« 手がきつすぎる | Main | 「犬神家の一族」と「八つ墓村」 »

Tuesday, 17 April 2018

貴族鼠

絹穴糸でタティングレースをしてゐる。
あまりにもうまくできないので、「仕方がない、今回は練習といふことにしやう」とあきらめた。

タティング練習

糸は、都羽根の貴族鼠といふ色である。
色が飛んでしまつてわかりづらいな。
わりと黒みがかつた灰色だ。
落ち着いた、いい色だと思ふ。

いい色なのだが、どうもうまく結べない。
スプリットリングにしたのがよくなかつたかなあ。
やつがれの技術ではスプリットリングは無理といふことか。

なぜか二つ目のシャトルで結んでゐるときの方が目がそろふ。
以前はそんなことなかつたんだけどなあ。
もしかしたら、いまこの状態でメキッキオヤをやると目がそろつていいかもしれない。
メキッキオヤは以前挑戦して、スプリットリングの二つ目のシャトルの要領で結ぶのに疲れきつてしまひ、モチーフをひとつ作るのがやつとだつた。
しかもきれいにできなかつたし。

とりあへず、糸が尽きるまでは練習といふことで、つづけるつもり。
なにごとも修行だよな。

この連休のあひだは、ちよつとマクラメなどやつてみやうかと思つてゐる。
マクラメについては長い休みの前には「この休みにはマクラメでもするか」と思ふのだが、つひぞやつたことがない。
今回は、ダルマの鴨川糸も買つたし、刺繍糸もいくつもあるし、挑戦してみやうと思つてゐる。

|

« 手がきつすぎる | Main | 「犬神家の一族」と「八つ墓村」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 貴族鼠:

« 手がきつすぎる | Main | 「犬神家の一族」と「八つ墓村」 »