« ぶらりと本屋にも行けぬ | Main | 気持ちのゆるみが編みに出る »

Friday, 28 June 2019

Labor Camp ともいふか

疲れてゐる。
寝不足だからだ。
なぜ寝不足かといふと夜寝なくてはならない時間になると眠くないからだ。
時差ボケのやうな状態なのではないかと思ふ。
慢性的時差ボケとでも呼ばうか。

この週末はゆつくり休みたいのだがさうは問屋が卸さないやうな気もしてゐる。
やらねばならないことはたくさんある。
家のかたづけだとか家のかたづけだとか家のかたづけだとか。

世の中の人はどうしてゐるのだらう。
やつがれより眠れてゐない人はたくさんゐると思ふのだ。
さういふ人々もかうして日々不調を覚えたりしてゐるのだらうか。
ゐるのだらうなあ。
イライラしやすくなつたりだとか。
他人に対して無関心になつたりだとか。
通勤電車の車内の雰囲気が悪くても仕方ないよな、と時々思ふのはさういふわけだ。
みんな疲れてゐる。
#「みんな」はちよつと主語が大きすぎるだらうか。

疲れてゐるのに強制収容所につれて行かれる人が乗るやうなぎゆうぎゆう詰めの電車に揺られてゆく。
もしかしたらほんたうに行き先は強制収容所なのかもしれない。
本人や周囲の人が気づいてゐないだけで、職場は強制収容所なのかも。

だつたら仕事なんかやめればいいのに、と云ふのはかんたんだが現実にはむつかしい気がする。

なにしろ相手は強制収容所なのだもの。

|

« ぶらりと本屋にも行けぬ | Main | 気持ちのゆるみが編みに出る »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ぶらりと本屋にも行けぬ | Main | 気持ちのゆるみが編みに出る »