« 糸の巻き方 | Main | Right Time, Right Place, Right Notebook »

Wednesday, 17 February 2016

修復不可能な脳へのダメージ

マルチタスクは脳によくないのださうだ。

きちんと元の記事を読んだわけではない。
見出しは「脳に深刻なダメージを与へる」となかなか衝撃的である。
しかも、永久的なダメージなのらしい。

うーん。

あみもののときにもしばしば書いてゐるやうに、やつがれはテレビを見ながらあみものをする。
ときにタティングレースや糸紡ぎのときもある。

テレビだけを見る、といふのが耐へられないのだ。
テレビを見てゐるのなら手は暇である。
そのあひだに、あみもののひとつもしたい。

無論、複雑な柄や模様のものは編めない。
編み図と首つぴきでなければ編めないやうなものはダメだ。
ひたすらメリヤス編みとかひたすらガーター編みのものや、くり返しの単純な模様だつたら普通に編めるし、テレビを見てゐるからといふ理由で編み間違へることもない。

はたしてやつがれは己が脳に深刻なダメージを与へつづけてゐるのだらうか。
音楽を聞きながら編むのもダメなのかな。

休みで家にゐる日には、酒を飲みながら本を読む。
はしたない? 失礼。
でも、お酒を飲みつつ本を読むのは実に楽しい。
これもダメなのかなあ。
ただでさへアルコールの摂取で脳によくない影響を与へてゐるといふのに、マルチタスクでさらにダメージを与へてゐるのだらうか。
ゐるんだらうなあ。

と、書いて、それでマルチタスクがやめられるのか。
そもそもマルチタスクつてなんなのだらう。
歩きながらスマートフォンを遣ふ。明らかにマルチタスクだな。
テレビを見ながら食事をする。マルチタスクだらう。
パワーランチなどといつて、昼食をとりながらミーティングをすることがあるといふ。これもマルチタスクには違ひない。
世の中、案外マルチタスクに満ちてゐる。
車の運転などはマルチタスクの最たるもののやうに感じる。
車の運転をする人は日々脳にダメージを与へつづけてゐるのだらうか。

元の論文(だらう、多分)と「マルチタスク」の指すものが違ふのかな。
違ふといいんだけれど。

|

« 糸の巻き方 | Main | Right Time, Right Place, Right Notebook »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 修復不可能な脳へのダメージ:

« 糸の巻き方 | Main | Right Time, Right Place, Right Notebook »