« 惰性からの脱出計画 | Main | 2016年9月の読書メーター »

Friday, 30 September 2016

好きなものごとを書く

好きなことを書くと気分がよくなる。
つひ最近、そのことに気がついた。

考へてみれば去年劇団☆新感線の「五右衛門VS轟天」について覚えてゐることをありつたけノートに書き出してゐたときの昂揚感たるや。
千穐楽を迎へて「五右衛門VS轟天」ロスに陥るかと思ひきや、ずつとハイな状態がつづいてゐた。
さみしさは、書き終はつたときにやつてきた。
もう、書くことがない。
書いたことを見ながら思ひ出したことは書けるけれど、そんなのはたいした量ぢやない。
量も必要なんだな、気分をあげるには。

そんなわけで、ここのところこの blog にもできるだけ意識して好きなことについて書いてきた。
そのつもりだ。
「ウルトラ仲蔵」の話なんかは、もう書かずにゐられない感じだつたし、「じーんず屋ようこたん」もさう。

でも、ほんたうに好きなものについては、どうにも書けない。
直接書かうとしてうまく書けないから、どうしても搦手から書くことになる。
さうすると、なにがなんだかわからなくなつちやふんだよねー。

先日、國學院大學で川本喜八郎の「死者の書」を見てきた。
以前も書いた大伴家持のセリフに「この世を動かすのはあきらめない人間なのかも知れない」といふのがある。
世の中を動かしてゐるのは、好きを好きと正直に云へる人なのかも知れない。
「なのも知れない」ぢやなくて、さうなんだらう。

この世を動かせない、この世を変はられないのに、なにを書くのか。
思ひきつて、書けないことを書いてみるか。

書けるかなぁ。

|

« 惰性からの脱出計画 | Main | 2016年9月の読書メーター »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 好きなものごとを書く:

« 惰性からの脱出計画 | Main | 2016年9月の読書メーター »