« 老人向け? | Main | ペンの役割 »

Tuesday, 20 December 2016

「めんどくさい」といふ行動原理

Masquerade

写真はタティングレースのモチーフを六枚つないだところ。
現在は七枚目を作つてゐる最中だ。

念のため書いておかう。
このモチーフは Mary Konior の Tatting with Visual Patterns に掲載されてゐる Masquerade といふモチーフだ。
糸は Lisbeth #40 の Lavender Dk を遣つてゐる。

なにを云つてもこの色がくどいんだね、少々。
「濃い」のは好きなんだよ。
役者にしても芝居にしても「濃い」のはOK。
先日、先代の松本幸四郎の「鬼平犯科帳」を見てゐたら、草野大悟と藤岡重慶とが一緒に出てくる場面があつて(「狐火」ですな)、その濃いことといつたら。
「いいわー、濃いぃわー」と思はずつぶやくこと一度ならず。
でも「くどい」のはダメ。
敢へて例は出さないけど、「くどい」のは苦手。
やつがれ自身がくどい質だから同族嫌悪なのだな。かなしいことに。

いい色なんだけどね。
以前も書いたとほり、日の光にあたるとちよつときらきらして、いい感じになる。
でもかういふ色を遣つてゐると、もつとあつさりした色や、いつそのことレースらしく白とか生成とかを遣ひたくなつてくるのが人情だ。

とはいへ、いまはこれ以外のことに手をつけてゐる暇はない。
タティングレースなんぞをしてゐる暇があるのなら、部屋を片づけたり年賀状を書いたりするべきだ。

年賀状は、夕べやつと年賀はがきを買つたところである。
買つただけで満足してしまひがちだ。
書いて出さないといけないのに。
購入しただけで「オレはやつたぜオレはやつたぜ」と佐々木倫子の「動物のお医者さん」に出てきたシベリアン・ハスキーのシーザーのやうに盛り上がつてしまふ。
そして、忘れる。
意図的に忘れることもある。
意図的に忘れるなら、年賀状のあることを意識してゐるのだからまだいい。
はがきを買つただけで満足して、書いて出すといふ行為自体を忘れ去つてしまふこともある。

ああ、なぜ年賀状を出さないといけないのでせう。
もう出さないことにしやうかな、と思ふこともある。
なぜといつて、めんどくさいからだね。

今年、いつだつたか「行動原理から「めんどくさい」を取り除かう」と思つたときがある。
いつだつたかはもうも忘れてしまつた。
手帳に書いたはずだから、探せば出てくるだらう。
でも探さない。
いまかうして書いたから、検索すれば出てくるやうになる。
それでいいかな、と。

こんな感じで来年も「めんどくさい」を行動原理からはづせぬままに生きるのだらうなあ。

え、タティングレースはめんどくさくないのかつて?
めんどくさいと思ふこともないわけぢやない。
さういふときはしない。
さういふもんでせう。

|

« 老人向け? | Main | ペンの役割 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「めんどくさい」といふ行動原理:

« 老人向け? | Main | ペンの役割 »