« ふり返りたいふり返れない | Main | 誰がために桜咲く »

Thursday, 16 April 2020

システム思考が必要だ

現在の新型コロナウィルス対策に不足してゐるのは、システム思考的な考へ方なのではあるまいか。

システム思考とは、課題(問題)を一つのシステムと考へて分析する思考だといふ。

たとえば、睡眠不足を解消したいとする。
解消するために、いまなぜ睡眠不足なのかを考へる。
「寝る時間が遅いから」を理由としやう。
ではなぜ寝る時間が遅いのか。
帰宅時間が遅いからだ。
帰宅時間が遅いのはなぜか。
仕事がたくさんあるからだ。

では、仕事を減らすことができるだらうか。
或はもつと効率的に仕事をこなすことができるだらうか。
それとももつと早く出社するやうにする? でもそれではいまよりも早く起きねばならず、睡眠不足の解消にはならない。

効率的に仕事をこなせることと仮定しやう。
その結果、これまでと同量同質の仕事をこれまでより早くこなせるやうになつた。
それで早く帰宅できるやうになつたか。
短期的にはなつた。
だが、いつのまにかこれまでよりも帰宅時間が遅くなつてゐる。
なぜなら、仕事ができる人間とみなされて、以前よりもたくさんの仕事を任されるやうになつたからだ。

あ、解決しないや。

でもまあ、こんな感じ。
ある問題(ここでは「睡眠不足解消」)を解決するのに、それにまつはるさまざまなことを考慮してみる。
策を思ひついたら、それを実行した場合どういふ影響が出るかを考へる。
「短期的には」と書いたとほり、時間の経過についても考へる。
システム思考とはさういふ思考方法だと、やつがれは理解してゐる。

緊急事態宣言をする。
しかし、休業・失業などへの補償はおこなはないといふ。
その場合、どこにどのやうな影響があると考へられるのか。
補償をしないことで、今後どうなるのか。
政府はちやんとさうしたことを考へてゐるだらうか。
とてもさうは思へない。
目先のことしか考へてゐない。

いや、この機に改憲に望まうだとか、憲法に抵触するやうな法案を通さうだとか、さういふことは考へてゐるのかもしれない。

だが、この世の、すくなくともこの国のゆくすゑを考へてゐるやうには、とても思へないのだ。
ウィルスの蔓延についてさへ考へられてゐないやうに見える。

システム思考を厳密に適用せよとは思はない。
でも、ほんのちよつとだけ、「かうしたらどうなるだらうか」と考へるだけでも違ふはずだ。

すでに遅きに失してゐるが、着手しない手はない。

さう思ふのだがなあ。

|

« ふり返りたいふり返れない | Main | 誰がために桜咲く »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ふり返りたいふり返れない | Main | 誰がために桜咲く »