« 飯田市川本喜八郎人形美術館 曹操の王国 その二 2018後半 | Main | 変はつたご趣味ですこと »

Monday, 12 November 2018

ひたすらガーター編みの快感

Lacy Baktus をせつせと編んでゐる。

Opal のソックヤーンと4号針との組み合はせで、そんなにくつたりとはしない。
手のゆるいやつがれにしてはかつちりとした編み地になつてゐるやうに思ふ。
6号針でもよかつたかな。

ひたすらメリヤス編みをつづける快感といふものはある。
Lacy Baktus は裏もメリヤス編みだから正しくはガーター編みといふべきかもしれない。
八段に一度、二目一度とかけ目のくりかへしの段があつて、あとはとにかくメリヤス編み。
これがさくさく編めるやうになつてくると気持ちがいいんだなあ。
自分の躰が機械になつたかのやうな感覚だ。
一定の早さ、一定のリズムでどんどん編めてしまふ。
なにも考へない。
なにも見ない。
機械的に手を動かしてゆくだけで、編み地が長くなつてゆく。

これを人は Mindless Knitting といふのかもしれない。
やつてみると、そんなに悪いものではない。
気分よく編めてゐるうちは爽快な心持ちになるからだ。
ひとたび一定のリズムで編むことができなくなるとそれも終はつてしまふけれど、さうしたらそこでひとまづ休みを取ればいい。

Mindless Knitting についてはだいぶ前にも書いた。
早すぎてもいけない。
遅すぎてもいけない。
早いと間違へやすいし、遅いとリズムに乗れないせゐかやはり失敗が増える。
自分にちやうどいい早さでなにも考へずに編む。
これが Mindless Knitting の極意なんぢやあるまいか。
大げさだけどもさ。

ほんたうに編み物が好きな人は、かういふものばかり編んではゐない。
複雑な作品、編み図とくびつぴきでないと編めない作品、自分でわかりやすいやうに書き換へる必要のあるやうな作品に取り組む。
最近、さういふ気力に欠けてゐるんだよなあ。
最近ぢやないか、もうここ数年そんな調子だ。

でも、それも悪くないかなとも思ふ。
人それぞれだしね。
むつかしいものを編みたい人はむつかしいものを、さうでもない人はそれなりのものを編む。
それでいい気がしてゐる。

ところで Opal のソックヤーンは糸で見たときにはなかなかいい色に見えたのでとつておいたものなのだが、実際に編んでみるととても甘い、甘つたるい色に見える。
うーん、これはくつ下にするべきだつたか。
でももうかなり編んでしまつてゐるので、これはこのままマフラーとして完成させるつもりだ。

そろそろ折り返し地点が心配になつてきた。
はかりの電池が切れてゐるから買つてこなければ。
100g一玉なので、だいたい50g分くらゐ編んだら減らし目に入るつもりなのだつた。
Baktus はここの判断がむつかしい。
偶数個の毛糸だまで編むときはいいんだけれどもね。

|

« 飯田市川本喜八郎人形美術館 曹操の王国 その二 2018後半 | Main | 変はつたご趣味ですこと »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ひたすらガーター編みの快感:

« 飯田市川本喜八郎人形美術館 曹操の王国 その二 2018後半 | Main | 変はつたご趣味ですこと »