« 「人形劇三国志」の音入れ | Main | タティングレースで作りたいもの »

Monday, 24 July 2017

Helix Scarf を編む

パピーのピマデニムで編んでゐる Helix Scarf はぼちぼち進んでゐる。

Helix Scarf は編み進むにつれどんどんフリフリになつていく。
両端で引き返し編みをして編み地が増えるので、フリルのやうになるといふ寸法だ。

編みはじめたばかりのころは、そんなにフリフリしない。
編み進むにつれどんどんフリフリしてきて、「ほんたうにこれを使ふのだらうか」とちよつと途方にくれる。
デニム地のやうな編み地になるので、そんなに可愛くなりすぎはしないかな。

Helix Scarf は、しかし、編んでゐて楽しい。
ここ、重要だ。
最初のうちは引き返し編みといはうか、wrap & turn に慣れなかつた。
主な成分が羊毛の糸でなら何度もやつてきたが、綿100%の糸でははじめてだ。
思つたよりも wrap した糸をすくひとつて編むのが大変だつた。
糸の伸びが悪いからだらう。
「……これはもう編み進めることはできないかもしれない」と一瞬思つた。
でも続いてゐる。
慣れたんだな。
wrap した糸をすくふときにちよつと手間取るのは変はられないけれど、それはさういふものと認識できるやうになつたのらしい。

大変であたりまへと思へる技とさうでない技とがある。
編み込み模様で糸を二本指にかけて編むといふのがどうにも苦手でな。
くつ下を二足、手袋を二つほど編んだけれど一向に慣れない。
編み込み模様で編みたいものはいくらもあるんだけどなあ。
いくつもいくつもつづけて編まないと慣れないのかもしれない。

Helix Scarf はガーター編みなので、端糸の始末も編み進めながらできるところがいいといふのもある。
ガーター編み、いいよね。
この前も Koigu の糸で Domino Knitting にしたものを見て、きつちりそろつた編み目にうつとりしたものだつた。
自分で編むとかうはならないんだよなあ。
ガーター編みにしても鹿の子編みにしても。
どちらも好きなんだけれども。
以前はメリヤス編みの編み地が好きだつたが、最近はガーター編みとか鹿の子編みとか、あるいはテクスチュアつぽい編み方にも心惹かれてゐる。

今年はヴェストを編みたいなあ。
その前に袖なし羽織を仕上げないと、か。
これもガーター編みなのだつた。
編み地はまだそろはない。

|

« 「人形劇三国志」の音入れ | Main | タティングレースで作りたいもの »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35084/65574268

Listed below are links to weblogs that reference Helix Scarf を編む:

« 「人形劇三国志」の音入れ | Main | タティングレースで作りたいもの »