« 人形劇三国志DVD鑑賞会 | Main | 6月の読書メーター »

Friday, 30 June 2017

弾正考

お浄瑠璃やお芝居に出て来る「弾正」といふ名前の人はたいてい悪役と相場がきまつてゐる。

やつがれの知る範囲では「毛抜」の粂寺弾正がいい人(といふか悪い人ではない)で、あとはみんな悪い。
仁木弾正とか。
微塵弾正とか。
剣沢弾正とか。

といふやうなことをつぶやいたところ、「弾正といふのは正を弾くから悪い人だ」といふ説明を頂戴した。
それは如何にも悪さうだ。

例によつて根拠のない話で恐縮だが、以下はやつがれの想像した「弾正=悪人説」の所以である。

ひとつには、音が悪さうだから、だ。
やまとことばのうち、最初が濁点ではじまることばでいい意味を持つものは少ない。
いまぱつとあげることができなくて申し訳ないくらゐである。
しかも「だ」ときて「じ」だ。
悪さうな音がするでせう。
「大膳」といふ名を持つ人物にも悪役が多いことを考へると、そんなに間違つてもゐないんぢやないかと手前味噌ながら思ふ。

ほかに、弾正といふ役職が理由なのではないかとも思つてゐる。

弾ずるには、人の罪を責めただすといふ意味がある、と辞書にはある。
弾正といふのは弾正台といつて、犯罪などを取り締まつた警察機関だつた、ともある。

だからぢやあるまいか。
弾正といふ名を持つ人物を悪役に据ゑるのは。

時代劇の必殺シリーズを見てゐると、奉行所のお役人にはとんでもない人が多い。
仕掛けられたり仕置きされたり仕事されたり、つまりは、悪い人だから退治してくれ、と云はれてしまふ、そんな役人がたくさん出て来る。

「新・必殺仕置人」の与力陣を見てみやう。
岸田森にはじまつて、筆頭与力が今井健二、そのほか辻萬朝、西山辰夫ときて、とどめが清水紘治である。
どんな妖魔の巣窟だよ、といひたいやうな顔ぶれだ。
奉行所のお役人といふものは、とくに与力なんてものは、そんな存在なんだよ。
さういつてゐるかのやうだ。

皮肉だよね。
諷刺なのかもしれない。

弾正といふ名を持つ、すなはち(名前だけだけど)その役職にある人が悪役であるといふのと、必殺シリーズの奉行所の役人が悪人であるのとは、理由はおなじなのではあるまいか。

え、考へ過ぎ?
うん、まあ、さうかもしれないな。

|

« 人形劇三国志DVD鑑賞会 | Main | 6月の読書メーター »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 弾正考:

« 人形劇三国志DVD鑑賞会 | Main | 6月の読書メーター »