« ピマデニムの糸端は外から? 中から? | Main | 2016年5月の読書メーター »

Tuesday, 31 May 2016

しなくても死にはしない

タティングレースはまつたくなにも進んでゐない。
昼休みの残り時間に睡眠をとるやうになつてしまつたからだ。
このままやらなくなつてしまふのだらうか。

先日 Twitter の TimeLine にこんなやうな呟きが回つてきた。

世の中には、「それをせずにゐると死んでしまふ」といふ人と、「できるからする」といふ人がゐる。

この伝でいくと、やつがれのタティングレースは「できるからする」だ。
正確には「できるやうになつたからする」、だな。
タティングの基本でありすべてといつても過言ではないダブルスティッチができるやうになるまでに何日もかかつたし、その後「シャトル二つ遣ひ」の作品を作れるやうになるまで何ヶ月もかかつた、とは、ここにも何度も書いてゐる。
「シャトル二つ遣ひ」は、たまたま最初に買つた本の解説ページに「シャトル二つ遣ひ」と題してスプリットリングの作り方が載つてゐたので、勘違ひしたままで作れなかつた、といふオチがある。
別の本を買つて、はじめて「シャトル二つ遣ひ」といふのは必ずしもスプリットリングとは限らないこと、場合によつてはシャトル一つと糸玉とでできることを知るのだつた。
長かつたなあ。

そこから、ダブルスティッチの後半部分を作るときにシャトルを持ち替へなくてもいい、といふことに気がつくまでにまた何年もかかつてゐる。
気がつくまでは、シャトルを指にかけた糸にくぐらせるときに手をはなしてゐたのだつた。
時間がかかることこのうへない。
でもやつてゐた。

持ち替へなくていいことに気がついたのは、ほかの人がタティングをしてゐるのを見たときのことだ。
スピニング・パーティーに行つたをり、店番をしてゐた人がタティングをしてゐた。
それではじめて持ち替へなくてもふたつめのスティッチを作れることに気がついた、といふわけだ。
なんといふことでせう。

しかし、最初から持ち替へなくてもできることがわかつてゐたら、クロバーのシャトルからはなれられなかつたらうな、とも思ふ。
持ち替へるもの、と思つてゐたから、多少シャトルが大きからうがものともせずにタティングしてゐた。
そんなわけで GR-8 Shuttle にも出会へたわけだ。

できないなりに、こんなに時間をかけて習得してきたのだもの、タティングレースは自分に向いてゐるはずだ。
さうも思ふ。
でも別段しなくても生きていけるんだよね。
現に先週一週間は生き延びたわけだし。

六月はちよつとあちこちに行く予定がある。
道中、タティングでもしやうか知らん。
そんなことを考へてゐる。

|

« ピマデニムの糸端は外から? 中から? | Main | 2016年5月の読書メーター »

Comments

突然お邪魔します。
タティングレースをこよなく愛するものです。
手芸全般にわたり、きっと共通の話題の持ち主と思いメールさせていただいております。
死にはしない!です、が、今、とっても辛い状況で、死にそう!です。
2週間前、不覚にも転倒して、右手首を骨折してしまいました。なーんにもできない!!
日頃、手仕事をしているせいか、案外左手が使えることにびっくりするものの、この上なく不便、好きな糸も持てない、昨夜思い切って左手でかぎ針を持ってみる、鎖編みがなんとか…でも今しなくても死にはしない!と、あきらめました。
右手の休息期間にします。
タティングはマジックスレッド派ですよ。
おすすめの引き糸はビーズステッチに使うモノコードです。種類が多いですが、nymoというボビンくらいの小さな巻です。
思うようにメールのキーが進みませんので今日はこの辺で失礼します、以前の記事を楽しく読ませていただくのと、更新を待ってます。

Posted by: ちる | Friday, 17 June 2016 10:42

こんにちは。
コメント、ありがとうございます。
お怪我のせいで手仕事ができない状態はさぞかしおつらいこととお察し致します。
それを考えたら自分の状況は贅沢なんだな、と反省しております。
ビーズステッチに使う糸はよさそうですね。手芸店に行ったおりに探しみたいと思います。

Posted by: ブログ主 | Saturday, 18 June 2016 00:46

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference しなくても死にはしない:

« ピマデニムの糸端は外から? 中から? | Main | 2016年5月の読書メーター »