« タティングと左手の中指 | Main | 予備知識なしの「映画刀剣乱舞」鑑賞 »

Wednesday, 06 February 2019

登場順と名前の出てくる順

映画「ボヘミアン・ラプソディ」で主要登場人物の登場順と名前の判明する順番を考へてみた。

登場順はこんな感じかと思ふ。

  1. フレディ
  2. ロジャー
  3. ブライアン
  4. メアリ
  5. ジョン
以下省略。
では名前が出てくる順番はどうか。
まづセリフとして出てくる順番はかうだ。
  1. フレディ(もとはファルーク) @バルサラ家の夕食の場
  2. ジョン・ディーコン @初登場の初LIVEの場
  3. フレディ・バルサラ @ジョンとおなじ
  4. ロジャー @ジョンとフレディとおなじ
  5. ブライアン @車が故障したmiddle of nowhereの場
  6. メアリ @バルサラ家でのフレディの誕生会の場
  7. フレディ・マーキュリー @メアリのちよつと後
  8. ブライアン・メイ @フレディのソロ騒動の場
字幕だとかう。
  1. フレディ(もとはファルーク) @セリフとおなじ
  2. ジョン・ディーコン @セリフとおなじ
  3. フレディ・バルサラ @セリフとおなじ
  4. ロジャー @セリフとおなじ
  5. メアリ @セリフとおなじ
  6. フレディ・マーキュリー @セリフとおなじ
  7. ブライアン @ロックフィールドの宿で部屋割りの場
  8. ブライアン・メイ @セリフとおなじ
記憶に頼つてゐるので、間違ひがあつたらご教示願ひたい。

登場の比較的早いブライアンの名前がわかるのは、映画もすこし進んでからだ。
セリフでは初アルバム録音のちよい手前、車が故障したときのことだ。
タイヤと格闘してゐるジョンに「時計と逆の方向に回すんぢやないかな?」的なことを指摘すると、ジョンから「ありがたう、ブライアン。代はつてくれてもいいんだよ?」といふ旨のことを云はれる、ここではじめて名前が出てくる。
字幕ではロックフィールドに着いた直後だ。ポール・プレンターが部屋割りを伝へるときに「ブライアン」と字幕に出てくる。
それまでは「名無しののっぽさん」または「名無しのギターの人」のままだ。
ロジャーにいたつては、最後まで名字が出てこない。

映画ではじめてクイーンを知る人は、これで大丈夫なのだらうか。
チト不安になる。
でも、大丈夫なんだらうな。
多分、映画を見るときに登場人物を名前で判断しないんぢやあるまいか。
映像があるのだから、見てわかる。
名前はあとからついてくる。
場合によつては名前がなくてもなんとかなる。

これが外見がよく似た四人だとか、しかもバンドぢやなくて合唱団でこれといつた楽器も手にしてゐないとか、さういふことだつたらもつと早くに名前が出てくるのかもしれない。

外見は全然似てないしね。
バンドだから担当する楽器もあるし。
それでいいぢやない。
さういふ感じなのぢやあるまいか。
そこらへんのことはすべて折り込み済みでこの映画は作られてゐる
そんな気がする。

登場人物の名前はさほど重要視されてゐないやうに見えるものの、「フレディ・マーキュリー」といふ名前だけはかなり意識して登場させてゐるやうに見受けられる。
といふ話はまた機会があつたら。

[追記}名前の登場順を修正 2019/2/14

|

« タティングと左手の中指 | Main | 予備知識なしの「映画刀剣乱舞」鑑賞 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 登場順と名前の出てくる順:

« タティングと左手の中指 | Main | 予備知識なしの「映画刀剣乱舞」鑑賞 »