« 努力をしない云ひわけ | Main | 出不精なのにノマド向きのものを好むわけ »

Monday, 20 February 2017

速く編めるやうになりたいか

袖なし羽織をちまちまと編んでゐる。

ストールのやうなサイズなので「ちまちま」といふ感じでもないのだが、やつてることはちまちましたことだ。

ギネスブックで世界一速く編めると認定されてゐる人の編んでゐるやうすを YouTube で見たことがある。
一目を編む動作がひとつに見える。

自分の場合は、一目を編む動作はふたつかな。
1. 針を編み目にとほして糸をひつかける
2. 糸をかけたまま針を編み目から引き出す

人によつては1.の動作がふたつになつて、全部でみつつといふ場合もあるかもしれない。

どうしたらこの動作をひとつに感じられるやうにできるのだらうか。
これができたらもつと速く編めると思ふんだよね。

速く編みたいのか。
そこはちよつと問題ではある。
速く編めるにこしたことはない。
速く編めればそれだけ多く編むことができる。
その一方で「速く編むことが目的ぢやないでせう」といふ話もある。

「Domino Knitting」に書いてあることばだ。
ドミノ編みは時間のかかる編み方である。
でもそれがなんだといふのか。
楽しむために編んでゐるんでせう。
だつたらいいぢやない。

かつては、あみものが生活を支へてゐることもあつた。
以前職場にゐた人の話に聞いた。
その人の親戚は米国に移住してゐて、家計の一部をかぎ針編みで支へてゐる、といふことだつた。
なぜかぎ針編みなのかといふと、棒針編みだと機会で編んだものと違ひがわからないからだといふことだつた。
親戚の人々は、ものすごく速く編むのださうだ。

編んでいくうちに自然と手は速く動くやうになる。
さういふ速さならいい。
速くならうとして速くなるのは、なんか違ふ気がする。
スポーツぢやないわけだしさ。

とはいへ、袖なし羽織を作るには、もつと速く編めたらいいのになあと思はずにはゐられないことも確かなのだつた。

|

« 努力をしない云ひわけ | Main | 出不精なのにノマド向きのものを好むわけ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35084/64917264

Listed below are links to weblogs that reference 速く編めるやうになりたいか:

« 努力をしない云ひわけ | Main | 出不精なのにノマド向きのものを好むわけ »