« 弁慶上使考 | Main | 弾正考 »

Thursday, 29 June 2017

人形劇三国志DVD鑑賞会

六月二十五日(日)、パラセリゾーツ横浜関内店で開催された人形劇三国志DVD鑑賞会に参加した。

主催者三名と人形操演の船塚洋子さん、それに参加者五名の計九名があつまつた。
鑑賞する回は二つ、第十七回「決死の千里行」と第三十三回「赤壁の戦い」だつた。

パセラリゾーツはカラオケのお店で、DVD&ブルーレイ鑑賞パックといふサーヴィスを提供してゐる。
今回の上映会はこの鑑賞パックを利用したものだつた。

初対面同士も多い中、まづは自己紹介を、といふところで、いきなり運ばれてきたのがハニトーことハニートーストである。

Honey Toasts

鑑賞パックにはハニトーが二つとソフトドリンク飲み放題がついてくる。
すばらしい手際でトーストを切り分けてくださつた方々、ありがたうございます。

無事ハニトーも切り分けて、ひととほり自己紹介もして、いざDVD鑑賞を、といふところで機材に不具合が生じ、主催者の方とお店の方が大奮闘してくだすつて、なんとか上映にこぎつけることができた。

その間、船塚さんが持つてきてくだすつた「三国志百態」や「人形歴史スペクタクル 平家物語」の脚本、香盤表などを拝見する。
脚本や香盤表自体も興味深く、また書き込まれたメモもおもしろい。
脚本には要所要所に位置取りの図が描かれてゐた。
香盤表は、「ひとりでこんなにたくさん演じるのか!」と驚くやら感動するやら、だ。
昨日、NHK-BSで「プリンプリン物語」に関する番組を放映してゐたらしく、ひとりの声優がいくつも役を演じてゐたことをTwitterにつぶやいてゐる人々がゐた。
人形操演もすごいぞー。
セリフはなくても登場はしないといけない人物がゐる分、人形操演の方がずつと数は多からう。

DVD上映中も、船塚さんからいろいろとお話をうかがうことができた。
主催者の方がTwitterでつぶやいてらしたやうに、「決死の千里行」の沂水関を守る卞喜を遣つてゐたのは張飛を遣つてゐたのとおなじ方、とかね。
赤兎をたたくときのやうすが張飛とそつくりなのだ。
さうやつて見ていくとどなたがどの人形を遣つてゐるのか、わかるやうになつたりするのかもしれない。

この回はかなり笑いを誘う場面も多く、見ているみんなで笑いながら見るのも楽しかつたなぁ。

「決死の千里行」と「赤壁の戦い」との合間に、船塚さんの持つてきてくだすつた「平家物語」のDVDに入つてゐる撮影のやうすも見ることができた。
おそらくNHKで放映したものと思はれる。
「平家物語」のDVDも買はう。

「赤壁の戦い」になると見入る時間が増える。
上映回の選択もすばらしかつたと思ふ。

最後に船塚さんへの質問コーナーがあつて、上映会はお開きといふことになつた。
三時間、あつといふ間でしたね。

このあと鈴本演芸場に行き、「ウルトラセブン落語会」で柳家喬太郎が「セブン段目」といふ落語の「七段目」をアレンジした噺を聞いた。
大店の若旦那がウルトラセブンが好きで好きで、今日も仲間とDVD上映会をしてきた、といふ。
「みんなでわいわい見るのが楽しいんだよなあ」といふセリフに「そのとほりだよなー」と、つひさつきまでの楽しい時間を思ひ出すことだつた。

主催者の方々、ご参加のみなさま、そして船塚洋子さんにはなんと御礼申し上げたものやらわからない。
ありがたうございます。

次回は九月二日に開催する予定ださうである。
ご興味のある向きには是非参加を検討されたい。

|

« 弁慶上使考 | Main | 弾正考 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 人形劇三国志DVD鑑賞会:

« 弁慶上使考 | Main | 弾正考 »