« 100円ショップのレース糸ケース | Main | 寝た甲斐がない »

Wednesday, 08 May 2019

手帳探しに余念がない

Bullet Journal にふさはしいノート/手帳を探してゐる。

連休中、申し訳程度に机のまはりを片づけた。
そのとき、Bullet Journal をはじめたばかりのころのノートがでてきた。
三年前に使つてゐたものだ。
MDノートの新書サイズで、「人形劇三国志」の関羽のブックカヴァの上にMDノートの透明のカヴァをかけて使つてゐた。

ぱらぱらめくつてみると、いまよりずつといろんなことが書き込んである。
そして、不思議と見やすい。
日々の予定やタスク以外に、メモや見た芝居、聞いた落語、読んだ本のことなど、あれこれ書き付けてゐた。
まだCollection Logs のことなど知らなかつたので、手当たり次第に書いてゐた。

これが案外おもしろいんだな。
手帳といふものは、未来の自分が読んでおもしろいと思ふことを書き留めるもの、と、以前から思つてはゐるが、ちやんとさういふ手帳になつてゐる。

遣ひはじめて二週間もすると、この一冊を持つてゐるだけで妙に安心したものだつた。
必要なことは全部ここに書いてあるし全部ここに書けばいい。
いままで感じたことのない気持ちだつた。

それまでは予定はスケジュール帳、メモなど用の手帳、さらになにかあればそれ専用の手帳といふやうに、手帳やノートを複数使つてゐた。
よく「ノートは一冊にまとめなさい」などと云ふし、自分ではさうしてゐたつもりだつたけれど、気がつくとさうなつてゐた。
でも Bullet Journal なら、ほぼ「ノートは一冊にまとめ」ることができる。

MDノートのあとはシステム手帳で Bullet Journal を実践してゐた。
システム手帳、すごくいいんだけれど、左側のページには書きづらいし、かさばる。
どこにでも持ち歩くといふわけにはいかなかつた。

それで Bullet Journal に書き込むことが少なくなつていつたのかもしれない。

三年前の後半と、一昨年、去年とシステム手帳のバイブルサイズを使つてゐた。
今年はちよつと気分を変へて LEUCHTTRUM のA5サイズを使つてゐる。
いまのところ、文句なく使へてゐるが、やはりかさばる。
持ち歩くかばんの中には小さすぎてA5サイズを入れられないものもある。
といふわけで、いつでも持ち歩くといふわけにはいかないのはシステム手帳のときと同じだ。
それでやつぱり書き込みが少なくなつてゐるのだらうなあ。

三年前のMDノートを見るとさう思ふ。

あるいは、三年前は気持ちにもゆとりがあつたのかもしれない。
手帳にあれこれ書き込む気力があつたのかも。
Bullet Journal をはじめたばかりで、あれもこれも書いてみやうといふ気でゐたといふことも考へられる。

手帳は、やはりつねに携帯できるものに限るのかもしれないなあ。

といふわけで、LEUCHTTRUM はまだあと三ヶ月は使ふものと思つてゐるけれど、次の手帳探しに余念がない。

候補はいくつかある。
ロルバーンの縦長のタイプとか。
MDノートの新書サイズもいいと思ふ。
いつそLEUCHTTRUM や Moleskine のポケットサイズはどうだらう。
B6でよければLIFEのノートなどもあるし。

あるていど、ページ数もほしいんだよね。
手帳は書いてなんぼだと思つてゐる。
いいノートがあるといいんだがなあ。

|

« 100円ショップのレース糸ケース | Main | 寝た甲斐がない »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 100円ショップのレース糸ケース | Main | 寝た甲斐がない »