« 「都市の空気は自由にする」? | Main | 不徳のなすところ »

Friday, 19 July 2019

なつかしの洋楽メロディー

洋楽を聞き始めたころ、FMラジオ局でしばしば「洋楽オールタイムベスト100」とか「ベスト50」といふ長尺の番組が放送されてゐた。

いはば、洋楽のなつかしのメロディーだ。

第一位は「レット・イット・ビー」か「イエスタデイ」で、第三位は「ヘイ・ジュード」、第四位は「ホテル・カリフォルニア」とか場合によつては「ヘルプ!」とかといふ、出来レースなのかと思はれるやうな結果だつたが、考へてみたら聞く層がおなじなんだらうから結果もおなじになるのも道理だつたのかもしれない。

聞き始めたばかりだから、なにもかも新鮮だつた。
これのおかげで一番最初に「これがローリング・ストーンズの曲」といふことで聞いたのが「悲しみのアンジー」だつたりする、といふこともあるのだが。
なんで「サティスファクション」とか「タイム・イズ・オン・マイ・サイド」とか「ペイント・イット・ブラック」とかぢやなかつたんだらう、とは思ふがなー。
さういふ層は聞いてなかつたのだらうか。

アバの前身のビョルン&ベニーの「木枯らしの少女」とかホリーズの「バスストップ」、アニマルズの「朝日のあたる家」……
「天国への階段」は途中までしか流れなかつたやうに覚えてゐるし、「ボヘミアン・ラプソディ」もさうだつたやうな気がする。

さうさう、当時クイーンを聞くやうになつて、ちやうど「ザ・ゲーム」と「フラッシュ・ゴードン」のあひだくらゐのことで、なのに「キラー・クイーン」とか「ボヘミアン・ラプソディ」の方が親しみを覚えるのはかういふ「洋楽オールタイムベスト100」とかいふ番組の影響なのだつた。

レッド・ツェペリンだのクイーンだのは、どちらかといふとかういふベスト番組ではあまりかからなくて、自分で探して聞くしかなかつたと思つてゐたけれど、労せずして聞けてもゐたんだな。

エルヴィス・プレスリーはほぼ一曲もなかつたり、50年代から60年代にかけてのアメリカン・ポップスもそんなになかつたやうな気がする。ポール・アンカとかニール・セダカとかね。それはそれでまた別の番組で聞いてゐた。

あれは、どういふ番組だつたんだらうなあ、といまになつて思ふ。
聴取者から好きな曲を募集して順位をつけてゐたのだらうとは思ふけれど。
なのに、ストーンズが「悲しみのアンジー」つて、どういふことなのか。

いまもかういふ番組はあるのかな。
あるとして、どんな曲が選ばれるのだらう。
当時、ビリー・ジョエルはまだかういふ番組にでるには新しすぎた感じだつた。
マイケル・ジャクソンはソロになるかどうかといふ時期だつた気がする。
マドンナはまだ登場してゐない。

いまだつたらどんな曲が選ばれるのかなあ。

知らない曲ばかりなんだらうな。

|

« 「都市の空気は自由にする」? | Main | 不徳のなすところ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「都市の空気は自由にする」? | Main | 不徳のなすところ »