« 映画の予告は直前過ぎて | Main | 山には行かぬそんな日に »

Thursday, 10 August 2017

対句と娯楽性

先日、池袋の新文芸坐で「激動の昭和史 沖縄決戦(以下「沖縄決戦」)を見てきた。
その後、Twitter でおもしろいつぶやきを見かけた。

https://twitter.com/TOKYOMEGAFORCE/status/894608388193001472

ギャルゲーかあ。
ところも池袋である。
駅にはいはゆる「乙女ゲーム(「ギャルゲー」といふことばは苦手なのでここではこれでゆきたい)」のポスターが何枚も貼られてゐる。

先日、おなじく新文芸坐で「ゴジラ」を見たときに「これ、そのまま宝塚歌劇団で舞台になるぢやん」と思つたことは、間違つてゐなかつたのかもしれない。
このつぶやきを見てさう思つた。

「ゴジラ」を宝塚歌劇団で上演するとしたら、宝田明がトップ、平田昭彦が二番手、河内桃子が娘役だ。最近はあまり「三番手」とはいはないのかもしれないが、堺左千夫が三番手。
完璧ぢやあないか。
肝心のゴジラは、舞台で表現するなら音響とシルエットとで登場させてはどうか。

「ゴジラ」を見て「宝塚」を連想した所以は、河内桃子の佇まひにある。
宝塚歌劇団の娘役を彷彿とさせるやうないでたち、立ち居振る舞ひなのだ。
さう思ふやつがれの脳裡にある「宝塚の娘役」はたぶんに古いタイプなのだらうとは思ふ。
でもああいふ清楚で可憐でしつかりしてゐて、くるりとふり返つたときのスカートの裾のふんわりとした動きとか、なんかもう「宝塚の娘役」なのだつた。

平田昭彦演じる芹沢博士なんか、二番手時代の一路真輝で見てみたかつたなー、とかさ。

「沖縄決戦」についていふと、人物の対比がおもしろい。
丹波哲郎と仲代達矢とがさうだし。
浜村純と神山繁ともさう。一緒には出ないけどね。
加山雄三と岸田森。
天本英世と滝口裕介。
酒井和歌子と丘ゆり子。
比べる相手が間違つてゐる?
それもあるかもしれないけれど、やつがれはさう受け取つてゐる。

「ゴジラ」も宝田明と平田昭彦、志村喬と平田昭彦、といふ対比で見ることもある。

かういふ「対句」な感じが重たい内容でもエンターテインメント性を感じさせる作品にしてゐるのではあるまいか。
古くは六条御息所と夕顔とかさ。

自分の中でまだうまくまとまつてゐないな。
もうちよつと考へてみん。

|

« 映画の予告は直前過ぎて | Main | 山には行かぬそんな日に »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 対句と娯楽性:

« 映画の予告は直前過ぎて | Main | 山には行かぬそんな日に »