« 得体が知れない | Main | 理想の言葉遣ひがない »

Wednesday, 02 November 2016

2016年10月の読書メーター

2016年10月の読書メーター
読んだ本の数:1冊
読んだページ数:912ページ
ナイス数:10ナイス

The Mists of AvalonThe Mists of Avalon感想
登場人物が軒並み親からの愛情が薄かつたり望まぬ結婚に不満があつたり不幸だつたりしてつらいのに、なぜかガンガン読み進めてしまふ。アーサー王伝説ものだから? 理由はそればかりではないだらう。キリスト教徒の頑迷さにはほとほと嫌気がさすけれど、でも最後には主人公も悟るといふか開眼する、んだよな。多分。時折モンティ・パイソンの「ホーリー・グレイル」を思ひ出してしまふのはやつがれのせゐなので仕方がない。
読了日:10月28日 著者:MarionZimmerBradley

読書メーター

|

« 得体が知れない | Main | 理想の言葉遣ひがない »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2016年10月の読書メーター:

« 得体が知れない | Main | 理想の言葉遣ひがない »