« 映画、見に行く? | Main | すべり目の模様をきれいに編みたい »

Friday, 04 November 2016

甘えんぼ

先週の月曜日のこと、職場に着いてもなにも手に着かない。
いつものことなんだけれども、なぜだか心がひどくしづんでしまひ(それもいつものことではあるが)、なにもできない状態だつた。
いつもは「なにもしたくない」状態で、「できない」と思ふことはない。

なぜだらうと考へて、もうこの世に平幹二朗が存在しないと知つてしまつたからだなあ、としみじみ思つたことだつた。

そんなに好きといふわけではなかつた。
追ひかけてもゐなかつた。
それでも、訃報を聞けばショックを起こすくらゐには好きだつたわけだ。

「篤姫」を第一話しか見てゐない所以は、第一話で平幹二朗演じる家老が死んでしまつたからだ。
平幹二朗を出しておきながらもう出ることのない(回想場面では出るかもしれないけど)大河ドラマなんて、見る価値がない。
それくらゐは好きだつた。

あんまりにもなにもできる気にならないので、その日、小林正樹監督作品「切腹」を見に行つた。
平幹二朗は出てはゐないが、俳優の死のショックから立ち直るには、なにか優れた芝居・映画・ドラマを見るしかない。
さう思つたからだ。

正解だつた。
「切腹」を見て元気になるつてなにかがとつても違ふ気がするけれど、でも、ちよつと気分を持ち直した。
「切腹」、おもしろいよね。
主題は重たいけれど、エンタテインメントとして楽しく(といつたら語弊があるかもしれないが)見られる。

「切腹」については双方の甘えが原因と思つてゐる。
おなじ武士だもの、云はなくたつてわかつてくれる。云はなくたつて、武士とはかうしたものだらう?
さういふ互ひの思ひ込み、もつといへば甘えがああした事件を生んだ。
当事者たちが侍だつたから、extreme なことになつてしまつた。
それだけのことだ。

なので、「侍としてのあり方の非情さ」とかはあまり感じない。
「云はなくてもわかつてくれる。おなじ人間だもの」といふのは侍でなくても持つてゐるものだからだ。

それにしても平幹二朗の訃報はショックだつた。
生きてゐて好きな俳優がまたゐなくなつてしまつた。
「ま、まだあの人が生きてるもんね」とか「あの人も存命だ」とか、一生懸命指折つて数へちやつたよ。
あまりにもショックで。

そんなことはあんまり口にしたりしないから、全然通じてないんだらうけどね。

|

« 映画、見に行く? | Main | すべり目の模様をきれいに編みたい »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 甘えんぼ:

« 映画、見に行く? | Main | すべり目の模様をきれいに編みたい »