« Hell's Grannie Hat はじめました | Main | 腹ふくれて もの捨てられず »

Tuesday, 08 January 2019

中途半端

極細毛糸のタティングレースのスカーフは、一週間にモチーフ二枚つなげたらいいところかなといつた感じだ。
何枚つないだら求める長さになるかもわかつてゐない。
毛糸だし、途中でやめたらなににもならないと思つてはゐる。
綿のレース糸で作つてゐたら、ドイリーとかランナーとかになるんだけどなあ。
毛糸は、フェルト化したらなにかに使へるかな。

あみものの方で Hell's Grannies Hat を編んでゐて、帽子の飾りがほしいので、タティングレースでもなにか作るつもりでゐるのだが。
スカーフはちよつと脇において、エジングでも作らうかなあ。気分転換にいいかもしれない。

モンティ・パイソンを見ると、Hell's Grannies の帽子には色とりどりの花が飾られてゐて、結構華やかだ。
最初はスイートピーめいた色のバラのモチーフをかぎ針編みで作るつもりでゐたけれど、生憎と「これ!」といふ糸が見つからない。
花は綿の糸で編むといふ手もあるか。

タティングでは立体的なモチーフを作るつもりはない。
リボン代はりのエジングとか、ちよつとした平面のモチーフを作るつもりでゐる。

かうして考へてゐるときはとても楽しいんだけれどもねえ。
帽子の方もなかなか編み進まない。毛糸も買ひ足す必要があるし、はかどらないな。

なにもかも中途半端だからいけないのだらうか。
やはりタティングでは極細毛糸のスカーフに注力する方がいいかな。

|

« Hell's Grannie Hat はじめました | Main | 腹ふくれて もの捨てられず »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 中途半端:

« Hell's Grannie Hat はじめました | Main | 腹ふくれて もの捨てられず »