« 睡眠不足は extreme な考へを誘発する | Main | ベルント・ケストラーのミトンの使用感 »

Friday, 05 January 2018

solitude実践

昨日は、午前九時台から午後九時台まで、cyberspace には行かないやうにしてゐた。
Solitude といふ本を読んだからである。

これまでも、休日の一日一歩も外に出ず、誰とも会はず話さずに過ごすことといふのはあつた。
しかし、さういふ日も、MacbookやiPhoneからネットにアクセスはしてゐた。
Twitter を眺めてときに呟き、ちよつと疑問に思つたことは即Web検索するなどしてゐた。

それは solitude とはいへない。
本を読むとどうもさういふことらしかつた。

loneliness と solitude とは違ふものである。
日本語に訳してしまふとどちらも「孤独」といふことになる。
loneliness は孤独であることを否定的にとらへる際に使ひ、solitude は孤独であることを楽しむ際に用ゐる。
Solitudeからはさう読みとれた。

たぶん、自分は「孤独」を「solitude」と呼べる方だと思ふ。
大型連休になると二日くらゐは誰とも会はないこともある。
それで痛痒を感じることはない。
むしろ、積極的に誰とも会はない状況を作らうとすることもあるくらゐだ。
三日にしないのは、出かけないと足が弱るからだ。それでなくても体力は衰へがちである。
今回も二日にしてみやうとしてやめたのは、歩きに行かないと体力がつかないと思つたからだ。

半日通信を絶つてなにか特別なことをしてゐたかといふと、そんなことはない。
いつもひとりで過ごすときと同じやうに、酒を飲みながら本を読み、録画を消化し、ときに手帳や情報カードにあれこれ書き付ける。
いつもしない特別なことといつて、出しそびれてゐた年賀状を書いたことくらゐだ。

いつもなら本を読んだり録画を見たりしてゐるときに「これだ!」と思ふことがあると呟いてゐたところは、紙に書き記してみた。
最近は、呟かうかなと思つても、とりあへず手帳に書いてみて、それで満足したらそれまでといふことも多い。

そんなわけで、通信を絶たうが絶つまいが、やつてゐることはおなじで、とくに不都合は感じなかつた。
とくにいまどうしても「これを知りたい!」といふことに出会はなかつたからかもしれない。
あつたらやきもきしたかもしれないな。

これからも誰とも会はない日を作るつもりでゐる。
なんかわかんないけど、さういふ日が必要なんだよ。困つたことに。
でも、そのときに通信を絶つかどうかはわからない。
今回やつてみてあんまりいつもと変はらない気がしたからだ。
半日と云はず、朝起きてから夜寝るまでアクセスしなかつたら違ふのかなあ。
機会があつたら試してみるか。

|

« 睡眠不足は extreme な考へを誘発する | Main | ベルント・ケストラーのミトンの使用感 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference solitude実践:

« 睡眠不足は extreme な考へを誘発する | Main | ベルント・ケストラーのミトンの使用感 »