« 消費者にできること | Main | ドイリー: この立場なきもの »

Monday, 13 August 2018

趣味≠特技

趣味と特技とは一致しないこともある。

正直云つて、もともと手先の器用な人がはじめて編んだものと自分がいま編んだものとを比べたときに自分の方が目のそろつたきれいな編み地を作れるとはちよつと思へない。
あみものが好き、といつてもさういふ状態なのだ。

以前、ジェニーやリカちやんの服を作るのに熱中してゐたことがある。
毎週土日になると、ひたすらちくちく人形の服を縫つてゐた。
なぜミシンを使はなかつたのかといふと、ミシンも苦手だからだ。
もともと苦手なのに人形サイズの服にミシンをかけるだなんて、到底ムリだと思つてゐた。
実際、ミシンを使つて縫つた服もないぢやないが、基本的には全部手縫ひ、フレアスカートの裾なども全部手でまつつたり縫つたりしてゐた。

それで縫ひものが好きになつたり得意になつたりしたか、といふと、それがどちらも全然そんな風にはならなかつた。
結局、最近では人形の服は編みはしても縫ふことはなくなつたしね。
最初のころよりは縫ひ目も安定してきただらうとは思ふが、あまり実感はなかつた。
ひとつだけ上達した実感があつたのは、スナップ付けがうまくなつたことだ。
早くきれいにできるやうになつた。
それももう全然やつてゐないので、多分もとの状態に戻つてゐることだらう。

斯様に、苦手でもやることはある。
しかし、得意にはならない。
好きにならない場合もある。
やつがれの場合は縫ひものがさうだつた。

一方のあみものはといふと、あひかはらず編み目がそろはなかつたり模様編みをきれいに編めなかつたりすることは往々にしてある。
昨日もひさしぶりにくつ下を編み始めてみたところ、さつそく編み目がガタガタになつてゐることを確認した。

Sock in Progress

それでもあみものは好きだ。
手の動きが好きなんだな。
これはタティングレースにも云へる。
手に針を持ち、指に糸をかけ、編み目に針を入れて糸を引き出す。
さうした一連の動きがとても気に入つてゐるのだつた。

ここのところ腱鞘炎のせゐであみものをほとんどしてゐなかつた。
昨日久々に棒針編みをしてみて、かぎ針編みほどには指に影響がないことが判明した。
なので、今後しばらくは暑さに負けずくつ下など編むことだらう。
ヨガソックスになる予定だ。

|

« 消費者にできること | Main | ドイリー: この立場なきもの »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 趣味≠特技:

« 消費者にできること | Main | ドイリー: この立場なきもの »