« 風が吹けば | Main | 遊び過ぎ »

Wednesday, 09 March 2016

こんなだつたのか「平家物語」

角川文庫の「平家物語」を読んだ。
上巻はこどものころ読んだこども向けの「平家物語」とそんなに違はないやうに思つた。
ところが、下巻はなんだかいろいろ違ふ。

たとへば、義仲は貴族に対して「腹の皮がやぶれるほど食へ」とは強要しないし、重忠は馬を背負つて坂を下りない。
景時も案外いい人だしなー。
知盛は碇を抱いて入水しないし。するのは教経と兄弟とだ。
維盛の最期が結構丁寧に書いてある(ほんとかどうだかわからんが)。
宗盛がそれなりにあはれだ。
……こんなだつたかなあ、こども向けの「平家物語」。

元にした版(といふか)によつてはまた違ふのか知らん。
それとも、こども向けの「平家物語」は「吾妻鏡」とかからもあれこれもつてきてゐたのか知らん。

ああ、こどもの時に読んでゐた、あの「平家物語」が手元にあればなあ。

ところで、それぢやあ「吾妻鏡」を読んでみるか、と思つたら、岩波文庫は一巻と二巻とは在庫切れの模様。
さうなのかー。
まあしかし、本屋をめぐつてゐると出会へさうな気もするので、気長に探すつもりでゐる。

|

« 風が吹けば | Main | 遊び過ぎ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference こんなだつたのか「平家物語」:

« 風が吹けば | Main | 遊び過ぎ »