« アキラとマチコとモンド | Main | 「好き」に理屈をこねてみる »

Tuesday, 19 April 2016

岸裕子な色合ひでタティングしてみる

タティングレースのネックレスを作つた。

Bead Tatted Necklace

スワロフスキー#5000の6mmを入れたのだが、その周囲のスティッチが足りなくて難儀した、といふ話は先週書いたとほりである。

デザインは藤戸禎子。
糸の色やビーズの色・大きさ、スティッチの数とビーズの数となどは自分で勝手に決めた。
よつて「デザインは藤戸禎子」と書いたが、その著作にこのネックレスとおなじものは出てこないはずだ。
糸は都羽根の粉錫、ビーズはTOHOスリーカットビーズのCR508、スワロフスキーはオリーブABを使用した。

先週も書いたとほり、スワロフスキーの周囲にくるスティッチの数が足らなかつた。
ほどいてやりなほすこと一度ならず。
「これくらゐなら大丈夫かな」とやつてみると、今度は多すぎたりするんだよな、これが。
試行錯誤をくり返すのに、絹穴糸は向いてゐない。
撚りも弱くなるしうまくほどかないと毛羽立つし。
すくなくともやつがれはさう思つた。
粗忽者だからなー。

できあがつたのは当初の想定とは違ふものになつた。
予定ではスワロフスキーの周囲のスティッチにもビーズをあしらふはずだつた。
ほどいてやりなほした際、「ビーズはない方がすつきりしていいかも」といふので入れぬことにした。
これはこれでよかつたんぢやないかと思つてゐる。
今回の教訓をもとに、さらに別なものを作つてみたら、なにがしか得るものがある気がするのだが。
いまのところその予定はない。
そんなにネックレスばかり作つてどうする。
理性がさういふからだ。
また、手持ちの糸とビーズとを見比べて選ぶ時間もなかなか取れない。
新たな糸やビーズを買ひ足すのは不本意だ。

しかし、上達するには多作するしかない、といふ話もあるんだよなあ。
どんなにひどい出来でも、とにかく作る。
だいたいプロ野球の大打者だつて三割打てるかどうかなのだ。
毎回毎回うまいものができる方がどうかしてゐる。
それもそのとほりだ。
糸とビーズとは売るほどあるしね。
ちよつと考へることにしたい。

ところで、今回の色あはせには元になるイメージがあつた。
岸裕子のまんがである。
確か「別冊少女コミック」だつたと思ふ。
全三回くらゐの連載で、「薔薇の嵐」といふまんががあつた。
このまんがの扉絵のカラーが、ちやうどこんな感じだつたと記憶してゐる(間違つてゐるかもしれない)。
灰色に緑色。
登場人物の髪の色と目の色と、だつたと思ふ。
岸裕子はカラー作品に灰色を多用してゐたといふ印象がある。「玉三郎恋の狂騒曲」シリーズにも灰色の印象の強い扉絵があつたやうに思ふ。
それでゐて地味だと思つたことがない。
どこか華やかなのだつた。
それは、今回ビーズに用ゐた緑やその他の色が効果的に使はれてゐたからだらう。
岸裕子といふとあと黄色と茶色との組み合はせのカラーページを思ひ出す。あれもいい色合ひだつたなー。

といふわけで、このネックレスも「薔薇の嵐」と名前をつけてもいいのだが。
知らない人は「どこが「薔薇」でどこが「嵐」なんだよ」と思ふことだらう。
登場人物の名前をとつて「ロマネーシュ」といふのもありかな、とも思ふ。
しかし、音の響きがなんだかちよつと気恥づかしい。
やはりここは名無しの一手だらう。

|

« アキラとマチコとモンド | Main | 「好き」に理屈をこねてみる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 岸裕子な色合ひでタティングしてみる:

« アキラとマチコとモンド | Main | 「好き」に理屈をこねてみる »