« 死んでゐるかしら | Main | 近頃手帳に書くことは »

Tuesday, 12 July 2016

かんたんなモチーフほど進まないわけ

Tatted Necktie in Progress

タティングレースのネクタイは蝸牛の歩みで進んでゐる。

先週、菱形のモチーフができたといふ話を書いた。
おなじものをもうひとつ作る必要がある。
ネクタイは Jan Stawasz の Tatting Treasures に掲載されてゐるもので、作り方に従ふとさうなる。
しかし、写真だと片方の菱形はちよつと小さいんだな。
菱形とも呼べない形である。

このネクタイは、おそらくはボウタイのやうに結ぶのだらう。
さう思つてゐるのだが。
かるく一度結ぶだけといふ使ひ方も想定してゐるのかもしれない。
かるく一度結んで両端を垂れるだけなら、左右非対称の方がおもしろさうだ。
でもボウタイにするなら左右対称の方がいいんぢやないかなあ。

めんどくさいので、おなじ形にするつもりでゐる。
かるく一度結んで両端を垂れるにしても、左右対称でもいいぢやあないか。
さうも思ふ。

進みが遅いわけは、モチーフがかんたんにできるものだからだらう。
内側に六つのリング、外側に六つのチェインのよくある花のモチーフだ。
ロゼッタモチーフなどと呼ばれることもある。

かんたんなのに遅くなるとは如何に。
矛盾するぢやあないか。
さういふ向きもあるかとは思ふ。

かんたんにできるといふことは、作り始めから糸端の始末までにかかる時間が短いといふことだ。
作り始めの magic thread を縫ひ込むところから糸端の始末までのあひだの結んでゐる時間といふのはそんなに長くない。
調子のでてきたところで糸端の始末をしなければならなくなる。
モチーフひとつ仕上がるごとに、いつたん気持ちがとぎれてしまふ。
それでなんとなく進まないのである。

もうひとつ菱形のモチーフができてしまへば、あとは長くエジング状のパターンをくり返すばかりなので、ちよつと進みが早くなるんぢやないかな。
さう期待してゐる。
それとも糸が20番手と太いから、しよつ中糸をつぎ足さねばならなくてあまり進まないだらうか。
やつてみなければわからないか。

|

« 死んでゐるかしら | Main | 近頃手帳に書くことは »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35084/63904449

Listed below are links to weblogs that reference かんたんなモチーフほど進まないわけ:

« 死んでゐるかしら | Main | 近頃手帳に書くことは »