« おやすみ中 | Main | 歌舞伎が好きな理由を考へる »

Wednesday, 27 June 2018

なにを書き残すか

現在使用してゐる手帳・ノートは三点。
Bullet Journalにしてゐるシステム手帳、一ページ一内容でだらだら文章を書く用の Smythson の Panama、それと5×3の情報カードだ。
ほかにメモ用のRhodiaがある。

最近は、Rhodiaにひとまづいろいろ書き出して、その後見返しつつ情報カードやBullet Journal に転記してゐる。
Rhodiaは、orenz neroとの組み合はせが最強なので使つてゐる。
でもちよつと悩んでもゐる。
転記し終へたメモは捨ててしまふのだが、果たしてそれでいいのだらうか。

PoICだと、メモ用に測量野帳を使用してゐる。
測量野帳だとあとで残る。
ページをやぶいて捨てるとか、一冊まるごと捨てるとか、処分する方法はある。
しかし、見たところPoICでは使用済の測量野帳もとつておいてゐるやうだ。

とつておく理由は、メモを取つたときの状況のよすがとなるものを残すため、だと思はれる。

メモのうち必要なものだけ転記して捨てるといふのは、合理的ではある。
だが、転記してゐるので、必ずしも思考の過程が残るやうな書き写し方をするとはいへない。
メモを残すときは、それを書くに至る思考の過程も一緒に残したい。
PoIで測量野帳をとつておくのはさういふことなんだらうと思ふ。

そして、この思考の過程といふのが案外重要だつたりする。
Bullet Journal と情報カードとは別に、だらだら思ひついた文章を書き連ねる手帳を持ち歩いてゐるのは、おそらくさういふことなのだ。
だらだら書き連ねる文章は可読性には欠けるが、思考の過程を残すといふ意味ではよい。
読めば「ここからかうなつたのか」とわかるからだ。
マインドマップなどは、自分の作つたものなら思考の過程もわかるのだらうけれど、他人が見たらさつぱりわからないんだらうな。
どういふ順番で書いたのか手がかりがないからだ。
それはそれでかまはないのだらうけれど。

さう考へると、メモノートから母艦ノートへ書き写さずに、メモノートの必要なところに色をつけるなどしてわかるやうにして、そのまま母艦ノートとして使用するといふのもありかな、といふ気もしてくる。
実際、一時はさうしてゐた時期もある。

あとはメモノートに書くときの字がもう少し判読可能ならいふことはないのだが。

|

« おやすみ中 | Main | 歌舞伎が好きな理由を考へる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference なにを書き残すか:

« おやすみ中 | Main | 歌舞伎が好きな理由を考へる »