« ラジオ講座とあみもの | Main | 先代の幸四郎の「鬼平犯科帳」を見てゐる »

Tuesday, 29 November 2016

日輪の輝きを受けて

Masquerade in Progress

タティングレースのモチーフの二枚目を作つて一枚目とつないだ。

Mary Konior の Tatting with Visual Patterns に掲載されてゐる Masquerade といふモチーフだ。
四枚つなぐと、モチーフにはない模様が浮かびあがつてくるのが楽しい。なかなかそこまでたどりつきさうにはないけどね。

タティングレースが進んでゐるのは、昼休みのあいた時間に結んでゐるからだ。
「この時間にはこれをする」と決めるとわづかながらでも進むものである。

Masquerade に使用してゐる Lisbeth #40 の Lavender Dk は何年も前に購入したものだ。
ずつと眠らせたままだつた。
どんな色なのか試しに買つてみたものの、さて、ではなにを作つたものか知らん、といふのでしまひ込んで幾星霜。
モチーフを作つてみてもいいけれど、さうすると中途半端に糸が減るのがイヤでね。

自分の好みからいふとちよつとどぎつい感じのする色かなと思ふ。
その一方で、日の光があたつたときにきらきらする感じは悪くない。
レース糸つて、ときどきさういふの、あるよね。
日光の下で見ると、輝いて見えるやうな糸。
この糸もそんな感じの糸だ。

そんなわけで、明るい時間帯に結んでゐるといふのも進む理由なのかもしれない。

|

« ラジオ講座とあみもの | Main | 先代の幸四郎の「鬼平犯科帳」を見てゐる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日輪の輝きを受けて:

« ラジオ講座とあみもの | Main | 先代の幸四郎の「鬼平犯科帳」を見てゐる »