« くつ下を編んだり履いたり | Main | 三十七年は一昔 »

Tuesday, 11 October 2016

タティングレースのネクタイ

Tatted Necktie

タティングレースのネクタイを整形してみた。

Jan Stawasz の「Tatting Treasures」に出てゐるネクタイを DMC Cebelia #20 で作つた。

整形するときにピンは打たなかつた。広げて気になるところを手でのばしただけ。
ゆゑにだらしない部分もある。
でも糊付けするとカビが生えやすいしさ。
ピンを使はなくてもある程度はのびるし。
使つてゐたら皺も寄るわけでね。

云ひわけである。
ピンを打つのがめんどくさいだけだ。
方眼罫の上で整形するわけでもないしね。
ちいさいモチーフを九つつないだ菱形部分の真ん中のモチーフの周囲がきれいに円になるやうに整形できてゐるから、それでいいかな、といふ気もしてゐる。

整形のときにピンを打つのは、作つてゐる最中にどうにも波打つて仕方がないときだ。
波打つても手でのばせば大抵の場合はなんとかなる。
どうにもならないときに仕方なくピンのお世話になる。

ほんたうは、整形するときは方眼罫の上でピンをきちんと打つものだ。
わかつてゐてなぜできないのか。
できないのに「タティングレースをたしなみます」と公言してもいいのか。
いけない。
整形が終はつてはじめてレースはできあがる。

さうか。
やはり、やつがれにはタティングレースはムリか。

整形をきちんとするやうにするには、ちいさいものから作るのがいいのかな。
さうするとやはり栞かな。
今朝、即糸を巻けさうなタティングシャトルを並べてみて、そんなことを考へてゐた。
整形するときにはちやんとピンを打つことにして、さ。

と、書いておけばするだらうか。
しないやうな気もしてゐる。

ところでこのネクタイを使ふ場面を思ひつかない。
お蔵入りかな。
だとしたら、糊付けしなかつたのはやはり卓見だつたのかもしれないな。
自分で云ふのもなんだけど。

|

« くつ下を編んだり履いたり | Main | 三十七年は一昔 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference タティングレースのネクタイ:

« くつ下を編んだり履いたり | Main | 三十七年は一昔 »