« 死語を遣はう | Main | 貴族鼠 »

Monday, 16 April 2018

手がきつすぎる

レース編みのスカーフは本体を指定段数まで編んだのだが、長さが足りない。
10cmは足りないだらうか。
いませつせと編み足してゐる。

かぎ針編みのスカーフ

編んでゐるのは「風工房の小さなクロッシェレース」に掲載されてゐる方眼編みのやうに見えるスカーフだ。
スカーフの短い方の両端にアイリッシュクロシェの葉を編みつけることになつてゐる。
この葉を編みたくて編んでゐるのだが、なかなかそこまでたどりつかない。
本体部分はここにも何度か書いたやうに、一旦編み目から針をはづして下の段の細編みの頭に針を差し入れ休ませてゐた目を引き抜くといふのを数目に一度する必要がある。
その間に引き抜きピコットもある。
途中で挫折するんぢやないかとも思つたが、編んでいくうちに次第に調子に乗つてきたやうだ。
あと数段、このまま編めるだらうと思つてゐる。

ところでかぎ針編みのときは手がきつい。
棒針編みのときはゆるいんだがなあ。
かぎ針編みも、レース糸を編むときにきつくなるやうに思ふ。
以前ホビーラ・ホビーレのレース糸のキットを買つて方眼編みがベースのショールに挑戦したことがある。
すこし編み進んだときに店頭に飾られてゐる完成品を確認しに行つたところ、なんだか自分の編み目と全然違ふ。
もつとゆつたりとしてゐるのだ。
さういふものなのかなあ。
ショールなので糸が続く限りは気にいつた大きさまで編み足せばいいわけだけれども、軽くショックだつた。

この連休は、春夏糸で棒針編みをするつもりでゐる。
でもなんとなくこのままかぎ針編みをつづけたい気もするんだよなあ。
オリムパスの金票40番を買つてあるので、それでアイリッシュクロシェのモチーフなんぞを編みたい。
連休がもつと長ければいいのだが。

|

« 死語を遣はう | Main | 貴族鼠 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35084/66619224

Listed below are links to weblogs that reference 手がきつすぎる:

« 死語を遣はう | Main | 貴族鼠 »