« フェイク忠臣蔵 | Main | 年末年始は »

Friday, 15 December 2017

価値がないのはどつちだ

ちかごろ、近所のスーパーマーケットではいつ行つてもハーゲンダッツのアイスクリームを安売りしてゐる。

以前は、ちやんと安売りの期間があつた。
それが、最近はいつでも安売りをしてゐる。
安くしないと売れないのだらうか。
たぶんさうなのだらう。

安くしないと売れないといふことは、その商品に定価分の価値がないといふことだ。
理屈ではさうなのだが、ではハーゲンダッツのアイスクリームに定価分の価値がないのかといふと、そんなことはないと思ふ。
だつておいしいし。
それは「ハーゲンダッツのアイスクリームだからおいしい」といふ思ひ込みなのかもしれないけれど、でもおいしいと感じるのはほんたうのことだ。

安くしないと売れないといふことは、買ふ側にものの価値がわかつてゐない、といふことなのではあるまいか。
本来この値段でしかるべき品質の商品なのに、その値段では売れない。
買ふ側に見る目がないからだ。
買ふ側に定価分の価値がない。
買ふ側は本来ハーゲンダッツのアイスクリームにふさはしくないのだ。
すなはち、分不相応である。

無論、定価にふさはしくない商品といふのもないわけぢやない。
でも、今後「定価だつたら買はないな」と思ふものと出会つたら考へることにしたい。
定価にふさはしくないのは商品か。
あるいは自分か。

そんな余裕はないかな。

|

« フェイク忠臣蔵 | Main | 年末年始は »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 価値がないのはどつちだ:

« フェイク忠臣蔵 | Main | 年末年始は »