« 半分死んだ人 Wanna-be | Main | 流行り廃り »

Friday, 21 December 2018

あの子にとつても好きだと云ひたい それにはワインをたらふく飲まなきや

冷静になつて考へてみると、Queenのことはそんなにものすごく好きといふわけではない。
#でもいまは冷静ぢやない。

最近は映画「ボヘミアン・ラプソディ」を見て浮かれてゐるけれど、もともと自分は「LPにしか入つてゐない歌でも歌へるものがある」程度にQueenが好きである。

これがどれくらゐなのかといふと、たとへば兄弟とおなじ部屋で暮らしてゐた場合、相手がQueenを熱烈に好きで日々LPなどを部屋で聞いてゐたとする。
自分はそんなに好きなわけぢやないけど毎日のやうにくり返し聞くから覚えてしまふ。
当然LPにしか入つてゐない歌も知つてるし歌へてしまつたりもする。

こんな感じだと思ふ。

この例と違ふ点があるとしたら、やつがれは自発的に聞いてゐた、といふところくらゐか。

Queenを知つた当時、とにかくミーハー的なものが好きではなかつた。
ワイドショーが好むやうなゴシップ、私生活のあれこれといつた話題は敬して遠ざけてきた。
したがつて、Queenについても、さうした情報はほとんど知らない。
周囲に話をする相手もゐなかつたしね。

いまはみづからもミーハーめいた言動をするし、ミーハーなものを厭ひはしない。
さう思つてゐたのだが、いま往時の「MUSIC LIFE」の記事を読んだりすると、「ああ、やつぱりかういふ取り上げ方は好きぢやないなあ」と思つてしまふ。
三つ子の魂百までもとはよく云つたものだ。

そんなわけで、Queenの誰が好きとかどんな逸話が好きとか、さういふ話はできないのだつた。
できるとしたら誰のどの曲が好きだとか好きな曲のどこが好きかといふ話くらゐなのだけれども、それもあんまり伝はるやうには話せない。
「ここのkrの発音が最高なんだよね」とかになつてしまふからだ。

「懐かしのラヴァーボーイ(Good Old-Fashioned Lover Boy)」でいふと「Set my alarm, turn all my charm」と無声音と口のやや奥で発音する音で畳みかけてきたあとに「That's because I'm good old-fashioned lover boy」と有声音(含む破裂音)と口の前の方で発音する音を混ぜてくるあたりとか、ちよつとないな、と思ふ。
実際に発音してみるとわかる、かなあ。
でもこの組み合はせが好きといふのは個人的な好みの問題だからわからないこともあるか。
発音してみていいなあと思つたら、「あとはフレディの声で鳴つたら云ふことなし」といふことになるわけで、結局歌を聴きに戻ることになる。

あ、ひとつあつたな、これなら伝はるんぢやないかといふ歌が。
「愛といふ名の欲望(Crazy Little Thing Called Love)」だ。
この歌の好きな点は三つ。
1. ちよつとエルヴィスのやうな歌ひ方
2. ご機嫌なベース
3. Clap and Chorus
以上、だ。
うーん、なんてわかりやすいんだらう。
いい歌だといふことだな。多分。

ところで今回の題名はThe Beatlesの「Her Majesty」からの引用だ。
なぜか「Her Majesty」を聞くと、Queenの「Killer Queen」を歌ひたくなつてしまふ。
おそらく、カセットテープにその順番に入つてゐたんだらうと思ふ。
偶然か、自分でさう編集したのか、はたまた「女王様特集」みたやうなラジオ番組でもあつたのか。
記憶がない。

|

« 半分死んだ人 Wanna-be | Main | 流行り廃り »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference あの子にとつても好きだと云ひたい それにはワインをたらふく飲まなきや:

« 半分死んだ人 Wanna-be | Main | 流行り廃り »