« 葛藤ふたたび | Main | 飯田市川本喜八郎人形美術館 三顧の礼 2016 »

Tuesday, 21 June 2016

まちよつと覚悟はしておけ

タティングレースも進んではゐない。
進んではゐないけれど、タティングはそのうちするだらうと思つてゐる。

なぜといつて、タティングレースは進んでゐない理由があきらかだからだ。

昼休みに時間がとれなかつたから。
それがここのところタティングをしてゐなかつた理由である。

五月の連休にうまいこと睡眠不足を解消できなかつたのが響いてゐるのだらう、先月からこの方毎日異様に眠くて仕方がない。
休みの日にちやんと寝るやうにすればいいのだが、それもうまくできなかつた。
そんなわけでしばらく前から昼休みのあまつた時間には目をとじてできれば眠るやうにしてゐた。

さらに前回書いたとほり先週は客先で働いてゐて昼休みに思ふやうに時間がとれなかつた。

今週も水曜日まではちよつとイレギュラーな働き方をしてゐるか木曜日からはもとにもどるはずだ。さうしたらタティングをする余裕も出てくるだらう。
時間的にも気持ち的にも。
さう思つてゐる。

考へてみたら、あみものをしてもいいんだよな、昼休みに。
さうしたらあみものが進むやうになるだらう。
以前は編みかけのものを持ち歩いてゐた。
編みかけといつて、ポットホルダーやくつ下だつたので、荷物はそれほどかさばらない。
持ち歩かなくなつたのは、おそらく荷物が多いことに耐へられなくなつたからだ。
なんといつていいのかわからないけれど、荷物が多いことにストレスを覚えるやうになつた。
それで比較的持ち歩くものが少ないタティング用品をかばんに入れるやうになつた。
あみもののときには別にかばんが必要だつたがタティングならその必要もない。

さう考へると、やつぱり持ち歩くにはタティングなのかなあ。

ネクタイは完成させたいと思つてゐるし、多分タティングは再開するだらう。

|

« 葛藤ふたたび | Main | 飯田市川本喜八郎人形美術館 三顧の礼 2016 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference まちよつと覚悟はしておけ:

« 葛藤ふたたび | Main | 飯田市川本喜八郎人形美術館 三顧の礼 2016 »