« 体調に気をつけないとといふ予兆 | Main | 筆の汚れと不労所得 »

Wednesday, 30 January 2019

Good Company あるいは預言者の唄

はじめてクイーンの「Good Company」という歌を聞いた時、「これは自分のことだ」と思つた。
小学生の終はりか、中学生のころだつたと思ふ。

小学校に入る前に、引つ越しを三度経験した。
一度目が四歳の冬、二度目がそのほぼ四ヶ月後、三度目が六歳の時だ。
引つ越すたびに、前住んでゐたときに遊んでゐた友だちと疎遠になる。
多分、自分はかうして最後はひとりになるのだ。
「Good Company」を聞いて、さう思つた。

「Good Company」といふのは、おそらくはもうあとは墓場に行くだけの男の話である。
その男が、こどものころのことを思ひ出すところからはじまる。
パイプをくゆらしながら父親が云ふ。
「友と呼べる人々を大事にしなさい」

男は父親の云ふことに従ふが、結婚するまでのことだつた。
家庭を持つと妻との暮らしにばかり目がいつて、それまで仲良くしてゐた友だちは、ひとりまたひとりと去つていく。

そのうち男は仕事に精を出すやうになり、名声を得る。
でも最後に残つたのは his own limited companyだけ。
いつしか妻とも疎遠になつてゐた。

年を取り、父親とおなじやうにパイプをくゆらしながら、でも周りには誰もゐない。
己が人生の愚考から学んだことに思ひを馳せる。
「友と呼べる人々を大事にしなさい」

ああ、これは自分のことだ!
自分も最後はきつとかうなるのだ。
仕事は好きぢやないから会社を得るやうなこともなく、年をとつたら周りには誰もゐないんだ。
本家「預言者の唄」よりもよほど「預言者の唄」だつた。

普段、「クイーンといへば「Good Company」かな」とか呆けたことを云つてゐる、その理由はかういふことだ。

人生の最後がだいぶ近づいてきて、でも幸ひなことにまだ「No one there's to see.」といふ状況には至つてゐない。
自分はこれといつてなにもしてゐないにも関はらず、だ。
非常に恵まれてゐる。
ありがたいことである。
大事にしなさいよ。

|

« 体調に気をつけないとといふ予兆 | Main | 筆の汚れと不労所得 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Good Company あるいは預言者の唄:

« 体調に気をつけないとといふ予兆 | Main | 筆の汚れと不労所得 »