« タティングと通勤 | Main | 捨てられない病 »

Wednesday, 25 November 2020

役に立たないTracker

Bullet Journal には Tracker を設けてゐる。
四月はとてもよくできて、その後もまあまあ埋まつてゐたのだが、先月後半からだんだんダメになつてきて、今月は躰を動かす系のことはほとんどできてゐない。
Twitterで朝活書写もやつてゐたのだが、それも今月半ばくらゐからふつつりとやめてしまつたやうな状況だ。
最初はやめる気はなかつたのだが、腱鞘炎もだいぶよくはなつたもののその後一進一退といふ感じだし、リハビリとしては朝活書写は向かないかなと思つて以来、つづいてゐない。

以前もここに Tracker のことは書いた。
前にも Bullet Journal に Tracker を追加したことがあつた。
でも、やつてもつけなかつたりするし、Tracker がなくても続けていけることがわかつたのでやめてしまつた。
Tracker といふのは、おそらく習慣づけたいことを日々行ひ、その記録を残すことでやる気の糧にする、そんなやうなものだらう。
ダメなんだな。
毎日できてゐて、それを記録して、でもそんなものは全然やる気の糧にはならない。
多分、自分はさういふタイプの人間なのだと思ふ。

毎日できてゐても「自分つてすごーい」とか思ふことはないしね。
どちらかといへばできなかつた時の気分の落ち込みの方が問題だ。
さう、習慣づけしたいことつて、続けていくことも大事だけど、続けられなかつたときにどうするかも大切だと思ふんだよね。
そこで挫折してしまふか。
それとも一度は記録が途切れたけれど、そこからまた続けていくか。
どうやらやつがれは続けていける方らしい。

さうすると、Tracker つてどうなのよ、と思つてしまふ。
そもそも自分はすでに習慣化してしまつたことの記録を取つてゐないだらうか、とかさ。
それは意味があるのか。
毎日歯を磨いてゐて、「朝も磨いた」「昼も磨いた」「夜も磨かなきや」とか、さういふのつて、意味があるのかなあ。
まあ、病気をしてゐてそれで絶対忘れてはならないとかいふのだつたら話はまた別だけれども。

Tracker を続けるには、いやさ、Tracker を使ふなら、なにか習慣づけたいことがないといけないのかもしれない。
習慣づけたいこと……なんだらうなあ。
いま項目としてあがつてゐることがさうだつたはずなんだけれど。

今年も残すところわづか。
年内はこのまま Tracker を続けるつもりだけれど、来年はわからない。
またやめちやふかもしれないな。

|

« タティングと通勤 | Main | 捨てられない病 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« タティングと通勤 | Main | 捨てられない病 »