« 野望しかない | Main | Tracker はラジオ体操のスタンプの如きものか »

Wednesday, 04 January 2017

消極的「ら抜きことば」の使用

いはゆる「ら抜きことば」は遣はない。
すくなくとも遣はないやうにしてゐる。
でも、気がつくと本来正しい用法であるはずの「ら」の入つてゐることばも遣はなくつてゐる。

たとへば、どうしても見たかつたTV番組を見損ねてしまつたときだ。

「あの番組、見られなかつたんだよね」

これでいいはずだ。
でも、多分、いまのやつがれはさうは云はない。

「あの番組、見ることができなかつたんだよね」

さう云ふ。
おそらくさう云ふ。
「見ることがかなはなかつた」といふ意味で遣ふ「見られなかつた」といふことばは、ここのところ耳にしないし目にしないことばだからだ。
耳慣れないことばなのだ。
ゆゑに使用を躊躇してしまふ。

これつて、消極的な「「ら抜きことば」の使用」なんぢやあるまいか。

それなら意識して「見られなかつた」とか「着られなかつた」といふべきなのか。
意識してならなんとかなる。
でも、普段喋つてゐるときに早々意識などしてゐられるものではない。
親しい人々と話に興じてゐるうちに、うつかり「あの人は用事があつて来ることができなかつた」と云つてゐる可能性は極めて高い。
だつて「あの人は用事があつて来られなかつた」なんて表現、長いこと耳にしてゐないんだもの。
しかし、このまま「来られなかつた」を遣はなくなつたら、ますますかうした表現と縁遠くなつてしまふ。

積極的に「ら抜きことば」を遣ふ日が来る日も近いのかもしれない。

|

« 野望しかない | Main | Tracker はラジオ体操のスタンプの如きものか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 消極的「ら抜きことば」の使用:

« 野望しかない | Main | Tracker はラジオ体操のスタンプの如きものか »