« 糸が足りない | Main | わかつちやゐるけどやめられない »

Wednesday, 20 March 2019

自意識過剰の「エリーゼのために」

ピアノを習つてゐたころ、「エリーゼのために」を練習しに行つて、先生に云はれたことがある。

「有名な曲を弾いてるんですつて感じがする」、と。

それがどうしても抜けなくて、その後さらふこともなく結局「エリーゼのために」は仕上げることができなかつた。

このことは今でもずつと尾を引いてゐる。

自意識過剰だつたのだらう。
また、いま思ふと承認欲求のかたまりだつたのではないかとも思ふ。

自分は世に知られた名曲を弾いてゐる。
その名曲を弾いてゐる自分を見てほしい。
さうひけらかしてゐるやうだつたのではないか。

いまとなつてはわからないけれど。

ピアノに限らず、なんにしてもそんな感じだ。
如何に「うまく」こなすか。
否、如何に「うまく」こなしてゐるやうに見せかけるか。
さうしたことに腐心してしまふ。

なんのために「うまく」こなすのだらう。
自分のためではない。
「「うまく」こなしてゐると他人に認められたいから」だ。
いやらしい。
いやしい根性だ。

それを捨て去るにはどうすればいいのか。
自分のために「うまく」できるやうにすればいいのかもしれない。
たとへば字にしてもさうだ。
自分が見て「読みやすい」とか「形が好き」と思ふやうな字が書ければそれでよしとする。
かうして書いてゐるblogの記事も、自分が読んで楽しいと思へばそれでいい。

わかつてはゐるんだけどな。

「エリーゼのために」に関しては、その後弾くと喜んでくれる人がゐて、すこしだけ和解した気分になれた。
「エリーゼのために」とね。

|

« 糸が足りない | Main | わかつちやゐるけどやめられない »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 糸が足りない | Main | わかつちやゐるけどやめられない »