« 「怪奇大作戦」上映会に行く | Main | 怖さの源は強すぎる矜持か »

Thursday, 23 August 2018

八月二十三日

疲れてくると太字の万年筆で覚えてゐる漢詩を書き散らす。
そんなにたくさんはないので、すぐ書くものは尽きる。
でもまあ曹植の「吁嗟篇」でも書けば十分な長さがあるので一篇で済む。

中村吉右衛門の朗読した「漢詩紀行」のDVDを何枚か持つてゐる。
一時これを毎晩寝る前に一番組づつ聞いてゐた。

もともとこの番組を知つたのは、夜勤をしたときのことだ。
その夜は早めに仕事が終はり、一旦宿に帰ることになつた。
朝まだき、TVをつけると、NHK教育で「漢詩紀行」を放映してゐた。
播磨屋の朗読で、もうなんの詩だつたか忘れたが、なんだかとつてもしみじみした気分になつた。
映像もまたゆつたりとしたものだつた。

あれから何年か経ち、DVDが発売されてゐることを知つて、少しづつ買つてゐる。
中に「三国志の詩」といふ巻があつて、これを一番よく聞いてゐると思ふ。

さう、多分今日はさういふ日だ。
いつもなら「短歌行」とか「赤壁賦」の覚えてゐる部分だけ(すなはち好きな部分だけ)とか、有名どころの「楓橋夜泊」だとか李白、白楽天、李賀の詩を書き散らすところ、今日だけは杜甫だらう。
それも「唐詩選」には載つてゐないものを書くのだらう。

何年か前のこの日にもちらりと書いた、きつとここでいふ「英雄」に杜甫自身も入つてゐるのだらうと思ひつつ、また、みづからも日暮時に晏子の故事を口ずさみつつ。

|

« 「怪奇大作戦」上映会に行く | Main | 怖さの源は強すぎる矜持か »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 八月二十三日:

« 「怪奇大作戦」上映会に行く | Main | 怖さの源は強すぎる矜持か »