« 片付いていることの弊害 | Main | NHKラジオ講座二週目 »

Wednesday, 08 April 2020

トラッカーの埋まること

四月になつて八日目、Bullet Journal でつけてゐるトラッカーが毎日埋まつてゐる。
いままでにないことだ。
大抵はひとつかふたつできないことやしないことはあるし、まれに全部できる日があつてもそれほど続かない。
それができてゐる。
我ながら不思議である。

なぜできてゐるのかといつて、自主的に自己隔離してゐるから、といふのが大きい。
毎日家にゐる。
出かける必要はない。
せいぜい食べるものがなくなつたとか洗剤やトイレットペーパー(は、まだなかなか手に入れられないが)がなくなつたとかさういふ理由で買物に出かけ、ゴミを捨てに行くといふので外に出るくらゐだ。
このままでは歩けなくなるのではないかといふ不安はあるが、それはまた別の話。

仕事はもちろん、芝居や映画にも行かなくなつた。否、芝居や映画には「行けなくなつた」が正しからう。どこもかしこも休演・延期・休業ばかりだ。

さうすると家にゐるしかない。
そして、家にゐるとすることが限られてくる。
そんなわけで、トラッカーに書いてあることをするやうになる。
さういふ寸法なのだと思つてゐる。
これまでトラッカーに印をつけられなかつたのは、単に時間がなかつただけなのだ。
やればできる。
少なくとも一週間くらゐは。

いつまで続けることができるだらう。
たまにはちよつと休んでみてもいいのかもしれない。
たぶん、大半のことは習慣になつてゐるからだ。

そろそろ毎日「歩く」といふのをトラッカーに追加するころなのかもしれない。

|

« 片付いていることの弊害 | Main | NHKラジオ講座二週目 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 片付いていることの弊害 | Main | NHKラジオ講座二週目 »