« 睡眠: The Last Frontier | Main | 川本喜八郎「鬼」と音楽 »

Wednesday, 17 March 2021

読書のFOMO

最近、本が読めない。
読む時間はもともとないが、お湯が沸くのを待つ時間とか食事中、ちよつとした空き時間にすかさず読んではゐる。

読めない理由は、おそらくFOMO、Fear Of Missing Outだ。

FOMOは、SNSなどソーシャルメディアの中毒によく使はれることばだと理解してゐる。
FacebookやTwitter、Instagramなど、自分が見てゐないときになにか有用な情報があつたのではないか、友だちが持つてゐる情報を自分は見逃してしまつたのではないか、といふやうな不安をさすものだ。

そのFOMOが本に関係あるのか。
あると思ふ。
せつかく読んでゐるのに、読む端から内容を忘れてしまふとか、著者の云はんとしてゐることをまつたく或いは多少誤解してゐるのではないかとか、単に読み飛ばしてゐるんぢやないかとか。
それは時間の無駄だし本にとつてもなんだか失礼なことに思へる。

以前はそんなことは考へたことがなかつた。
とりあへず読みたいときに読みたい本を読む。
それでいいと思つてゐたし、それ以外のことがあるとも思つてゐなかつた。

多分、『マルジナリアでつかまえて』を読んでからだ。
それと、Bullet Journalのblogを読んでから。

本を読むといふことは、もつとinteractiveなもの。
受け身ばかりでなく、積極的に関はることのできるもの。

本もblogもさういふことを云つてゐると思ふ。
とてもいいことだ。
云つてゐることには同意する。
だが、どうも自分にはさうした読み方がむつかしい。
できないことはない。
でも、たとへばマージナリアを書かうと思へば手元にペンが必要だし、付箋もほしい。
ペンも付箋も手元にないときはどうする?
読書できないのか?
できないことはないけれど、ちよつと手間がかかるし面倒だ。
さうすると、常にペンと付箋がそばにないと本が読めないことになる。

なんといふ呪縛。

そんなわけで、なかなか本が読めずにゐる。
いまのところ三冊くらゐ平行して読んでゐるのだが、一冊の本の一章分を要約しやうとしてなかなかできず、先に進めないのでほかの本に手を出してみたといふ状況だ。

読みたい本はいくらもあるんだけどねえ。
読みたい読みたいと思つてゐるあひだに時間は過ぎていく。
いつそ、FOMOのことなど忘れてとにかく読みとばせばいいのかな。
以前はさうしてゐたんだし。

|

« 睡眠: The Last Frontier | Main | 川本喜八郎「鬼」と音楽 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 睡眠: The Last Frontier | Main | 川本喜八郎「鬼」と音楽 »