« 楽器の練習 | Main | ウソのやうな性格 »

Thursday, 17 January 2019

仏像と現実に生きた人間との違ひ

去年はTVドラマ「怪奇大作戦」放映開始五十周年だつた。
落語協会のお囃子の恩田えりは、第一話である「壁ぬけ男」の放映日に同エピソードと、「死に神の子守唄」、それと「京都買います」を見たのだと云つてゐた。ほんたうは全話見たかつたのだけれども、とことはつて。
自分だつたらなにを見るかなあ。

「京都買います」といふのは、ここでも何度か書いてゐるとほり、京都の寺々から仏像が消失するといふ事件の謎を解く、といふ話だ。
須藤美弥子といふ登場人物がゐて、いたく仏像を愛してゐる。人間よりも仏像くらゐのいきほひで愛してゐる。
なにしろ「許してください。私は仏像を愛した女なんです」とか云つちやふくらゐだ。
そんな美弥子に惹かれる牧史郎は、美弥子にあなたはどう思ふかと訊かれて、

ぼくは仏像より現実に生きた人間の方が好きかもしれない。
と答へる。

現実に生きた人間と仏像との違ひとはなんだらう。
動くか動かないか?
わからないぞ。
仏像だつて夜な夜な動いてゐるかもしれない。
人の目のないところでは、なにをしてゐるものやら知れたものではない。
監視カメラを入れればわかるぢやないか?
それだつてどうだかな。
カメラには死角がある。
それでなくても相手は仏さまだ。
なにか不思議な力を持つてゐてもをかしかない。

では、人間と仏像との違ひはないのだらうか。
ある。
いくつかあると思ふ。
そのうちのひとつは、いはゆる「キャラが立つてゐるか否か」だ。

仏さま、といはうか、如来さま・菩薩さま・その他もろもろの神さま(といつていいのだらうか)は、ほんたうに「キャラが立つ」てゐる。
この如来さまはこれこれかういふお方で、かくかくしかじかの御利益があつて、みたやうな「設定」がしつかりきまつてゐる。
そして、それに反することは、まづない。

でも人間、現実に生きた人間はさうではない。
そりやあるよ、「あの人はかういふ性格で、ああいふときにはああ反応して、これにはかう」みたやうな、さういふくくりといふのはある。
でも生きた人間は必ずしもそのとほりの反応をし、そのとほりの活動をするとは限らない。
ものすごく性格が細かいのになぜか時にずぼらだつたりとか、いつもなら絶対挨拶するのに今日に限つてしないとか。
予想外の反応を返してくる。
それが現実に生きた人間だと思ふ。

そこで考へるわけだ。
「京都買います」の美弥子さんは、さういふ予想外の反応を返してくる「現実に生きた人間」に対応できなかつた人なのではないか、と。
「この仏さまはかう」「あの菩薩さまにはああいふ御利益が」みたやうな決まりにしたがつたものしか受け付けられない、そんな性格だつたのではあるまいか、と。

|

« 楽器の練習 | Main | ウソのやうな性格 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 仏像と現実に生きた人間との違ひ:

« 楽器の練習 | Main | ウソのやうな性格 »