« ラストスパートできない | Main | いつたい何をどう見てゐたのか »

Wednesday, 29 August 2018

情報カードのレヴュー

また情報カードを使つてみたいなと思つたときに PoIC に出会つた。それが去年の十一月くらゐのことだ。
以来、5×3の情報カードに日々あれこれ書いて暮らしてゐる。
カードも一千枚を数へるやうになつた。
そこで悩む。
このカードをどうしたものだらう。
いまのところ週に二十枚から三十枚くらゐたまつていく。
このままいくと二千枚を越える日も近い。

PoICのWikiを読んでいくと、ちやんと解決法はある。
「再生産する」のページに詳しく書いてある。

問題は、この手法はカードがたまらないとできないことだ。
そして、カードがたまるといふことは数が多いのでレヴューに時間がかかる、といふことでもある。

Wikiでは約二千枚のカードから必要なカードを抜き出して、「PoICについて」のまとまつた文章を作成してゐる。

これは、文章でなくてもよいのだらうと思ふ。
「ちよつとこれは処理しきれないな」と思ふくらゐカードがたまつてきたら、似たやうな内容のカードを取り出してグループ化し、そのグループの内容をまとめたカードを新たに作成する、でいいのではあるまいか。
Wikiには使用したカードは「取つておけば、さらに有用な情報を引き出すこともできます」と書いてある。
でも、捨ててしまつてもかまはないやうにカードを作れば、或はまとまつた文章を作ればいいのぢやあるまいか。
えうはある程度カードがたまつてきたらレヴューしませう、といふことだと理解してゐる。

これは、普段はなんでもメモするためのノートを使用し、折に触れ母艦ノートに必要なことを転記する作業とおなじだ。
違ふのは、メモ用にカードを使つてゐることだ。
カードだとノートと違つて並び替へも容易で、いはわゆる serendipity のやうなものの発生が期待できる。
ただ、カードを整理する際にかなり広い場所が必要であることと、外出先ではやりづらいことを考へると、どちらがいいのかなあといふ気はする。

あとはこういうことをする時間がとれるか、といふことだが。
情報カードを使ひはじめたのだもの、とるしかあるまい。

|

« ラストスパートできない | Main | いつたい何をどう見てゐたのか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 情報カードのレヴュー:

« ラストスパートできない | Main | いつたい何をどう見てゐたのか »