« Lacy Baktus in Progress 2016 夏 | Main | 昼行灯考 »

Tuesday, 16 August 2016

内と外との棲み分け

タティングレースのネクタイは、すこし停滞気味ながら進んでゐる。

停滞気味な所以は、先週は木曜金曜と休みをとつたからだ。
やつがれにしてはめづらしいことである。
毎年、世間がお盆休みの時期には出勤することにしてゐる。
電車がすいてゐるし、職場も閑散としてゐるからだ。
もつといふと、職場には「お盆休み」といふものがないからだ。
今年はおなじ部屋に忙しく働いてゐる人々がゐて、なんとなく気忙しい。
それに、いまゐる部屋はそんなに涼しくない。夕方も早い時間に冷房が切れるしな。
そんなわけで、有給休暇を取ることにした。

休んで家にゐるんだからそのあひだにタティングすればいいのに。
さう思ふ向きもあらう。
やつがれもさう思ふ。

この休みは Lacy Baktus ばかり編んでゐた。
最近、家ではあみもの、外ではタティングレースといふ棲み分けができてゐる。
単に持ち歩きやすいものは外で、といふ図式だ。

以前はあみもの道具もよく持ち歩いてゐた。
トートバッグに入れて、いつでも取り出せるやうになつてゐた。
定期券を買ふ列に並んでゐるあひだに編んだり、発車を待つその駅始発の電車の中で編んだり、人を待つあひだ駅のベンチで編んだりした。
当時もタティングはしてゐたから、タティング道具を持ち歩くこともあつたと思ふのだが、あまり記憶にない。
タティングレースよりもあみものの方が世間に知られてゐるので、奇異の目で見られることが少ないからあみものをしてゐた、といふ話もある。
逆に、知られてゐないからタティングレースだとはふつておいてもらへる、といふこともあつた。
そこのところは一長一短だ。

タティングレースは大きくなつてくると外で作るのはむづかしくなつてくるしね。
白や生成の糸となればなほさらだ。
汚れるからね。
そこでモチーフつなぎの達人なんかは、外ではモチーフ単体を作り、家では作つたモチーフをつなぐ、なんてなことをするのだらうが、生憎とやつがれはモチーフつなぎが苦手である。
好きなんだけどなあ。
どうも、モチーフつなぎはあみものにせよタティングにせよ、きちんと完成できることがあまりない。
タティングレースだと特に、「本ではもつとつなぐことになつてるけど、まあこのあたりでいいか」と勝手に小さくしてしまふことが多い。

ほんとはいいなあと思つてゐるんだけどね。
外ではモチーフを作りため、家では作りためたモチーフをつなぎつづける。
理想的な作業仕分けだ。

ネクタイもだんだん長くなつてきて、外で作るのにはあまりむかなくなつてきたやうにも思ふ。
ただ、前回も書いたやうにジャボのやうな使ひ方を想定してゐるので、そんなに長くはしないつもりだ。
なんとか外出用として作りつづけることができるんぢやないかな。

そんなこと考へるんだつたら家で作れよ、とは、もちろん思はないわけではないが。

|

« Lacy Baktus in Progress 2016 夏 | Main | 昼行灯考 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 内と外との棲み分け:

« Lacy Baktus in Progress 2016 夏 | Main | 昼行灯考 »