« 湿度の高いときに向いたものとは | Main | うつくし過ぎるペン »

Tuesday, 22 August 2017

Something Small

先週、ふと思ひたつて、タティングレースの栞を作つてみた。

Floral Bookmark

作つたのはふたつ。
いづれも Kersti Anear のデザインしたもので、ひとつは Floral Bookmark、もうひとつは Tabatha Bookmark である。
どちらもこれまでにいくつも作つてきた。とくにFloral Bookmark の方は折にふれ作つてゐる。
Tabatha Bookmark は、シャトルひとつと糸巻からの糸との組み合はせだと世にいふ Shoelace Trick を多用する必要がある。どこで使用するのかいつも忘れてしまふので、毎回苦労する。

Tabatha Bookmark の方は糸始末までしたものの、著しく出来が悪く、写真は撮つてゐない。
Floral Bookmark の写真を見て、如何にひどいかご推量されたし。

タティングレースの栞を作りたくなる理由はみつつほどある。
ひとつには、シャトルに残つた半端な糸を使ひきつてしまひたいといふこと。
もうひとつには、なにか小さくて比較的短期間に仕上げられるものをつくりたくなるといふこと。
そして最後のひとつは、比較的短期間なら始終気を遣つて作れるのではないかといふこと、だ。

シャトルに残つた半端な糸でなら、モチーフを作つてもいい。
しかし、モチーフだとできあがつたあとの始末に困る。
大きさによつてはコースタになるかもしれないが、コースタの方が栞よりも使用頻度は低い。
おなじモチーフをいくつも作つてあとでつなぐといふ手もあるが、モチーフつなぎはそんなに好きでもない。
といふわけで、短いエヂングを作つて栞状にしたり、栞そのものを作つたりすることが多い。

なにか小さくて比較的短期間に仕上げられるものは、大きいものを作つてゐると突発的に作りたくなる。
現在、Mary Konior のデザインした Masquerade といふモチーフを延々とつなぎつづけるプロジェクトを進行中だ。諸事情によりちよつと中止してゐるけれど、九月になつたら再開する予定でゐる。
このプロジェクトを始めたのは去年の十一月だつた。
長い。
昼休みのあまつた時間だけで遂行してゐるにしても長すぎる。
そんなわけで、すぐにできるものを作りたくなつたりするわけだ。

短期間に仕上げられるものなら、最初から最後まで気を遣つて作れるのではないか、といふのは、はかない希望である。
短期間に仕上げられるものに対してずつと気を遣つてゐられるのなら、Masquerade だつてさうやつて作れるはずなのだ。
なにしろ、ぼんやりである。
しかも、うつかりだ。
さらには気がきかない。
ゆゑに、リングの大きさはおろかピコの大きささへそろはない。
今回作つた Tabatha は左右のリングの大きさがなかなかそろはず、といふよりは、気がついたらそろつてゐなかつた。
作つてゐる途中では対応するリング同士は大きさをそろへて作つたつもりだつたにも関はらず、だ。
なんだかがつくりだが、これにこりずにまた Tabatha Bookmark は作りたい。

しばらくは自宅でもちまちまタティングレースの栞を作るのではないかと思つてゐる。
使はないかもしれないけどな。

|

« 湿度の高いときに向いたものとは | Main | うつくし過ぎるペン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35084/65695261

Listed below are links to weblogs that reference Something Small:

« 湿度の高いときに向いたものとは | Main | うつくし過ぎるペン »