« 天邪鬼だからといふこともあるかもだけどさ | Main | 超ウルトラコーダドン »

Thursday, 03 December 2020

わからないまま終はるのかもしれない

今週は月曜日から今日まで毎晩七時間は眠つてゐるやうだ。
「やうだ」といふのは、Apple Watchがさういつてゐるからだ。
一応、眠りに落ちてから目を覚ますまでを計測してくれてゐるはずである。
布団に入つてなかなか寝付けなかつたなあと思つてゐるのに、のび太並みの速さで眠りに落ちてゐたことになつてゐることもある。
実際、眠れないと思つてゐても眠つてゐることもあるといふのでさういふことなのかなあとも思ふが、なんとなくしつくりこないときもある。

いづれにしても、できるだけその日のうちに布団に入つて七時間眠ると、躰は楽な気がする。
頭はぼーつとしてゐたりするけれど、それはもう仕方がないのだらう。
ある人が気分の落ち込みが激しいのでカウンセリングに行つたら、「まづは毎日八時間眠るやうにしなさい」と云はれ、そのとほりにしたところよくなつたといふ。
カウンセラからは「きみにはそれが効いたやうだから、もう来なくてもいい。またなにかあつたら来てください」と云はれたのだとか。

四日程度ではそんな効果はない。
え、八時間ぢやなくて七時間ぢやん?
そこが問題なのかなあ。

七時間の睡眠を確保するために、やりたいことをやらずに布団に入つてゐる。
好きな本を読むだとか、好きな映画を見るだとか、さうして読んだり見たりしたことを書くだとか、さうした自分にとつて楽しいことがなにもできない。
ただ起きて、食べて、働いて、食べて、働いて、食べて、湯浴みして、寝る。
そのくりかへしだ。
今日は歌舞伎を見てきてしまつたので、このままだとその日のうちに布団に入るのはムリだ。
さう、七時間眠らうとすると、歌舞伎すら見られないのだ。
夜の部とか第四部とかでなければ見られるだらうけれど。

好きなこともせずになんの人生。
さうも思ふ。
日々ご機嫌に暮らすためだけに生きてゐるのか。
さうなのかもしれない。
ご機嫌に暮らすことは大切なことだ。
ご機嫌なら他人にあたることもない。
ちよつとした不愉快事も華麗にスルーできさうだ。
そのために、読書や芝居見物、そしてそれについて書き記すことをあきらめなければならないのか。
ならないんだらうな。

早晩、元の寝ない生活に戻りさうな気がして仕方がないのはさういふわけだ。
そして不機嫌な生活を送ることになる。

それもなにかが違ふ気はするのだが。

|

« 天邪鬼だからといふこともあるかもだけどさ | Main | 超ウルトラコーダドン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 天邪鬼だからといふこともあるかもだけどさ | Main | 超ウルトラコーダドン »