« 好きな理由を追求する | Main | 欲望年表とひざ掛け »

Friday, 27 August 2021

果物入りのお菓子のよさがわからない

白桃のゼリーを食べた。
ワクチンを打つて副反応がひどかつたら食べやうと思つてゐたゼリーだ。
副反応に悩んでゐたときもゼリーは食べたのだが、あまりにもおいしくて「こんな状態の悪いときに食べるのはもつたいない」と思つてしまつた。
実際はいつ食べてもそんなに変はらないと思ふ。味覚に異常さへなければ。
でもまあそんなわけで今日はゼリーにありつけたといふわけだ。

果物が入つてゐる食べ物で、ゼリーほどおいしいものを食べたことがない。
もつといふと、果物が入つてゐるお菓子はあまり好きではない。
ショートケーキがいい例だ。
ショートケーキは甘い生クリームのせゐでイチゴがひどく酸つぱく感じられて食べられない。
おなじことはフルーツサンドにも云へる。
なんでこんなまづいものに人気があるんだらうと不思議に思ふくらゐだ。

まづく感じるのには理由があつて、やつがれは酸味が好きではないのだ。
梅干しとか問題外だと思つてゐる。
柑橘類の酸味は比較的大丈夫で、レモン味のものには食べられるものもある。それに最近は柑橘類は全般的にとても甘くなつてゐると思ふ。
甘くなつてゐるのは柑橘類だけぢやないか。野菜もさうなのかな。
からいものは好きだが、酸味の強いからさは好きではない。

そんなわけで、果物を使つたお菓子、とくにほかになにか甘いものと一緒に果物を使つたお菓子が好きになれない。
ただゼリーは違ふ。
果物入りのゼリーはゼリー自体がその果物の味に近くなる。
たとへば今日食べた白桃のゼリーは桃の味がほんのりした。
ゆゑに、ゼリーを食べてもその中に入つてゐる果物を食べても、味はほとんど変はらない。
そこがいい。

どうも味が極端に変はつたり、強い味のもののあとに弱い味のものを食べたりすることが苦手なんだな。
複数の種類の果物が一緒に出てくると、まづ一番酸つぱさうなものから手を付ける。
時折判断を誤ることもあつて、酸つぱいと思つて先に食べた果物がとても甘いこともある。
その時の悲しさといつたらない。
そのあと食べる果物はすべて酸つぱいのだ。
上にも書いたとほり、柑橘類は以前より甘くなつてゐるものが多いので危険だ。
基本的にはラズベリーがあつたらまづラズベリーからはじめるやうにしてゐる。
あと最近のブルーベリーはとても甘くなつてゐるので最後に手を付けるやうにしてゐる。

それは甘いものとか酸つぱいものだけに限らないかもしれない。
食事のときはできるだけ味の薄いものから食べるやうにしてゐる。
まあ、基本的には味噌汁からといふことになるのだが、そこは別として、そんなわけでまづご飯から食べることになり、その後おかづに手を付けることになる。
さうしないと食品の味がしなくなるからだ。
味気のないものをただただ噛むのは悲しい。

世の人はこの点をどうしてゐるのだらう。
水やお茶などを飲んで舌をリセットしてゐるのだらうか。

|

« 好きな理由を追求する | Main | 欲望年表とひざ掛け »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 好きな理由を追求する | Main | 欲望年表とひざ掛け »