マープルの意味がないぢやん。
話によるとミス・マープルものには「くつ下の踵(turning heel とかだつたかな)を編んでゐた」といふ証言からだいたいどれくらゐ時間がかかつたかを割り出すといふエピソードがあるといふ。
なのに、誰も編まないなんて。

翌日の「鏡は横にひび割れて」は見なかつた。
TV番組をリアルタイムで見ると、存外時間をとられると「パディントン発4時50分」を見てしみじみ思つたからだ。
最近、TV番組は録画したものしか見ない。
ゆゑに、自分が見たいときに見たいだけ、しかも見たいところだけ見ることができる。
これに慣れてしまふと、一時間ならともかく二時間もTVの前にしばりつけられてしまふのが、どうにも苦痛なのである。
その苦痛をすこしでもやはらげやうとあみものをするわけだが、世の中、マルチタスクは脳によくないといふ話もあるしなあ。

ミス・マープルはやつぱり編まないとね。
「パディントン発4時50分」は、天海祐希が演じた役を草笛光子が、前田敦子の演じた役を天海祐希が演じてゐたらもうちよつと違つた形になつたのかな、といふ気もしないではない。
草笛光子のミス・マープルはいいんぢやないかと思ふんだけどねえ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, 19 March 2018

春だから

卒然として、かぎ針編みがしたくなつた。
それもアイリッシュ・クロシェ。

実をいふと、具象的なものを編むのは好きではない。
あみものにしてもタティングレースにしても、抽象的な模様や形のものが好きだ。
クロススティッチをしないのは、おそらくさういふとこなのだと思つてゐる。
スウェーデン刺繍は一時かなりはまつた。幾何学的な模様を刺すものだからだらう。

なのにアイリッシュ・クロシェ。
見るからに花だとか葉だとか実だとかわかるものを編むものだ。
しかもいちいち端糸の始末が必要なモチーフを編むときてゐる。

どこかをかしいんぢやあるまいか。
春だしな。

本を探したところ「風工房の小さなクロッシェレース」が出てきた。
この本で使用してゐるレース糸はオリムパスの金票40番かエミーグランデである。
エミーグランデ、好きな糸なんだけど、在庫にはあまりない。
ほぼ使ひきつてしまふからだ。
40番もほとんどない。
白の100g入りが手つかずであるくらゐで、あとは去年編んだスカーフの残りがあるくらゐだ。

さう。
あるぢやあないか。
去年の残りが。

といふわけで、出してきてみると、これが緑色の糸だ。
わかつてゐたけど。
これで葉を作るのはともかくとして、花はどうだらう。

作つてみた。

Irish Crochet Motifs

うーん、やはり緑で花は無謀だつたな。
葉も、白だの黒だの生成だので作るからいいのであつて、緑で作つてしまふのはなんだか違ふ気がする。

そして40番といふのも無謀であつた。
やはりもう少し太い糸で試すのであつた。
久しぶりのかぎ針編みが40番といふのは、不器用な人間には細すぎる。

といふわけで、エミーグランデなど買つてみやうかと思つたわけだが。
エミーグランデ、高くなつたからなあ。
金票40番の50gも同様だ。
レース編みをしなくなつた所以は、レース糸の価格の高騰にあるといつても過言ではない。
ちよこつと作るだけなら糸の量もそんなに使はないだらうなどと云ふなかれ。
そのちよこつと作るにも糸玉ひとつが必要なのだ。
さうさう気軽にははじめられない。

手持ちの中細毛糸で編むかなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧