« 単に気分が沈んでゐるだけ | Main | こんなかばんが好き »

Wednesday, 09 November 2016

影響受け過ぎ

「火星年代記」を読み始めた。

きつかけは、「敵は海賊 短編版」を読んだことだ。すこし前に「太陽の黄金の林檎」を読んだこともある。
「敵は海賊」には火星がよく出てくる。
それで「火星年代記」を読み返したくなつてしまつた。

「敵は海賊 短編版」を読まうと思つたきつかけは、TVドラマの「逃げるは恥だが役に立つ」を見たことだつた。
登場人物に「津崎」といふ名字の人がゐる。
ツザキ。
「敵は海賊」でせう。

「逃げるは恥だが役に立つ」を見てゐるのは、録画機が勝手に録画してゐたからだ。
古田新太が出てゐると率先して録画してくれる。ときどき逃すこともあるけれど、TVドラマについてはそこそこいい確率で録画してゐる。
「警視庁 ナシゴレン課」もとつておいてくれてゐる。

「太陽の黄金の林檎」を読んだのは、「シン・ゴジラ」を見たからだつた。
なんとなく「霧笛」を思ひ出したからだ。といふ話は、ここにも書いた。

「太陽の黄金の林檎」を読んで、レイ・ブラッドベリをもうちよつと読み返してみたいと思つたし、「敵は海賊」もその他の本を読み返したい。
「敵は海賊 短編版」には戦闘妖精雪風が出てくる話も掲載されてゐて、さうなると当然雪風も読みたくなる。
あちこち派生しすぎて、収拾がつかなくなつてゐる。

どうするのがよいのだらうか。
ブラッドベリを読みたいと思つたら、ひたすらブラッドベリを読んだ方がいいのか。

どうも、ひとつのことに集中することができない。
きつと、ブラッドベリを読みたいといふ気持ちも「敵は海賊」シリーズを読みたいといふ気持ちも、そのうち消へてしまふ。

それはそれでいいのかな。
その瞬間瞬間の好きずきで。
別に研究家といふわけでなし。

実をいふと「七胴落とし」も読みたい。
もともと「敵は海賊」は「七胴落とし」に入つてゐた。
「七胴落とし」が新版になつた際、「敵は海賊」をはぶいてほかの短編を追加したのだといふ話を聞いた。
それで「敵は海賊 短編版」を入手したわけだけれど、それはそれで「七胴落とし」も読みたい。

かうしてゐるあひだにも読めばいいのか。
さうかなさうかも。

|

« 単に気分が沈んでゐるだけ | Main | こんなかばんが好き »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 影響受け過ぎ:

« 単に気分が沈んでゐるだけ | Main | こんなかばんが好き »