« 歌は世につれ | Main | 手がきつすぎる »

Friday, 13 April 2018

死語を遣はう

文章指南の本などを読むと、手垢のついたやうな云ひ回しは遣ふな、とある。
手垢のついた云ひ回しとは、慣用句、クリシェの類だ。
たとへば「そんなの、赤子の手をひねるやうなものさ」とか「鬼の首を取つたやうに自慢げだ」とか。
ニュースの「立春とは云ひながらまだまだ寒い日がつづきますが」などもさうだらう。

遣ふな、と、いふのには理由がある。
かういふ慣用句を遣ふときといふのは、ほかにこれといつた表現が思ひつかないときだ。
思ひつかないことをごまかさうとして遣ふ。
耳慣れた表現だから、受け取る側もなんとなくわかつた気持ちになる。
でも実は具体的なことはなにも語つてゐない。
ゆゑに遣ふな、といふのだ。

文章で生きていかうといふ人にとつては、そのとほりかと思ふ。
しかし、遣はないことばは滅びる。
慣用句やクリシェは滅びてもいいといふことだらうか。
やつがれはさうは思はない。
文章で生きていかうとも思つてゐない。
誰も遣はないのならかへつて新鮮だともいへる。
だから「あの人は竹を割つたやうな性格の持ち主だ(そんな人物には実際のところ会つたことはないのだが)」だとか「蜂の巣をつついたやうな大騒ぎ」とか、どんどん書くやうにしてゐる。
とくに自分の手帳には書く。
さうしないと遣ひ方を忘れてしまふからだ。

死語を遣はう。
遣つてゐるあひだは大丈夫だ。
遣はなくなつて、「死語」とも云はれなくなる前に。

|

« 歌は世につれ | Main | 手がきつすぎる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 死語を遣はう:

« 歌は世につれ | Main | 手がきつすぎる »