« Born to Be Blue Black | Main | モチーフかエジングか »

Monday, 17 October 2016

伸縮性のある伏せどめ

Sock in Progress

あひかはらずくつ下を編んでゐる。
パターンは Twisted Tweed Socks (Rav) だ。

片方編めたので、即もう片方にも着手した。
つま先から編みはじめたので、伏せどめをどうしやうか悩んでゐた。
通常なら一目ゴム編みか二目ゴム編みなのでゴム編みの止め方を用ゐる。
今回は三目ゴム編みなのだつた。
模様の関係でさうなつてゐる。
二目ゴム編みにしてもよかつたかな、とは思ふ。
編み方通りに編むか変更してしまふかは悩むところだ。
一度は書いてあるとほりに編まう。
大抵はさう思ふ。
変へるなら二度めからでいい。
二度めがあるなら、だけれども。

たぶん、このくつ下は一度しか編まない。だつたら書いてあるとほりに編むことにしやう。
さう思ひつつ、「でも書いてあるとほりに編むとかかとが大きくなりさうだよなー」と思ふこともある。

今回は書いてあるとほりに編んだ。
伏せどめには、Jenny's surpisingly stretchy bind off を用ゐた。
このやり方は以前も使つたことがあつて、とても伸縮性に富んでゐてよかつた記憶がある。
そのときに「今後もこの止め方を使はう」と思つてゐて、すつかり編み方を忘れてゐた。
基本的には、かけ目をして次の目をかけ目で伏せて、次も同様にかけ目をして次の目をかけ目で伏せて、最初にかけ目で伏せた目で次の目を伏せる、といふやり方だ。
表目のときはかけ目の糸をかけるときに普段と反対方向にかける。
これだけだ。
それでこんなに広がるんだよね。おどろき。

Sock in Progress

やつぱり今後もこの止め方は使つていきたい。
覚えてゐれば、だけど。

くつ下を編みながら、例によつて袖無し羽織についても考へてゐる。
いまは普通に編むかバイアスに編むかを考へてゐるところだ。
普通に編むんぢやないかな。
そんな気がしてゐる。

一方で、くつ下毛糸を増やしてしまつた。
この秋冬は毛糸は増やさないつもりでゐたのだがなあ。
一玉でくつ下を編んで、のこりの二玉はなにか別のものを編むつもりでゐる。

Sock in Progress

|

« Born to Be Blue Black | Main | モチーフかエジングか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35084/64360426

Listed below are links to weblogs that reference 伸縮性のある伏せどめ:

« Born to Be Blue Black | Main | モチーフかエジングか »